Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る
このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

MetricsXMLResultReporter

public class MetricsXMLResultReporter
extends CollectingTestListener

java.lang.Object
com.android.tradefed.result.CollectingTestListener
com.android.tradefed.result.MetricsXMLResultReporter


MetricsXMLResultReporterは、テストのinvocationEndedフェーズで、metrics-folderパラメーターによって指定されたフォルダー内のXMLファイルにテストメトリックと実行メトリックを書き込みます。 XMLファイルは、回帰を検出するアルゴリズムにパイプされます。

実行メトリックマップ内のすべてのkvパリは、次のようにフォーマットされます。 と下に配置鬼ごっこ

実行メトリックマップ内のすべてのkvパリは、次のようにフォーマットされます。 と下に配置タグ、下にネストされたタグ

サンプルXML形式:

概要

パブリックコンストラクター

MetricsXMLResultReporter ()

パブリックメソッド

OutputStream createOutputStream ()
String getTimeStamp ()

現在のタイムスタンプをStringとして返します。

void invocationEnded (long elapsedTime)

呼び出しが正常に終了したか、何らかのエラー条件が原因で終了したかを報告します。

パブリックコンストラクター

MetricsXMLResultReporter

public MetricsXMLResultReporter ()

パブリックメソッド

createOutputStream

public OutputStream createOutputStream ()

戻り値
OutputStream

getTimeStamp

public String getTimeStamp ()

現在のタイムスタンプをStringとして返します。

戻り値
String

invocationEnded

public void invocationEnded (long elapsedTime)

呼び出しが正常に終了したか、何らかのエラー条件が原因で終了したかを報告します。

TradeFederationフレームワークによって自動的に呼び出されます。

パラメーター
elapsedTime long :呼び出しの経過時間(ミリ秒)