Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る
このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

CpuThrottlingWaiter

public class CpuThrottlingWaiter
extends BaseTargetPreparer

java.lang.Object
com.android.tradefed.targetprep.BaseTargetPreparer
com.android.tradefed.targetprep.CpuThrottlingWaiter


すべてのコアの最大周波数が使用可能な最高レベルに復元されるまで待機するITargetPreparer

概要

パブリックコンストラクター

CpuThrottlingWaiter ()

パブリックメソッド

void setUp ( ITestDevice device, IBuildInfo buildInfo)

保護されたメソッド

getCpuMaxFreqs ( ITestDevice device)

/ sys / devices / system / cpuの下の情報を読み取り、使用可能なコアと、各コアで可能な最大周波数を決定します

パブリックコンストラクター

CpuThrottlingWaiter

public CpuThrottlingWaiter ()

パブリックメソッド

セットアップ

public void setUp ( ITestDevice device, 
                IBuildInfo buildInfo)

パラメーター
device ITestDevice

buildInfo IBuildInfo

投げる
BuildError
DeviceNotAvailableException
TargetSetupError

保護されたメソッド

getCpuMaxFreqs

protected  getCpuMaxFreqs ( ITestDevice device)

/ sys / devices / system / cpuの下の情報を読み取り、使用可能なコアと、各コアで可能な最大周波数を決定します

パラメーター
device ITestDevice :テスト中のデバイス

戻り値
sysfs cpuinfoへのパスをキーとして、対応する最大頻度を値として持つERROR(/Map)

投げる
DeviceNotAvailableException