Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る
このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

RetryResultForwarder

public class RetryResultForwarder
extends ResultForwarder

java.lang.Object
com.android.tradefed.result.ResultForwarder
com.android.tradefed.result.RetryResultForwarder


常に指定された試行番号にプッシュするResultForwarderの拡張。

概要

パブリックコンストラクター

RetryResultForwarder (int attemptNumber, ITestInvocationListener... listeners)

パブリックメソッド

void testRunStarted (String runName, int testCount)

テスト実行の開始を報告します。

void testRunStarted (String runName, int testCount, int attemptNumber)

テスト実行の開始を報告します。

パブリックコンストラクター

RetryResultForwarder

public RetryResultForwarder (int attemptNumber, 
                ITestInvocationListener... listeners)

パラメーター
attemptNumber int

listeners ITestInvocationListener

パブリックメソッド

testRunStarted

public void testRunStarted (String runName, 
                int testCount)

テスト実行の開始を報告します。

パラメーター
runName String :テスト実行名

testCount int :テスト実行のテストの総数

testRunStarted

public void testRunStarted (String runName, 
                int testCount, 
                int attemptNumber)

テスト実行の開始を報告します。

パラメーター
runName String :テスト実行名

testCount int :テスト実行のテストの総数

attemptNumber int :複数回実行される同じrunNameの異なる試行を識別する注文番号。 attemptNumberのインデックスは0であり、新しい実行が発生するたびにインクリメントする必要があります。たとえば、テストは3回細かく再試行され、同じrunNameの下で合計4つの実行があり、attemptNumberは0〜3です。