Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る
このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

InstrumentationTest

public class InstrumentationTest
extends Object implements IDeviceTest , IResumableTest , ITestCollector , IAbiReceiver , IInvocationContextReceiver , IMetricCollectorReceiver

java.lang.Object
com.android.tradefed.testtype.InstrumentationTest


特定のデバイスでインストルメンテーションテストパッケージを実行するテスト。

概要

田畑

protected boolean mDebug

パブリックコンストラクター

InstrumentationTest ()

パブリックメソッド

void addDeviceListeners ( extraListeners) addDeviceListeners ( extraListeners)

ランナーにカスタムリスナーを追加できます。

void addInstrumentationArg (String key, String value)

インストルメンテーションテストの実行時に提供する引数を追加します。

IAbi getAbi ()
String getCoverageTarget ()

以前にsetCoverageTarget(String)介して設定されたcoverageTargetを取得します。

boolean getDebug ()

インストルメンテーションデバッグ設定を取得します。

ITestDevice getDevice ()

テスト対象のデバイスを入手します。

String getForceAbi ()
long getMaxTimeout ()

計測に設定された最大タイムアウトを返します。

String getPackageName ()

実行するAndroidマニフェストパッケージを取得します。

String getRunName ()

リスナーに提供されるカスタムテスト実行名を取得します。

String getRunnerName ()

使用するAndroidインストルメンテーションランナーを取得します。

boolean isResumable ()

void run ( ITestInvocationListener listener)

テストを実行し、結果をリスナーに報告します。

void setAbi ( IAbi abi)
void setBugreportFrequency ( BugreportCollector.Freq freq)

テストの失敗後にバグレポートを自動的に収集する頻度を設定します。

void setClassName (String testClassName)

オプションで、実行するテストクラス名を設定します。

void setCollectTestsOnly (boolean shouldCollectTest)

テスト収集モードを有効または無効にします

void setCollectsTestsShellTimeout (int timeout)

このメソッドは非推奨です。このメソッドは何もしません

void setCoverageTarget (String coverageTarget)

このテストのカバレッジターゲットを設定します。

void setDebug (boolean debug)

計測デバッグ設定を設定します。

void setDevice ( ITestDevice device)

テスト中のデバイスを注入します。

void setEnforceFormat (boolean enforce)

インストルメンテーションのAJUR出力形式を適用する場合はTrueを設定します。

void setFallbackToSerialRerun (boolean reRunSerially)

--fallback-to-serial-rerunオプションを設定します。

void setForceAbi (String abi)

force-abiオプションを設定します。

void setInstallFile (File installFile)

テストを含むインストールするオプションのファイルを設定します。

void setInvocationContext ( IInvocationContext invocationContext)
void setIsolatedStorage (boolean isolatedStorage)

分離ストレージを使用するかどうかを設定します。

void setMethodName (String testMethodName)

オプションで、実行するテストメソッドを設定します。

void setMetricCollectors ( collectors) setMetricCollectors ( collectors)

テスト実行用に定義されたIMetricCollectorのリストを設定します。

void setPackageName (String packageName)

Androidマニフェストパッケージを実行するように設定します。

void setReRunUsingTestFile (boolean reRunUsingTestFile)

--rerun-from-fileオプションを設定します。

void setRebootBeforeReRun (boolean rebootBeforeReRun)

--reboot-before-rerunオプションを設定します。

void setRerunMode (boolean rerun)

オプションで、再実行モードを設定します。

void setResumeMode (boolean resume)

オプションで、再開モードを設定します。

void setRunName (String runName)

リスナーに提供されるカスタムテスト実行名を設定する

void setRunnerName (String runnerName)

必要に応じて、使用するAndroidインストルメンテーションランナーを設定します。

void setShellTimeout (long timeout)

オプションで、デバイスからのシェル出力を予期する最大時間(ミリ秒単位)を設定します。

void setTestFilePathOnDevice (String testFilePathOnDevice)

必要に応じて、実行する行区切りのテストクラスとメソッド(形式:com.foo.Class#method)のリストを含むデバイスにあるファイルへのパスを設定します。

void setTestPackageName (String testPackageName)

テストパッケージフィルターを設定します。

void setTestSize (String size)

必要に応じて、実行するテストサイズを設定します。

void setTestTimeout (long timeout)

オプションで、個々のテスト実行の最大時間(ミリ秒)を設定します。

void setTestsToRun ( tests) setTestsToRun ( tests)

