Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る

StringEscapeUtils

public class StringEscapeUtils
extends Object

java.lang.Object
com.android.tradefed.util.StringEscapeUtils


特定の形式の文字列をエスケープするためのユーティリティクラス。 Androidシェルに渡される文字列をエスケープするメソッドを含めます。

概要

パブリックコンストラクター

StringEscapeUtils ()

パブリックメソッド

static String escapeShell (String str)

Androidシェルコマンドで使用するためにStringをエスケープします。

static paramsToArgs ( params) paramsToArgs ( params)

オプションを介して提供されたパラメーターをコマンドライン引数からサブプロセスに変換します

このメソッドは、リスト内の各パラメーターに対して単純な一般的なエスケープ解除を実行します。

パブリックコンストラクター

StringEscapeUtils

public StringEscapeUtils ()

パブリックメソッド

エスケープシェル

public static String escapeShell (String str)

Androidシェルコマンドで使用するためにStringをエスケープします。

パラメーター
str String :エスケープするString

戻り値
String AndroidシェルがStringエスケープしました

paramsToArgs

public static  paramsToArgs ( params)

オプションを介して提供されたパラメーターをコマンドライン引数からサブプロセスに変換します

このメソッドは、リスト内の各パラメーターに対して単純な一般的なエスケープ解除を実行します。 \ [char]を[char]に置き換えます。たとえば、「」は「」に変換されます。これにより、二重引用符がエスケープされた文字列は、QuotationAwareTokenizerによって解析された後も文字列のままになります。このQuotationAwareTokenizerがないと、スペースがある場合に文字列がセクションに分割されます。

パラメーター
params :オプションを介して受信したパラメータ

戻り値
コマンドライン引数を表す文字列のリスト