Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る

keymaster1_device構造体リファレンス

keymaster1_device構造体リファレンス

#include < keymaster1.h >

データフィールド

struct hw_device_t一般
uint32_t client_version
uint32_tフラグ
空所 *環境
int(* generate_keypair )(const struct keymaster1_device * dev、const keymaster_keypair_t key_type、const void * key_params、uint8_t ** key_blob、size_t * key_blob_length)
int(* import_keypair )(const struct keymaster1_device * dev、const uint8_t * key、c​​onst size_t key_length、uint8_t ** key_blob、size_t * key_blob_length)
int(* get_keypair_public )(const struct keymaster1_device * dev、const uint8_t * key_blob、const size_t key_blob_length、uint8_t ** x509_data、size_t * x509_data_length)
int(* delete_keypair )(const struct keymaster1_device * dev、const uint8_t * key_blob、const size_t key_blob_length)
int(* delete_all )(const struct keymaster1_device * dev)
int(* sign_data )(const struct keymaster1_device * dev、const void * signing_params、const uint8_t * key_blob、const size_t key_blob_length、const uint8_t * data、const size_t data_length、uint8_t ** signed_data、size_t * signed_data_length)
int(* verify_data )(const struct keymaster1_device * dev、const void * signing_params、const uint8_t * key_blob、const size_t key_blob_length、const uint8_t * signed_data、const size_tsigned_data_length、const uint8_t * signature、const size_tsignature_length)
keymaster_error_t (* get_supported_algorithms )(const struct keymaster1_device * dev、 keymaster_algorithm_t ** alarmithms、size_t * alarmithms_length)
keymaster_error_t (* get_supported_block_modes )(const struct keymaster1_device * dev、 keymaster_algorithm_tアルゴリズム、 keymaster_purpose_t目的、 keymaster_block_mode_t ** modes、size_t * modes_length)
keymaster_error_t (* get_supported_pa​​dding_modes )(const struct keymaster1_device * dev、 keymaster_algorithm_tアルゴリズム、 keymaster_purpose_t Purposekeymaster_padding_t ** modes、size_t * modes_length)
keymaster_error_t (* get_supported_digests )(const struct keymaster1_device * dev、 keymaster_algorithm_tアルゴリズム、 keymaster_purpose_t目的、 keymaster_digest_t **ダイジェスト、size_t * digests_length)
keymaster_error_t (* get_supported_import_formats )(const struct keymaster1_device * dev、 keymaster_algorithm_tアルゴリズム、 keymaster_key_format_t ** format、size_t * format_length)
keymaster_error_t (* get_supported_export_formats )(const struct keymaster1_device * dev、 keymaster_algorithm_tアルゴリズム、 keymaster_key_format_t ** format、size_t * format_length)
keymaster_error_t (* add_rng_entropy )(const struct keymaster1_device * dev、const uint8_t * data、size_t data_length)
keymaster_error_t (* generate_key )(const struct keymaster1_device * dev、const keymaster_key_param_set_t * params、 keymaster_key_blob_t * key_blob、 keymaster_key_characteristics_t ** characteristics)
keymaster_error_t (* get_key_characteristics )(const struct keymaster1_device * dev、const keymaster_key_blob_t * key_blob、const keymaster_blob_t * client_id、const keymaster_blob_t * app_data、 keymaster_key_characteristics_t ** characteristics)
keymaster_error_t (* import_key )(const struct keymaster1_device * dev、const keymaster_key_param_set_t * params、 keymaster_key_format_t key_format、const keymaster_blob_t * key_data、 keymaster_key_blob_t * key_blob、 keymaster_key_characteristics_t **特性)
keymaster_error_t (* export_key )(const struct keymaster1_device * dev、 keymaster_key_format_t export_format、const keymaster_key_blob_t * key_to_export、const keymaster_blob_t * client_id、const keymaster_blob_t * app_data、 keymaster_blob_t * export_data)
keymaster_error_t (* delete_key )(const struct keymaster1_device * dev、const keymaster_key_blob_t * key)
keymaster_error_t (* delete_all_keys )(const struct keymaster1_device * dev)
keymaster_error_t (* begin )(const struct keymaster1_device * dev、 keymaster_purpose_t Purpose 、const keymaster_key_blob_t * key、 c​​onst keymaster_key_param_set_t * in_params、 keymaster_key_param_set_t * out_params、 keymaster_operation_handle_t * operation_handle)
keymaster_error_t (* update )(const struct keymaster1_device * dev、 keymaster_operation_handle_t operation_handle、const keymaster_key_param_set_t * in_params、const keymaster_blob_t * input、size_t * input_consumed、 keymaster_key_param_set_t * out_params、 keymaster_blob_t * output)
keymaster_error_t (* finish )(const struct keymaster1_device * dev、 keymaster_operation_handle_t operation_handle、const keymaster_key_param_set_t * in_params、const keymaster_blob_t * signature、 keymaster_key_param_set_t * out_params、 keymaster_blob_t * output)
keymaster_error_t (*中止)(const struct keymaster1_device * dev、 keymaster_operation_handle_t operation_handle)

