コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

SimplePerfUtil

public class SimplePerfUtil
extends Object

java.lang.Object
com.android.tradefed.util.SimplePerfUtil


簡単なコマンドをディスパッチして結果を収集するユーティリティクラス

概要

ネストされたクラス

enum SimplePerfUtil.SimplePerfType

simpleperfコマンドオプションの列挙

パブリックメソッド

SimplePerfResult executeCommand (String command)

simpleperfをラップアラウンドして、指定されたadbシェルコマンドを実行します

Simpleperfの結果が解析され、呼び出し元に返されます

void executeCommand (String command, IShellOutputReceiver receiver, long maxTimeToOutputShellResponse, TimeUnit timeUnit, int retryAttempts)

simpleperfをラップアラウンドして、指定されたadbシェルコマンドを実行します

レシーバーを介してsimpleperfの結果を解析するのは呼び出し側の責任です

void executeCommand (String command, IShellOutputReceiver receiver)

simpleperfをラップアラウンドして、指定されたadbシェルコマンドを実行します

レシーバーを介してsimpleperfの結果を解析するのは呼び出し側の責任です

getArgumentList ()

simpleperfコマンドの引数を取得します

static SimplePerfUtil newInstance (ITestDevice device, SimplePerfUtil.SimplePerfType type)

SimplePerfUtilコンストラクタ

呼び出し元は、インスタンスを初期化するときにデバイスとsimpleperfタイプを定義する必要があります

void setArgumentList ( arguList) setArgumentList ( arguList)

simpleperfコマンドに引数を設定します

保護されたメソッド

String commandStringPreparer (String command)

パブリックメソッド

executeCommand

public SimplePerfResult executeCommand (String command)

simpleperfをラップアラウンドして、指定されたadbシェルコマンドを実行します

Simpleperfの結果が解析され、呼び出し元に返されます

パラメーター
command String :デバイスで実行するコマンド

戻り値
SimplePerfResult SimplePerfResultオブジェクトには、すべての結果情報が含まれています

スロー
DeviceNotAvailableExceptionデバイスとの接続が失われ、回復できない場合

executeCommand

public void executeCommand (String command, 
                IShellOutputReceiver receiver, 
                long maxTimeToOutputShellResponse, 
                TimeUnit timeUnit, 
                int retryAttempts)

simpleperfをラップアラウンドして、指定されたadbシェルコマンドを実行します

レシーバーを介してsimpleperfの結果を解析するのは呼び出し側の責任です

パラメーター
command String :デバイスで実行するコマンド

receiver IShellOutputReceiver :シェル出力を送信するIShellOutputReceiverオブジェクト

maxTimeToOutputShellResponse long :コマンドが応答を出力できない最大時間。 timeUnitで指定された単位

timeUnit TimeUnit :maxTimeToOutputShellResponseのtimeUnit単位maxTimeToOutputShellResponse ERROR(/TimeUnit)を参照してください。

retryAttempts int :例外が原因でコマンドが失敗した場合にコマンドを再試行する最大回数。 tryAttemptsが成功せずに実行された場合、 retryAttemptsがスローされます。

スロー
DeviceNotAvailableExceptionデバイスとの接続が失われ、回復できない場合

executeCommand

public void executeCommand (String command, 
                IShellOutputReceiver receiver)

simpleperfをラップアラウンドして、指定されたadbシェルコマンドを実行します

レシーバーを介してsimpleperfの結果を解析するのは呼び出し側の責任です

パラメーター
command String :デバイスで実行するコマンド

receiver IShellOutputReceiver :シェル出力を送信するIShellOutputReceiverオブジェクト

スロー
DeviceNotAvailableExceptionデバイスとの接続が失われ、回復できない場合

getArgumentList

public  getArgumentList ()

simpleperfコマンドの引数を取得します

戻り値
サブコマンドと引数のリスト(null許容)

newInstance

public static SimplePerfUtil newInstance (ITestDevice device, 
                SimplePerfUtil.SimplePerfType type)

SimplePerfUtilコンストラクタ

呼び出し元は、インスタンスを初期化するときにデバイスとsimpleperfタイプを定義する必要があります

パラメーター
device ITestDeviceITestDeviceテストデバイス

type SimplePerfUtil.SimplePerfTypeSimplePerfTypeは、どのsimpleperfモードを示します

戻り値
SimplePerfUtil新しく作成されたSimplePerfUtilインスタンス

setArgumentList

public void setArgumentList ( arguList)

simpleperfコマンドに引数を設定します

パラメーター
arguList :サブコマンドと引数のリスト

保護されたメソッド

commandStringPreparer

protected String commandStringPreparer (String command)

パラメーター
command String

戻り値
String