スキップマネージャー

public class SkipManager
extends Object implements IDisableable

java.lang.オブジェクト
com.android.tradefed.result.skipped.SkipManager


さまざまな基準に基づいて、スキップ マネージャーは、呼び出し、モジュール、テストなどのさまざまなレベルで何をスキップする必要があるかを決定するのに役立ちます。

まとめ

パブリックコンストラクター

SkipManager ()

パブリックメソッド

void clearManager ()
getDemotedTests ()

降格されたテストと降格の理由を返します

boolean isDisabled ()

オブジェクト全体が無効な場合 (セットアップとティアダウンの両方をスキップする)、True を返します。

void reportDiscoveryDependencies ( modules, depFiles) reportDiscoveryDependencies ( modules, depFiles) reportDiscoveryDependencies ( modules, depFiles)
void reportDiscoveryWithNoTests ()

初期のダウンロードおよび検出プロセスでは、テストの実行が予定されていないことをスキップ マネージャーに報告します。

void setDisable (boolean isDisabled)

オブジェクトを無効にするかどうかを設定します。

void setImageAnalysis ( ITestDevice device, ContentAnalysisContext analysisContext)
void setSkipDecision (boolean shouldSkip)
void setTestArtifactsAnalysis ( ContentAnalysisContext analysisContext)
void setup ( IConfiguration config, IInvocationContext context)

スキップマネージャーをセットアップして初期化します。

boolean shouldSkipInvocation ( TestInformation information)

現在の呼び出しをスキップする必要があるかどうかを報告します。

パブリックコンストラクター

スキップマネージャー

public SkipManager ()

パブリックメソッド

クリアマネージャー

public void clearManager ()

getDemotedTests

public  getDemotedTests ()

降格されたテストと降格の理由を返します

戻り値

無効になっています

public boolean isDisabled ()

オブジェクト全体が無効な場合 (セットアップとティアダウンの両方をスキップする)、True を返します。それ以外の場合は false。

戻り値
boolean

レポート検出依存関係

public void reportDiscoveryDependencies ( modules, 
                 depFiles)

パラメーター
modules

depFiles

レポートDiscoveryWithNoTests

public void reportDiscoveryWithNoTests ()

初期のダウンロードおよび検出プロセスでは、テストの実行が予定されていないことをスキップ マネージャーに報告します。これにより、呼び出しがスキップされるはずです。

setDisable

public void setDisable (boolean isDisabled)

オブジェクトを無効にするかどうかを設定します。無効は、セットアップとティアダウンの両方の手順をスキップする必要があることを意味します。デフォルトのコンストラクターでオブジェクトをデフォルトで無効にするために使用できます。

パラメーター
isDisabled boolean : オブジェクトが置かれるべき状態。

セット画像分析

public void setImageAnalysis (ITestDevice device, 
                ContentAnalysisContext analysisContext)

パラメーター
device ITestDevice

analysisContext ContentAnalysisContext

setSkipDecision

public void setSkipDecision (boolean shouldSkip)

パラメーター
shouldSkip boolean

setTestArtifacts分析

public void setTestArtifactsAnalysis (ContentAnalysisContext analysisContext)

パラメーター
analysisContext ContentAnalysisContext

設定

public void setup (IConfiguration config, 
                IInvocationContext context)

スキップマネージャーをセットアップして初期化します。

パラメーター
config IConfiguration

context IInvocationContext

shouldSkipInvocation

public boolean shouldSkipInvocation (TestInformation information)

現在の呼び出しをスキップする必要があるかどうかを報告します。

パラメーター
information TestInformation

戻り値
boolean