コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

ProtoResultReporter

public abstract class ProtoResultReporter
extends Object implements ITestInvocationListener , ILogSaverListener , ISupportGranularResults

java.lang.Object
com.android.tradefed.result.proto.ProtoResultReporter


結果レポーターは、内部にすべての結果をTestRecord protobuf を構築します。 processFinalProto(com.android.tradefed.result.proto.TestRecordProto.TestRecord)の最終プロトを処理するために拡張する必要があります。

概要

パブリック コンストラクター

ProtoResultReporter ()

公開メソッド

final void invocationEnded (long elapsedTime)

呼び出しが正常に終了したか、何らかのエラー状態により終了したことを報告します。

void invocationFailed ( FailureDescription failure)

何らかのエラー状態による不完全な呼び出しを報告します。

void invocationFailed (Throwable cause)

何らかのエラー状態による不完全な呼び出しを報告します。

final void invocationStarted ( IInvocationContext context)

テスト呼び出しの開始を報告します。

final void logAssociation (String dataName, LogFile logFile)

場合によっては、ログをテスト ケースと強く関連付ける必要がありますが、直接testLogSaved(String, com.android.tradefed.result.LogDataType, com.android.tradefed.result.InputStreamSource, com.android.tradefed.result.LogFile)コールバックはできません。

void processFinalInvocationLogs (TestRecordProto.TestRecord invocationLogs)

呼び出しレコードを使用して、呼び出しのすべての最終ログを 1 つずつ送信します。

void processFinalProto (TestRecordProto.TestRecord finalRecord)

すべての結果を含む最終プロトの処理。

void processStartInvocation (TestRecordProto.TestRecord invocationStartRecord, IInvocationContext invocationContext)

invocationStarted(com.android.tradefed.invoker.IInvocationContext)発生後の部分呼び出しテスト レコード proto の処理。

void processTestCaseEnded (TestRecordProto.TestRecord testCaseRecord)

ERROR(/#testEnded(com.android.tradefed.result.TestDescription,long,HashMap))が発生した後の最終テスト ケース レコード proto の処理。

void processTestCaseStarted (TestRecordProto.TestRecord testCaseStartedRecord)

testStarted(com.android.tradefed.result.TestDescription, long)が発生した後の部分的なテスト ケース レコード proto の処理。

void processTestModuleEnd (TestRecordProto.TestRecord moduleRecord)

testModuleEnded()が発生した後のファイナライズされたモジュール レコード proto の処理。

void processTestModuleStarted (TestRecordProto.TestRecord moduleStartRecord)

testModuleStarted(com.android.tradefed.invoker.IInvocationContext)が発生した後の部分モジュール レコード proto の処理。

void processTestRunEnded (TestRecordProto.TestRecord runRecord, boolean moduleInProgress)

ERROR(/#testRunEnded(long,HashMap))が発生した後のファイナライズされた実行レコード proto の処理。

void processTestRunStarted (TestRecordProto.TestRecord runStartedRecord)

testRunStarted(String, int)が発生した後の部分的なテスト実行レコード proto の処理。

void setGranularResults (boolean granularResults)
void setInlineRecordOfChildren (boolean inline)
boolean supportGranularResults ()

レポーターが詳細な結果をサポートしている場合は True を返し、そうでない場合は False を返します。

final void testAssumptionFailure ( TestDescription test, String trace)

アトミック テストが false の条件を想定していることを示すフラグを立てたときに呼び出されます

final void testAssumptionFailure ( TestDescription test, FailureDescription failure)

アトミック テストが false の条件を想定していることを示すフラグを立てたときに呼び出されます

final void testEnded ( TestDescription test, long endTime, testMetrics) testEnded ( TestDescription test, long endTime, testMetrics)

ERROR(/#testEnded(com.android.tradefed.result.TestDescription,Map)) 、終了時間を直接指定できます。

void testEnded ( TestDescription test, testMetrics) testEnded ( TestDescription test, testMetrics)

個々のテスト ケースの実行終了を報告します。

final void testFailed ( TestDescription test, FailureDescription failure)

個々のテスト ケースの失敗を報告します。

final void testFailed ( TestDescription test, String trace)

個々のテスト ケースの失敗を報告します。

final void testIgnored ( TestDescription test)

通常、テストメソッドに org.junit.Ignore の注釈が付けられているため、テストが実行されない場合に呼び出されます。

final void testModuleEnded ()

