Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る

context_hub_t構造体リファレンス

context_hub_t構造体リファレンス

#include < context_hub.h >

データフィールド

const char *名前
const char *ベンダー
const char *ツールチェーン
uint32_t platform_version
uint32_t toolchain_version
uint32_t hub_id
浮くpeak_mips
浮くstopped_power_draw_mw
浮くsleep_power_draw_mw
浮くpeak_power_draw_mw
const struct connected_sensor_t * connected_sensors
uint32_t num_connected_sensors
const structhub_app_name_t os_app_name
uint32_t max_supported_msg_len

詳細な説明

コンテキストハブの定義。デバイスには、複数の低電力ドメインが含まれる場合があります。その場合は、ハブごとにエントリを追加してください。ただし、デバイスが1つのコンテキストハブを宣言し、それらを複数として内部的に管理することはまったく問題ありません。

ファイルcontext_hub.h225行で定義されています。

フィールドドキュメント

const struct connected_sensor_t * connected_sensors

ファイルcontext_hub.h238行で定義されています。

uint32_thub_id

ファイルcontext_hub.h231行で定義されています。

uint32_t max_supported_msg_len

ファイルcontext_hub.h242行で定義されています。

constchar*名

ファイルcontext_hub.h226行で定義されています。

uint32_t num_connected_sensors

ファイルcontext_hub.h239行で定義されています。

ファイルcontext_hub.h241行で定義されています。

フロートpeak_mips

ファイルcontext_hub.h233行で定義されています。

フロートpeak_power_draw_mw

ファイルcontext_hub.h236行で定義されています。

uint32_t platform_version

ファイルcontext_hub.h229行で定義されています。

float sleep_power_draw_mw

ファイルcontext_hub.h235行で定義されています。

フロートstopped_power_draw_mw

ファイルcontext_hub.h234行で定義されています。

constchar*ツールチェーン

ファイルcontext_hub.h228行で定義されています。

uint32_t toolchain_version

ファイルcontext_hub.h230行で定義されています。

constchar*ベンダー

ファイルcontext_hub.h227行で定義されています。


この構造体のドキュメントは、次のファイルから生成されました。