詳細な説明

Keymaster1デバイス定義

keymaster1.hファイルの28行で定義されています。

フィールドドキュメント

keymaster_error_t (* abort)(const struct keymaster1_device * dev、 keymaster_operation_handle_t operation_handle)

begin()で開始された暗号化操作を中止し、すべての内部リソースを解放して、 operation_handleを無効にします。

keymaster1.hファイルの531行で定義されています。

keymaster_error_t (* add_rng_entropy)(const struct keymaster1_device * dev、const uint8_t * data、size_t data_length)

キーマスターが使用するRNGにエントロピーを追加します。この方法で追加されたエントロピーは、使用されるエントロピーの唯一のソースではないことが保証され、RNGが(任意のソースから)シードされた場合、攻撃者が予測できない(または制御)、RNG出力はランダムと区別できません。したがって、任意のソースからのエントロピーが良好であれば、出力も良好になります。

パラメーター
[の]開発者キーマスターデバイスの構造。
[の]データ混合するランダムデータ。
[の] data_length dataの長さ。

keymaster1.hファイルの242行で定義されています。

keymaster_error_t (* begin)(const struct keymaster1_device * dev、 keymaster_purpose_t Purpose 、const keymaster_key_blob_t * key、 c​​onst keymaster_key_param_set_t * in_params、 keymaster_key_param_set_t * out_params、 keymaster_operation_handle_t * operation_handle)

指定されたキーを使用して暗号化操作を開始します。すべてが順調である場合、 begin()はKM_ERROR_OKを返し、 update()finish() 、またはabort()への後続の呼び出しに渡す必要がある操作ハンドルを作成します。

キーマスター実装が内部操作状態をクリーンアップできるように、 begin()の各呼び出しをfinish()またはabort()の後続の呼び出しとペアにすることが重要です。これを行わないと、内部状態空間またはその他の内部リソースがリークし、操作用のスペースが不足したときに、 begin()が最終的にKM_ERROR_TOO_MANY_OPERATIONSを返す可能性があります。 begin()update()finish()からのKM_ERROR_OK以外の結果は、暗黙的に操作を中止します。この場合、 abort()を呼び出す必要はありません(呼び出された場合はKM_ERROR_INVALID_OPERATION_HANDLEを返します)。

