Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る
このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

SimplePerfUtil

public class SimplePerfUtil
extends Object

java.lang.Object
com.android.tradefed.util.SimplePerfUtil


単純なコマンドをディスパッチして結果を収集するユーティリティクラス

以下も参照してください。

概要

ネストされたクラス

enum SimplePerfUtil.SimplePerfType

simpleperfコマンドオプションの列挙型

パブリックメソッド

SimplePerfResult executeCommand (String command)

simpleperfをラップして、指定されたadbシェルコマンドを実行します。

Simpleperfの結果が解析され、呼び出し元に返されます

void executeCommand (String command, IShellOutputReceiver receiver, long maxTimeToOutputShellResponse, TimeUnit timeUnit, int retryAttempts)

simpleperfをラップして、指定されたadbシェルコマンドを実行します。

受信者を介してsimpleperf結果を解析するのは呼び出し側の責任です

void executeCommand (String command, IShellOutputReceiver receiver)

simpleperfをラップして、指定されたadbシェルコマンドを実行します。

受信者を介してsimpleperf結果を解析するのは呼び出し側の責任です

getArgumentList ()

simpleperfコマンドの引数を取得する

static SimplePerfUtil newInstance ( ITestDevice device, SimplePerfUtil.SimplePerfType type)

SimplePerfUtilコンストラクタ

呼び出し元はインスタンスを初期化するときにデバイスとsimpleperfタイプを定義する必要があります

void setArgumentList ( arguList) setArgumentList ( arguList)

simpleperfコマンドで引数を設定する

保護されたメソッド

String commandStringPreparer (String command)

パブリックメソッド

executeCommand

public SimplePerfResult executeCommand (String command)

simpleperfをラップして、指定されたadbシェルコマンドを実行します。

Simpleperfの結果が解析され、呼び出し元に返されます

パラメーター
command String :デバイスで実行するコマンド

戻り値
SimplePerfResult SimplePerfResultオブジェクトにはすべての結果情報が含まれます

投げる
DeviceNotAvailableException デバイスとの接続が失われ、回復できない場合

executeCommand

public void executeCommand (String command, 
                IShellOutputReceiver receiver, 
                long maxTimeToOutputShellResponse, 
                TimeUnit timeUnit, 
                int retryAttempts)

simpleperfをラップして、指定されたadbシェルコマンドを実行します。

受信者を介してsimpleperf結果を解析するのは呼び出し側の責任です

パラメーター
command String :デバイスで実行するコマンド

receiver IShellOutputReceiver :シェル出力をIShellOutputReceiverオブジェクト

maxTimeToOutputShellResponse long :コマンドが応答を出力できない最大時間。 timeUnit指定されたtimeUnit

timeUnit TimeUnit :maxTimeToOutputShellResponseのtimeUnit単位maxTimeToOutputShellResponse ERROR(/TimeUnit)参照

retryAttempts int :例外のためにコマンドが失敗した場合にコマンドを再試行する最大回数。成功せずにretryAttemptsを実行すると、 retryAttemptsがスローされます。

投げる
DeviceNotAvailableException デバイスとの接続が失われ、回復できない場合

executeCommand

public void executeCommand (String command, 
                IShellOutputReceiver receiver)

simpleperfをラップして、指定されたadbシェルコマンドを実行します。

受信者を介してsimpleperf結果を解析するのは呼び出し側の責任です

パラメーター
command String :デバイスで実行するコマンド

receiver IShellOutputReceiver :シェル出力をIShellOutputReceiverオブジェクト

投げる
DeviceNotAvailableException デバイスとの接続が失われ、回復できない場合

getArgumentList

public  getArgumentList ()

simpleperfコマンドの引数を取得する

戻り値
サブコマンドと引数のリスト(null可能)

newInstance

public static SimplePerfUtil newInstance ( ITestDevice device, 
                SimplePerfUtil.SimplePerfType type)

SimplePerfUtilコンストラクタ

呼び出し元はインスタンスを初期化するときにデバイスとsimpleperfタイプを定義する必要があります

パラメーター
device ITestDeviceITestDeviceテストデバイス

type SimplePerfUtil.SimplePerfTypeSimplePerfTypeは、どのsimpleperfモードを示します

戻り値
SimplePerfUtil 新しく作成されたSimplePerfUtilインスタンス

setArgumentList

public void setArgumentList ( arguList)

simpleperfコマンドで引数を設定する

パラメーター
arguList :サブコマンドと引数のリスト

保護されたメソッド

commandStringPreparer

protected String commandStringPreparer (String command)

パラメーター
command String

戻り値
String