このInstrumentationTestによって実行されるテストのコレクションを設定します。

保護されたメソッド

String getClassName ()

実行するクラス名を取得します。

ListInstrumentationParser getListInstrumentationParser ()

「pm list instrumentation」クエリの解析に使用されるListInstrumentationParser取得します。

String getMethodName ()

実行するテストメソッドを取得します。

String getTestPackageName ()

実行するテストJavaパッケージを取得します。

String queryRunnerName ()

使用するテストランナーのデバイスをクエリします。

void setRunnerArgs (IRemoteAndroidTestRunner runner)

田畑

mDebug

protected boolean mDebug

パブリックコンストラクター

InstrumentationTest

public InstrumentationTest ()

パブリックメソッド

addDeviceListeners

public void addDeviceListeners ( extraListeners)

ランナーにカスタムリスナーを追加できます。

パラメーター
extraListeners

addInstrumentationArg

public void addInstrumentationArg (String key, 
                String value)

インストルメンテーションテストの実行時に提供する引数を追加します。

パラメーター
key String :引数名

value String :引数の値

getAbi

public IAbi getAbi ()

戻り値
IAbi

getCoverageTarget

public String getCoverageTarget ()

以前にsetCoverageTarget(String)介して設定されたcoverageTargetを取得します。

戻り値
String

getDebug

public boolean getDebug ()

インストルメンテーションデバッグ設定を取得します。

戻り値
boolean ブール値のデバッグ設定。

getDevice

public ITestDevice getDevice ()

テスト対象のデバイスを入手します。

戻り値
ITestDevice ITestDevice

getForceAbi

public String getForceAbi ()

戻り値
String

getMaxTimeout

public long getMaxTimeout ()

計測に設定された最大タイムアウトを返します。

戻り値
long

getPackageName

public String getPackageName ()

実行するAndroidマニフェストパッケージを取得します。

戻り値
String

getRunName

public String getRunName ()

リスナーに提供されるカスタムテスト実行名を取得します。

戻り値
String

getRunnerName

public String getRunnerName ()

使用するAndroidインストルメンテーションランナーを取得します。

戻り値
String

isResumable

public boolean isResumable ()

戻り値
boolean

走る

public void run ( ITestInvocationListener listener)

テストを実行し、結果をリスナーに報告します。

パラメーター
listener ITestInvocationListener :テスト結果のITestInvocationListener

投げる
DeviceNotAvailableException

setAbi

public void setAbi ( IAbi abi)

パラメーター
abi IAbi

setBugreportFrequency

public void setBugreportFrequency ( BugreportCollector.Freq freq)

テストの失敗後にバグレポートを自動的に収集する頻度を設定します。

テストランナーとバグレポートコレクターの間には_フィードバックメカニズムがないことに注意してください。したがって、EACH設定は十分に注意して使用してください。大量のエラーが連続して発生した場合、特定のエラーのバグレポートが収集される可能性があります。それぞれの障害が発生してから数十分または数時間。

パラメーター
freq BugreportCollector.Freq

setClassName

public void setClassName (String testClassName)

オプションで、実行するテストクラス名を設定します。

パラメーター
testClassName String

setCollectTestsOnly

public void setCollectTestsOnly (boolean shouldCollectTest)

テスト収集モードを有効または無効にします

setCollectsTestsShellTimeout

public void setCollectsTestsShellTimeout (int timeout)

このメソッドは非推奨です。
このメソッドは何もしません

テストの収集時に「シェルが出力応答を返すまでの最大時間」を考慮して、最大時間をミリ秒単位で設定します。

パラメーター
timeout int

setCoverageTarget

public void setCoverageTarget (String coverageTarget)

このテストのカバレッジターゲットを設定します。

現在使用されていません。このメソッドは存在するだけなので、coverageTargetは後でgetCoverageTarget()介して取得できます

パラメーター
coverageTarget String

setDebug

public void setDebug (boolean debug)

計測デバッグ設定を設定します。

パラメーター
debug boolean :インストルメンテーションデバッグ設定に設定するブール値。

setDevice

public void setDevice ( ITestDevice device)

テスト中のデバイスを注入します。

パラメーター
device ITestDevice :使用するITestDevice

setEnforceFormat

public void setEnforceFormat (boolean enforce)

インストルメンテーションのAJUR出力形式を適用する場合はTrueを設定します。

パラメーター
enforce boolean

setFallbackToSerialRerun

public void setFallbackToSerialRerun (boolean reRunSerially)