モジュール実行の終了を報告します。

final void testModuleStarted ( IInvocationContext moduleContext)

実行中のモジュールの開始を報告します。

final void testRunEnded (long elapsedTimeMillis, runMetrics) testRunEnded (long elapsedTimeMillis, runMetrics)

テスト実行の終了を報告します。

final void testRunFailed ( FailureDescription failure)

FailureDescriptionで説明されているエラーのため、レポートのテスト実行を完了できませんでした。

final void testRunFailed (String errorMessage)

致命的なエラーのため、レポートのテスト実行を完了できませんでした。

void testRunStarted (String runName, int testCount, int attemptNumber)

テスト実行の開始を報告します。

final void testRunStarted (String runName, int testCount)

テスト実行の開始を報告します。

void testRunStarted (String runName, int testCount, int attemptNumber, long startTime)

テスト実行の開始を報告します。

final void testStarted ( TestDescription test, long startTime)

testStarted(com.android.tradefed.result.TestDescription)の代わりに、正確な測定のためにERROR(/#testEnded(com.android.tradefed.result.TestDescription,long,Map))と組み合わせて、テストの開始時期も指定します。 .

final void testStarted ( TestDescription test)

個々のテスト ケースの開始を報告します。

保護されたメソッド

TestRecordProto.ChildReference createModuleChildReference (TestRecordProto.TestRecord record)

モジュールの子参照を作成します。

パブリック コンストラクター

ProtoResultReporter

public ProtoResultReporter ()

公開メソッド

呼び出し終了

public final void invocationEnded (long elapsedTime)

呼び出しが正常に終了したか、何らかのエラー状態により終了したことを報告します。

TradeFederation フレームワークによって自動的に呼び出されます。

パラメーター
elapsedTime long : 呼び出しの経過時間 (ミリ秒)

呼び出し失敗

public void invocationFailed (FailureDescription failure)

何らかのエラー状態による不完全な呼び出しを報告します。

TradeFederation フレームワークによって自動的に呼び出されます。

パラメーター
failure FailureDescription : 失敗の原因を説明するFailureDescription

呼び出し失敗

public void invocationFailed (Throwable cause)

何らかのエラー状態による不完全な呼び出しを報告します。

TradeFederation フレームワークによって自動的に呼び出されます。

パラメーター
cause Throwable : 失敗のThrowable原因

呼び出し開始

public final void invocationStarted (IInvocationContext context)

テスト呼び出しの開始を報告します。

TradeFederation フレームワークによって自動的に呼び出されます。レポーターは、複数のデバイス レポートをサポートするために、このメソッドをオーバーライドする必要があります。

パラメーター
context IInvocationContext : 呼び出しに関する情報

ログ関連付け

public final void logAssociation (String dataName, 
                LogFile logFile)

場合によっては、ログをテスト ケースと強く関連付ける必要がありますが、直接testLogSaved(String, com.android.tradefed.result.LogDataType, com.android.tradefed.result.InputStreamSource, com.android.tradefed.result.LogFile)コールバックはできません。したがって、このコールバックにより、強い関連付けを明示的に提供できます。

パラメーター
dataName String : データの名前

logFile LogFile : 以前にログに記録され、テスト ケースに関連付ける必要があるLogFile

processFinalInvocationLogs

public void processFinalInvocationLogs (TestRecordProto.TestRecord invocationLogs)

呼び出しレコードを使用して、呼び出しのすべての最終ログを 1 つずつ送信します。

パラメーター
invocationLogs TestRecordProto.TestRecord : 呼び出しを表す最終的なプロト。

processFinalProto

public void processFinalProto (TestRecordProto.TestRecord finalRecord)

すべての結果を含む最終プロトの処理。

パラメーター
finalRecord TestRecordProto.TestRecord : すべての呼び出し結果を含むファイナライズされたプロト。

processStartInvocation

public void processStartInvocation (TestRecordProto.TestRecord invocationStartRecord, 
                IInvocationContext invocationContext)

invocationStarted(com.android.tradefed.invoker.IInvocationContext)発生後の部分呼び出しテスト レコード proto の処理。

パラメーター
invocationStartRecord TestRecordProto.TestRecord : invocationStart の後に入力される部分プロトコル。

invocationContext IInvocationContext : 呼び出しIInvocationContext

processTestCaseEnded

public void processTestCaseEnded (TestRecordProto.TestRecord testCaseRecord)