パラメーター
[の]開発者キーマスターデバイスの構造。
[の]目的操作の目的は、KM_PURPOSE_ENCRYPT、KM_PURPOSE_DECRYPT、KM_PURPOSE_SIGN、またはKM_PURPOSE_VERIFYのいずれかです。 AEADモードの場合、暗号化と復号化はそれぞれ署名と検証を意味しますが、KM_PURPOSE_ENCRYPTおよびKM_PURPOSE_DECRYPTとして指定する必要があることに注意してください。
[の]操作に使用するキー。 keyにはpurposeと互換性のある目的があり、その使用要件がすべて満たされている必要があります。そうでない場合、 begin()は適切なエラーコードを返します。
[の] in_params操作の追加パラメーター。これは通常、KM_TAG_AUTH_TOKENを使用して認証データを提供するために使用されます。生成中にKM_TAG_APPLICATION_IDまたはKM_TAG_APPLICATION_DATAが指定された場合は、ここで指定する必要があります。指定しないと、KM_ERROR_INVALID_KEY_BLOBで操作が失敗します。ナンスまたはIVを必要とする操作の場合、KM_TAG_CALLER_NONCEで生成されたキーでは、in_paramsにタグKM_TAG_NONCEが含まれる場合があります。 AEAD操作の場合、KM_TAG_CHUNK_SIZEがここで指定されます。
[アウト] out_params出力パラメータ。操作の初期化から追加のデータを返すために使用されます。特に、IVまたはナンスを生成する操作からIVまたはナンスを返すために使用されます。呼び出し元は出力パラメーター配列の所有権を取得し、 keymaster_free_param_set()を使用してそれを解放する必要があります。出力パラメータが予期されていない場合は、out_paramsをNULLに設定できます。 out_paramsがNULLで、出力パラメーターが生成された場合、 begin()はKM_ERROR_OUTPUT_PARAMETER_NULLを返します。
[アウト] operation_handle update()finish() 、またはabort()に渡す必要がある新しく作成された操作ハンドル。 operation_handleがNULLの場合、 begin()はKM_ERROR_OUTPUT_PARAMETER_NULLを返します。

keymaster1.hファイルの451行で定義されています。

uint32_t client_version

これは非推奨です。代わりに、keymaster_moduleの初期化で新しい「module_api_version」フィールドと「hal_api_version」フィールドを使用してください。

keymaster1.hファイルの41行で定義されています。

struct hw_device_t common

キーマスターデバイスの一般的な方法。この構造のユーザーは、hw_device_tがkeymaster_deviceを参照していることがわかっているコンテキストで、 hw_device_tをkeymaster_deviceポインターにキャストするため、これはkeymaster_deviceの最初のメンバーである必要があります。

keymaster1.hファイルの35行で定義されています。

void*コンテキスト

keymaster1.hファイルの48行で定義されています。

int(* delete_all)(const struct keymaster1_device * dev)
非推奨:
ハードウェアキーストア内のすべてのキーを削除します。キーストアが完全にリセットされたときに使用されます。

この関数はオプションであり、実装されていない場合はNULLに設定する必要があります。

成功した場合は0を返し、0未満のエラーコードを返します。

keymaster1.hファイルの100行で定義されています。

keymaster_error_t (* delete_all_keys)(const struct keymaster1_device * dev)

ハードウェアキーストア内のすべてのキーを削除します。キーストアが完全にリセットされたときに使用されます。この関数を呼び出した後、以前に生成またはインポートされたキーブロブを操作に使用することはできなくなります。

この関数はオプションであり、実装されていない場合はNULLに設定する必要があります。

パラメーター
[の]開発者キーマスターデバイスの構造。

keymaster1.hファイルの407行で定義されています。

keymaster_error_t (* delete_key)(const struct keymaster1_device * dev、const keymaster_key_blob_t * key)

キーBLOBに関連付けられているキーまたはキーペアを削除します。この関数を呼び出した後、他の操作にキーを使用することはできなくなります。外部の信頼のルートからのキーに適用される場合があります(現在の信頼のルートでは使用できないキー)。

この関数はオプションであり、実装されていない場合はNULLに設定する必要があります。

パラメーター
[の]開発者キーマスターデバイスの構造。
[の]削除するキー。

keymaster1.hファイルの395行で定義されています。

int(* delete_keypair)(const struct keymaster1_device * dev、const uint8_t * key_blob、const size_t key_blob_length)
非推奨:
キーBLOBに関連付けられているキーペアを削除します。