--fallback-to-serial-rerunオプションを設定します。

パラメーター
reRunSerially boolean

setForceAbi

public void setForceAbi (String abi)

force-abiオプションを設定します。

setInstallFile

public void setInstallFile (File installFile)

テストを含むインストールするオプションのファイルを設定します。

パラメーター
installFile File :インストール可能なERROR(/File)

setInvocationContext

public void setInvocationContext ( IInvocationContext invocationContext)

パラメーター
invocationContext IInvocationContext

setIsolatedStorage

public void setIsolatedStorage (boolean isolatedStorage)

分離ストレージを使用するかどうかを設定します。

パラメーター
isolatedStorage boolean

setMethodName

public void setMethodName (String testMethodName)

オプションで、実行するテストメソッドを設定します。

パラメーター
testMethodName String

setMetricCollectors

public void setMetricCollectors ( collectors)

テスト実行用に定義されたIMetricCollectorのリストを設定します。

パラメーター
collectors

setPackageName

public void setPackageName (String packageName)

Androidマニフェストパッケージを実行するように設定します。

パラメーター
packageName String

setReRunUsingTestFile

public void setReRunUsingTestFile (boolean reRunUsingTestFile)

--rerun-from-fileオプションを設定します。

パラメーター
reRunUsingTestFile boolean

setRebootBeforeReRun

public void setRebootBeforeReRun (boolean rebootBeforeReRun)

--reboot-before-rerunオプションを設定します。

パラメーター
rebootBeforeReRun boolean

setRerunMode

public void setRerunMode (boolean rerun)

オプションで、再実行モードを設定します。

パラメーター
rerun boolean

setResumeMode

public void setResumeMode (boolean resume)

オプションで、再開モードを設定します。

パラメーター
resume boolean

setRunName

public void setRunName (String runName)

リスナーに提供されるカスタムテスト実行名を設定する

パラメーター
runName String

setRunnerName

public void setRunnerName (String runnerName)

必要に応じて、使用するAndroidインストルメンテーションランナーを設定します。

パラメーター
runnerName String

setShellTimeout

public void setShellTimeout (long timeout)

オプションで、デバイスからのシェル出力を予期する最大時間(ミリ秒単位)を設定します。

パラメーター
timeout long

setTestFilePathOnDevice

public void setTestFilePathOnDevice (String testFilePathOnDevice)

必要に応じて、実行する行区切りのテストクラスとメソッド(形式:com.foo.Class#method)のリストを含むデバイスにあるファイルへのパスを設定します。セットした場合、自動的に介して、このテストファイルを使用して再実行してテストしようとしますInstrumentationFileTestを経由して残りの各テストのために別々のadbのコマンドを代わりに実行InstrumentationSerialTest

パラメーター
testFilePathOnDevice String

setTestPackageName

public void setTestPackageName (String testPackageName)

テストパッケージフィルターを設定します。

null以外の場合、指定されたjavaパッケージ内のテストのみが実行されます。

null以外の値がsetClassName(String)提供されている場合は無視されます

パラメーター
testPackageName String

setTestSize

public void setTestSize (String size)

必要に応じて、実行するテストサイズを設定します。

パラメーター
size String

setTestTimeout

public void setTestTimeout (long timeout)

オプションで、個々のテスト実行の最大時間(ミリ秒)を設定します。

パラメーター
timeout long

setTestsToRun

public void setTestsToRun ( tests)

このInstrumentationTestによって実行されるテストのコレクションを設定します。

パラメーター
tests :実行するテスト

保護されたメソッド

getClassName

protected String getClassName ()

実行するクラス名を取得します。

戻り値
String

getListInstrumentationParser

protected ListInstrumentationParser getListInstrumentationParser ()

'pm list instrumentation'クエリの解析に使用されるListInstrumentationParser取得します。

戻り値
ListInstrumentationParser

getMethodName

protected String getMethodName ()

実行するテストメソッドを取得します。

戻り値
String

getTestPackageName

protected String getTestPackageName ()

実行するテストJavaパッケージを取得します。

戻り値
String

queryRunnerName

protected String queryRunnerName ()

使用するテストランナーのデバイスをクエリします。

戻り値
String パッケージに一致する最初のテストランナー名。見つからない場合はnull。

投げる
DeviceNotAvailableException

setRunnerArgs

protected void setRunnerArgs (IRemoteAndroidTestRunner runner)

パラメーター
runner IRemoteAndroidTestRunner