Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る
このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

ProtoResultParser

public class ProtoResultParser
extends Object

java.lang.Object
com.android.tradefed.result.proto.ProtoResultParser


Tradefed結果のプロト形式のパーサー。

概要

ネストされたクラス

enum ProtoResultParser.TestLevel

処理されているプロトの現在のレベルを表す列挙。

パブリックコンストラクター

ProtoResultParser (ITestInvocationListener listener, IInvocationContext context, boolean reportInvocation)

Ctor。

ProtoResultParser (ITestInvocationListener listener, IInvocationContext context, boolean reportInvocation, String prefixForFile)

Ctor。

パブリックメソッド

void completeModuleEvents ()

一貫したレポートを確保する必要がある場合は、モジュールのイベントを完了します。

String getModuleInProgress ()

進行中のモジュールのIDを返します。

boolean invocationEndedReached ()

解析が終了した呼び出しに到達したかどうかを返します。

void processFileProto (File protoFile)

プロトファイルを直接解析する場合は、それらの直接解析をシーケンスとして処理します。

void processFinalizedProto (TestRecordProto.TestRecord finalProto)

完成した完成したプロトを取得し、その結果を再生するメインエントリー機能。

ProtoResultParser.TestLevel processNewProto (TestRecordProto.TestRecord currentProto)

Tradefedイベントに解析されるために各プロトが提示されるメインエントリ関数。

void setQuiet (boolean quiet)

イベントを受信したときに印刷するかどうかを設定します。

void setReportLogs (boolean reportLogs)

ログを報告するかどうかを設定します。

パブリックコンストラクター

ProtoResultParser

public ProtoResultParser (ITestInvocationListener listener, 
                IInvocationContext context, 
                boolean reportInvocation)

Ctor。

パラメーター
listener ITestInvocationListener

context IInvocationContext

reportInvocation boolean

ProtoResultParser

public ProtoResultParser (ITestInvocationListener listener, 
                IInvocationContext context, 
                boolean reportInvocation, 
                String prefixForFile)

Ctor。

パラメーター
listener ITestInvocationListener

context IInvocationContext

reportInvocation boolean

prefixForFile String

パブリックメソッド

completeModuleEvents

public void completeModuleEvents ()

一貫したレポートを確保する必要がある場合は、モジュールのイベントを完了します。

getModuleInProgress

public String getModuleInProgress ()

進行中のモジュールのIDを返します。進行中のものがない場合はnullを返します。

戻り値
String

invocationEndedReached

public boolean invocationEndedReached ()

解析が終了した呼び出しに到達したかどうかを返します。

戻り値
boolean

processFileProto

public void processFileProto (File protoFile)

プロトファイルを直接解析する場合は、それらの直接解析をシーケンスとして処理します。一連のファイルをレポートするときにFileProtoResultReporterます。

パラメーター
protoFile File :解析されるプロトファイル。

processFinalizedProto

public void processFinalizedProto (TestRecordProto.TestRecord finalProto)

完成した完成したプロトを取得し、その結果を再生するメインエントリー機能。

パラメーター
finalProto TestRecordProto.TestRecord :解析される最後のTestRecord

processNewProto

public ProtoResultParser.TestLevel processNewProto (TestRecordProto.TestRecord currentProto)

Tradefedイベントに解析されるために各プロトが提示されるメインエントリ関数。

パラメーター
currentProto TestRecordProto.TestRecord :解析される現在のTestRecord

戻り値
ProtoResultParser.TestLevel処理されたプロトがモジュールの場合はTrue。

setQuiet

public void setQuiet (boolean quiet)

イベントを受信したときに印刷するかどうかを設定します。

パラメーター
quiet boolean

setReportLogs

public void setReportLogs (boolean reportLogs)

ログを報告するかどうかを設定します。

パラメーター
reportLogs boolean