この関数はオプションであり、実装されていない場合はNULLに設定する必要があります。

成功した場合は0を返し、0未満のエラーコードを返します。

keymaster1.hファイルの88行で定義されています。

keymaster_error_t (* export_key)(const struct keymaster1_device * dev、 keymaster_key_format_t export_format、const keymaster_key_blob_t * key_to_export、const keymaster_blob_t * client_id、const keymaster_blob_t * app_data、 keymaster_blob_t * export_data)

公開鍵をエクスポートし、指定された形式でバイト配列を返します。

パラメーター
[の]開発者キーマスターデバイスの構造。
[の] export_formatキーのエクスポートに使用される形式。
[の] key_to_exportエクスポートするための鍵。
[アウト]データのエクスポートエクスポートされたキーマテリアル。発信者が所有権を引き継ぎます。
[アウト] export_data_length export_dataの長さ。

keymaster1.hファイルの377行で定義されています。

keymaster_error_t (* finish)(const struct keymaster1_device * dev、 keymaster_operation_handle_t operation_handle、const keymaster_key_param_set_t * in_params、const keymaster_blob_t * signature、 keymaster_key_param_set_t * out_params、 keymaster_blob_t * output)

begin()で開始された暗号化操作を終了し、 operation_handleを無効にします。

パラメーター
[の]開発者キーマスターデバイスの構造。
[の] operation_handle begin()によって返される操作ハンドル。このハンドルは無効になります。
[の]パラメータ操作の追加パラメーター。 AEADモードの場合、これはKM_TAG_ADDITIONAL_DATAを指定するために使用されますが、 update()に入力データが提供されなかった場合に限ります。
[の]サインbegin()呼び出しで指定された目的がKM_PURPOSE_VERIFYであった場合に検証される署名。
[アウト]出力出力データ(ある場合)。呼び出し元は、割り当てられたバッファーの所有権を引き継ぎます。

終了する操作が署名検証またはAEADモードの復号化であり、検証が失敗した場合、 finish()はKM_ERROR_VERIFICATION_FAILEDを返します。

keymaster1.hファイルの521行で定義されています。

uint32_tフラグ

keymaster_common.hのkeymaster0_devices ::flagsに定義されているフラグを参照してください

keymaster1.hファイルの46行で定義されています。

keymaster_error_t (* generate_key)(const struct keymaster1_device * dev、const keymaster_key_param_set_t * params、 keymaster_key_blob_t * key_blob、 keymaster_key_characteristics_t ** characteristics)

キーまたはキーペアを生成し、キーBLOBおよび/またはキーの説明を返します。

キー生成パラメーターは、 paramsで提供されるキーマスタータグ/値のペアとして定義されます。完全なリストについては、keymaster_tag_tを参照してください。有用なキーの生成に常に必要ないくつかの値は次のとおりです。

  • KM_TAG_ALGORITHM;
  • KM_TAG_PURPOSE;と
  • (KM_TAG_USER_SECURE_IDおよびKM_TAG_USER_AUTH_TYPE)またはKM_TAG_NO_AUTH_REQUIRED。

KM_TAG_AUTH_TIMEOUTは、KM_TAG_NO_AUTH_REQUIREDが存在しない限り、通常は指定する必要があります。存在しない場合、ユーザーは使用するたびに認証する必要があります。

KM_TAG_BLOCK_MODE、KM_TAG_PADDING、KM_TAG_MAC_LENGTH、およびKM_TAG_DIGESTは、それらを必要とするアルゴリズムに指定する必要があります。

以下のタグは指定できません。それらの値は実装によって提供されます。

  • KM_TAG_ORIGIN、
  • KM_TAG_ROLLBACK_RESISTANT、
  • KM_TAG_CREATION_DATETIME
パラメーター
[の]開発者キーマスターデバイスの構造。
[の]パラメータキー生成パラメーターの配列。
[の] params_count paramsの長さ。
[アウト] key_blob生成されたキーを返します。 key_blobはNULLであってはなりません。呼び出し元は所有権key_blob->key_materialを想定し、それをfree()する必要があります。
[アウト]特徴NULL以外の場合、生成されたキーの特性を返します。 NULL以外の場合、呼び出し元は所有権を引き継ぎ、 keymaster_free_characteristics()の割り当てを解除する必要があります。 KM_TAG_ROOT_OF_TRUST、KM_TAG_APPLICATION_ID、およびKM_TAG_APPLICATION_DATAが返されることはないことに注意してください。

