Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る

GpsCallbacks_v1構造体リファレンス

GpsCallbacks_v1構造体リファレンス

#include < gps_internal.h >

データフィールド

size_tサイズ
gps_location_callback location_cb
gps_status_callback status_cb
gps_sv_status_callback sv_status_cb
gps_nmea_callback nmea_cb
gps_set_capabilities set_capabilities_cb
gps_acquire_wakelock取得_wakelock_cb
gps_release_wakelock release_wakelock_cb
gps_create_thread create_thread_cb
gps_request_utc_time request_utc_time_cb

詳細な説明

レガシーGPSコールバック構造。非推奨。次のAndroidリリースで削除される予定です。代わりにGpsCallbacksを使用してください。

ファイルgps_internal.h33行で定義されています。

フィールドドキュメント

ファイルgps_internal.h41行で定義されています。

gps_create_thread create_thread_cb

ファイルgps_internal.h43行で定義されています。

ファイルgps_internal.h36行目で定義されています。

ファイルgps_internal.h39行で定義されています。

gps_release_wakelock release_wakelock_cb

ファイルgps_internal.h42行で定義されています。

gps_request_utc_time request_utc_time_cb

ファイルgps_internal.h44行で定義されています。

gps_set_capabilities set_capabilities_cb

ファイルgps_internal.h40行で定義されています。

size_tサイズ

sizeof(GpsCallbacks_v1)に設定

ファイルgps_internal.h35行で定義されています。

ファイルgps_internal.h37行で定義されています。

ファイルgps_internal.h38行で定義されています。


この構造体のドキュメントは、次のファイルから生成されました。