ERROR(/#testEnded(com.android.tradefed.result.TestDescription,long,HashMap))が発生した後の最終テスト ケース レコード proto の処理。

パラメーター
testCaseRecord TestRecordProto.TestRecord : テスト ケースを表す最終的なプロト。

processTestCaseStarted

public void processTestCaseStarted (TestRecordProto.TestRecord testCaseStartedRecord)

testStarted(com.android.tradefed.result.TestDescription, long)が発生した後の部分的なテスト ケース レコード proto の処理。

パラメーター
testCaseStartedRecord TestRecordProto.TestRecord : テスト ケースを表す部分プロトコル。

processTestModuleEnd

public void processTestModuleEnd (TestRecordProto.TestRecord moduleRecord)

testModuleEnded()が発生した後のファイナライズされたモジュール レコード proto の処理。

パラメーター
moduleRecord TestRecordProto.TestRecord : モジュールを表すファイナライズされたプロト。

processTestModuleStarted

public void processTestModuleStarted (TestRecordProto.TestRecord moduleStartRecord)

testModuleStarted(com.android.tradefed.invoker.IInvocationContext)が発生した後の部分モジュール レコード proto の処理。

パラメーター
moduleStartRecord TestRecordProto.TestRecord : モジュールを表す部分プロトコル。

processTestRunEnded

public void processTestRunEnded (TestRecordProto.TestRecord runRecord, 
                boolean moduleInProgress)

ERROR(/#testRunEnded(long,HashMap))が発生した後のファイナライズされた実行レコード proto の処理。

パラメーター
runRecord TestRecordProto.TestRecord : 実行を表すファイナライズされたプロト。

moduleInProgress boolean : モジュールが進行中かどうか。

processTestRunStarted

public void processTestRunStarted (TestRecordProto.TestRecord runStartedRecord)

testRunStarted(String, int)が発生した後の部分的なテスト実行レコード proto の処理。

パラメーター
runStartedRecord TestRecordProto.TestRecord : 実行を表す部分プロトコル。

setGranularResults

public void setGranularResults (boolean granularResults)

パラメーター
granularResults boolean

setInlineRecordOfChildren

public void setInlineRecordOfChildren (boolean inline)

パラメーター
inline boolean

supportGranularResults

public boolean supportGranularResults ()

レポーターが詳細な結果をサポートしている場合は True を返し、そうでない場合は False を返します。

戻り値
boolean

testAssumptionFailure

public final void testAssumptionFailure (TestDescription test, 
                String trace)

アトミック テストが false の条件を想定していることを示すフラグを立てたときに呼び出されます

パラメーター
test TestDescription : テストを識別します

trace String : 失敗のスタック トレース

testAssumptionFailure

public final void testAssumptionFailure (TestDescription test, 
                FailureDescription failure)

アトミック テストが false の条件を想定していることを示すフラグを立てたときに呼び出されます

パラメーター
test TestDescription : テストを識別します

failure FailureDescription : 失敗とそのコンテキストを説明するFailureDescription

テスト終了

public final void testEnded (TestDescription test, 
                long endTime, 
                 testMetrics)

ERROR(/#testEnded(com.android.tradefed.result.TestDescription,Map)) 、終了時間を直接指定できます。正確な測定のためにtestStarted(com.android.tradefed.result.TestDescription, long)と組み合わせます。

パラメーター
test TestDescription : テストを識別します

endTime long : System.currentTimeMillis()を介して測定された、テストが終了した時間

testMetrics : 発行されたメトリックのERROR(/Map)

テスト終了

public void testEnded (TestDescription test, 
                 testMetrics)

個々のテスト ケースの実行終了を報告します。

testFailed(TestDescription, FailureDescription)が呼び出されなかった場合、このテストは成功しました。また、テスト ケースの実行中に発行された可能性のあるキー/値メトリックも返します。

パラメーター
test TestDescription : テストを識別します

testMetrics : 発行されたメトリックのERROR(/Map)

テスト失敗

public final void testFailed (TestDescription test, 
                FailureDescription failure)

個々のテスト ケースの失敗を報告します。

testStarted と testEnded の間で呼び出されます。

パラメーター
test TestDescription : テストを識別します

failure FailureDescription : 失敗とそのコンテキストを説明するFailureDescription

テスト失敗

public final void testFailed (TestDescription test, 
                String trace)

