Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る
このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

GTest

public class GTest
extends GTestBase implements IDeviceTest

java.lang.Object
com.android.tradefed.testtype.GTestBase
com.android.tradefed.testtype.GTest


特定のデバイスでネイティブテストパッケージを実行するテスト。

概要

パブリックコンストラクター

GTest ()

パブリックメソッド

ITestDevice getDevice ()

テスト対象のデバイスを入手します。

void run ( ITestInvocationListener listener)

void setDevice ( ITestDevice device)

テスト対象のデバイスを注入します。

保護されたメソッド

void executeCommandByScript ( ITestDevice testDevice, String cmd, IShellOutputReceiver resultParser)

コマンドが長すぎてadbで直接実行できない場合に、一時スクリプトからgtestコマンドを実行するヘルパーメソッド。

String getGTestCmdLine (String fullPath, String flags)

実行するgtestコマンドを作成するためのヘルパーメソッド。

String loadFilter (String binaryOnDevice)

getfilterメソッドを定義します。

boolean shouldSkipFile (String fullPath)

特定のファイルの実行をスキップする必要があるかどうかを判断するためのヘルパーメソッド。

パブリックコンストラクター

GTest

public GTest ()

パブリックメソッド

getDevice

public ITestDevice getDevice ()

テスト対象のデバイスを入手します。

戻り値
ITestDevice ITestDevice

実行

public void run (ITestInvocationListener listener)

パラメーター
listener ITestInvocationListener

投げる
DeviceNotAvailableException

setDevice

public void setDevice (ITestDevice device)

テスト対象のデバイスを注入します。

パラメーター
device ITestDevice :使用するITestDevice

保護されたメソッド

executeCommandByScript

protected void executeCommandByScript (ITestDevice testDevice, 
                String cmd, 
                IShellOutputReceiver resultParser)

コマンドが長すぎてadbで直接実行できない場合に、一時スクリプトからgtestコマンドを実行するヘルパーメソッド。

パラメーター
testDevice ITestDevice :コマンドを実行するデバイス

cmd String :実行するコマンド文字列

resultParser IShellOutputReceiver :テスト結果を読み取るための出力レシーバー

投げる
DeviceNotAvailableException

getGTestCmdLine

protected String getGTestCmdLine (String fullPath, 
                String flags)

実行するgtestコマンドを作成するためのヘルパーメソッド。

パラメーター
fullPath String :デバイス上のgtestバイナリへの絶対ファイルシステムパス

flags String :gtest実行フラグ

戻り値
String gtest用に実行するシェルコマンドライン

loadFilter

protected String loadFilter (String binaryOnDevice)

getfilterメソッドを定義します。

サブクラスは、独自のフィルターを取得する方法を実装する必要があります。

パラメーター
binaryOnDevice String :フィルターファイルのフルパス。

戻り値
Stringフィルタ文字列。

投げる
DeviceNotAvailableException

shouldSkipFile

protected boolean shouldSkipFile (String fullPath)

特定のファイルの実行をスキップする必要があるかどうかを判断するためのヘルパーメソッド。

パラメーター
fullPath String :問題のファイルのフルパス

戻り値
boolean上記のファイルをスキップする必要がある場合はtrue。

投げる
DeviceNotAvailableException