keymaster1.hファイルの282行で定義されています。

int(* generate_keypair)(const struct keymaster1_device * dev、const keymaster_keypair_t key_type、const void * key_params、uint8_t ** key_blob、size_t * key_blob_length)
非推奨:
公開鍵と秘密鍵を生成します。返されたキーブロブは不透明であり、後で署名と検証のために提供する必要があります。

戻り値:成功した場合は0、または0未満のエラーコード。

keymaster1.hファイルの56行で定義されています。

keymaster_error_t (* get_key_characteristics)(const struct keymaster1_device * dev、const keymaster_key_blob_t * key_blob、const keymaster_blob_t * client_id、const keymaster_blob_t * app_data、 keymaster_key_characteristics_t ** characteristics)

指定されたキーの特性を返します。key_blobが無効な場合はKM_ERROR_INVALID_KEY_BLOBを返します(実装ではキーの整合性を完全に検証する必要があります)。 client_idとapp_dataは、キーが生成またはインポートされたときに提供されたIDとデータである必要があります。生成中に、KM_TAG_APPLICATION_IDやKM_TAG_APPLICATION_DATAが提供されなかった場合は、空である必要があります。これらの値は、返される特性には含まれていません。呼び出し元は、割り当てられた特性オブジェクトの所有権を引き継ぎます。このオブジェクトは、 keymaster_free_characteristics()で割り当てを解除する必要があります。

KM_TAG_ROOT_OF_TRUST、KM_TAG_APPLICATION_ID、およびKM_TAG_APPLICATION_DATAが返されることはないことに注意してください。

パラメーター
[の]開発者キーマスターデバイスの構造。
[の] key_blobから特性を取得するための鍵。
[の]クライアントIDクライアントIDデータ。関連付けられていない場合はNULL。
[の] app_idアプリデータ。関連付けられていない場合はNULL。
[アウト]特徴主な特徴。

keymaster1.hファイルの309行で定義されています。

int(* get_keypair_public)(const struct keymaster1_device * dev、const uint8_t * key_blob、const size_t key_blob_length、uint8_t ** x509_data、size_t * x509_data_length)
非推奨:
キーペアの公開キー部分を取得します。公開鍵は、X.509形式(Java標準)でエンコードされたバイト配列である必要があります。

戻り値:成功した場合は0、または0未満のエラーコード。エラーの場合、x509_dataは割り当てられません。

keymaster1.hファイルの76行で定義されています。

keymaster_error_t (* get_supported_algorithms)(const struct keymaster1_device * dev、 keymaster_algorithm_t ** Algorithms、size_t * alarmithms_length)

サポートされているアルゴリズムを取得します。

パラメーター
[の]開発者キーマスターデバイスの構造。
[アウト]アルゴリズムサポートされているアルゴリズムの配列。呼び出し元は配列の所有権を取得し、それをfree()する必要があります。
[アウト] Algorithms_length algorithmsの長さ。

keymaster1.hファイルの133行で定義されています。

keymaster_error_t (* get_supported_block_modes)(const struct keymaster1_device * dev、 keymaster_algorithm_tアルゴリズム、 keymaster_purpose_t Purposekeymaster_block_mode_t ** modes、size_t * modes_length)

指定されたアルゴリズムでサポートされているブロックモードを取得します。

パラメーター
[の]開発者キーマスターデバイスの構造。
[の]アルゴリズムサポートされているモードが返されるアルゴリズム。
[アウト]モードサポートされているモードの配列。呼び出し元は配列の所有権を取得し、それをfree()する必要があります。
[アウト] mode_length modesの長さ。

keymaster1.hファイルの149行で定義されています。

keymaster_error_t (* get_supported_digests)(const struct keymaster1_device * dev、 keymaster_algorithm_tアルゴリズム、 keymaster_purpose_t目的、 keymaster_digest_t **ダイジェスト、size_t * digests_length)