個々のテスト ケースの失敗を報告します。

testStarted と testEnded の間で呼び出されます。

パラメーター
test TestDescription : テストを識別します

trace String : 失敗のスタック トレース

テスト無視

public final void testIgnored (TestDescription test)

通常、テストメソッドに org.junit.Ignore の注釈が付けられているため、テストが実行されない場合に呼び出されます。

パラメーター
test TestDescription : テストを識別します

testModuleEnded

public final void testModuleEnded ()

モジュール実行の終了を報告します。

testModuleStarted

public final void testModuleStarted (IInvocationContext moduleContext)

実行中のモジュールの開始を報告します。このコールバックはtestModuleEnded()に関連付けられており、シーケンスではオプションです。モジュールを使用する実行中にのみ使用されます: スイートベースのランナー。

パラメーター
moduleContext IInvocationContext : モジュールのIInvocationContext

testRunEnded

public final void testRunEnded (long elapsedTimeMillis, 
                 runMetrics)

テスト実行の終了を報告します。 FIXME: タイプの異なる 2 つの Map<> インターフェイスを持つことはできないため、ここでは HashMap を使用する必要があります。

パラメーター
elapsedTimeMillis long : デバイスが報告した経過時間 (ミリ秒)

runMetrics : Metricでのテスト実行の最後に報告されるキーと値のペア。

testRunFailed

public final void testRunFailed (FailureDescription failure)

FailureDescriptionで説明されているエラーのため、レポートのテスト実行を完了できませんでした。

パラメーター
failure FailureDescription : 失敗とそのコンテキストを説明するFailureDescription

testRunFailed

public final void testRunFailed (String errorMessage)

致命的なエラーのため、レポートのテスト実行を完了できませんでした。

パラメーター
errorMessage String : 実行失敗の理由を説明する文字String

testRunStarted

public void testRunStarted (String runName, 
                int testCount, 
                int attemptNumber)

テスト実行の開始を報告します。

パラメーター
runName String : テスト実行名

testCount int : テスト実行中のテストの総数

attemptNumber int : 複数回実行される同じ runName の異なる試行を識別する順序番号。 AttemptNumber のインデックスは 0 であり、新しい実行が発生するたびに増加する必要があります。たとえば、テストは詳細に 3 回再試行されます。同じ runName で合計 4 回実行する必要があり、attemptNumber は 0 から 3 です。

testRunStarted

public final void testRunStarted (String runName, 
                int testCount)

テスト実行の開始を報告します。

パラメーター
runName String : テスト実行名

testCount int : テスト実行中のテストの総数

testRunStarted

public void testRunStarted (String runName, 
                int testCount, 
                int attemptNumber, 
                long startTime)

テスト実行の開始を報告します。

パラメーター
runName String : テスト実行名

testCount int : テスト実行中のテストの総数

attemptNumber int : 複数回実行される同じ runName の異なる試行を識別する順序番号。 AttemptNumber のインデックスは 0 であり、新しい実行が発生するたびに増加する必要があります。たとえば、テストは詳細に 3 回再試行されます。同じ runName で合計 4 回実行する必要があり、attemptNumber は 0 から 3 です。

startTime long : System.currentTimeMillis()を介して測定された、実行が開始された時間

テスト開始

public final void testStarted (TestDescription test, 
                long startTime)

testStarted(com.android.tradefed.result.TestDescription)の代わりに、正確な測定のためにERROR(/#testEnded(com.android.tradefed.result.TestDescription,long,Map))と組み合わせて、テストの開始時期も指定します。 .

パラメーター
test TestDescription : テストを識別します

startTime long : System.currentTimeMillis()を介して測定された、テストの開始時間

テスト開始

public final void testStarted (TestDescription test)

個々のテスト ケースの開始を報告します。古いインターフェースでは、可能な限りtestStarted(com.android.tradefed.result.TestDescription)を使用する必要があります。

パラメーター
test TestDescription : テストを識別します

保護されたメソッド

createModuleChildReference

protected TestRecordProto.ChildReference createModuleChildReference (TestRecordProto.TestRecord record)

モジュールの子参照を作成します。

パラメーター
record TestRecordProto.TestRecord

戻り値
TestRecordProto.ChildReference