Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る
このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

TimeUtil

public class TimeUtil
extends Object

java.lang.Object
com.android.tradefed.util.TimeUtil


時間に関連するユーティリティメソッドが含まれます。

概要

パブリックメソッド

static String formatElapsedTime (long elapsedTimeMs)

指定された経過時間をミリ秒単位で表示したバージョンを返します。

static String formatTimeStamp (long epochTime)

指定されたエポック時間の読み取り可能なフォーマットバージョンを返します。

static String formatTimeStampGMT (long epochTime)

指定されたエポック時間の読み取り可能なフォーマットバージョンを、ローカルタイムゾーンではなくGMT時間で返します。

パブリックメソッド

formatElapsedTime

public static String formatElapsedTime (long elapsedTimeMs)

指定された経過時間をミリ秒単位で表示したバージョンを返します。

パラメーター
elapsedTimeMs long

戻り値
String

formatTimeStamp

public static String formatTimeStamp (long epochTime)

指定されたエポック時間の読み取り可能なフォーマットバージョンを返します。

パラメーター
epochTime long :ミリ秒単位のエポック時間

戻り値
String ユーザーが読み取り可能な文字列

formatTimeStampGMT

public static String formatTimeStampGMT (long epochTime)

指定されたエポック時間の読み取り可能なフォーマットバージョンを、ローカルタイムゾーンではなくGMT時間で返します。

パラメーター
epochTime long :ミリ秒単位のエポック時間

戻り値
String ユーザーが読み取り可能な文字列