指定されたアルゴリズムでサポートされているダイジェストを取得します。呼び出し元は、割り当てられたアレイの所有権を引き継ぎます。

パラメーター
[の]開発者キーマスターデバイスの構造。
[の]アルゴリズムサポートされているダイジェストが返されるアルゴリズム。
[アウト]ダイジェストサポートされているダイジェストの配列。呼び出し元は配列の所有権を取得し、それをfree()する必要があります。
[アウト] digests_length digestsの長さ。

keymaster1.hファイルの187行で定義されています。

keymaster_error_t (* get_supported_export_formats)(const struct keymaster1_device * dev、 keymaster_algorithm_tアルゴリズム、 keymaster_key_format_t ** format、size_t * format_length)

指定されたアルゴリズムのキーでサポートされているキーエクスポート形式を取得します。呼び出し元は、割り当てられたアレイの所有権を引き継ぎます。

パラメーター
[の]開発者キーマスターデバイスの構造。
[の]アルゴリズムサポートされている形式が返されるアルゴリズム。
[アウト]フォーマットサポートされているフォーマットの配列。呼び出し元は配列の所有権を取得し、それをfree()する必要があります。
[アウト] format_length formatsの長さ。

keymaster1.hファイルの224行で定義されています。

keymaster_error_t (* get_supported_import_formats)(const struct keymaster1_device * dev、 keymaster_algorithm_tアルゴリズム、 keymaster_key_format_t ** format、size_t * format_length)

指定されたアルゴリズムのキーでサポートされているキーインポート形式を取得します。呼び出し元は、割り当てられたアレイの所有権を引き継ぎます。

パラメーター
[の]開発者キーマスターデバイスの構造。
[の]アルゴリズムサポートされている形式が返されるアルゴリズム。
[アウト]フォーマットサポートされているフォーマットの配列。呼び出し元は配列の所有権を取得し、それをfree()する必要があります。
[アウト] format_length formatsの長さ。

keymaster1.hファイルの206行で定義されています。

keymaster_error_t (* get_supported_pa​​dding_modes)(const struct keymaster1_device * dev、 keymaster_algorithm_tアルゴリズム、 keymaster_purpose_t Purposekeymaster_padding_t ** modes、size_t * modes_length)

指定されたアルゴリズムでサポートされているパディングモードを取得します。呼び出し元は、割り当てられたアレイの所有権を引き継ぎます。

パラメーター
[の]開発者キーマスターデバイスの構造。
[の]アルゴリズムサポートされているパディングモードが返されるアルゴリズム。
[アウト]モードサポートされているパディングモードの配列。呼び出し元は配列の所有権を取得し、それをfree()する必要があります。
[アウト] mode_length modesの長さ。

keymaster1.hファイルの168行で定義されています。

keymaster_error_t (* import_key)(const struct keymaster1_device * dev、const keymaster_key_param_set_t * params、 keymaster_key_format_t key_format、const keymaster_blob_t * key_data、 keymaster_key_blob_t * key_blob、 keymaster_key_characteristics_t **特性)

キーまたはキーペアをインポートし、キーBLOBおよび/またはキーの説明を返します。

ほとんどのキーインポートパラメータは、「params」で提供されるキーマスタータグ/値のペアとして定義されます。完全なリストについては、keymaster_tag_tを参照してください。有用なキーのインポートに常に必要な値は次のとおりです。

  • KM_TAG_ALGORITHM;
  • KM_TAG_PURPOSE;と
  • (KM_TAG_USER_SECURE_IDおよびKM_TAG_USER_AUTH_TYPE)またはKM_TAG_NO_AUTH_REQUIRED。

通常、KM_TAG_AUTH_TIMEOUTを指定する必要があります。指定しない場合、ユーザーは使用するたびに認証する必要があります。

次のタグは、指定されていない場合、デフォルト値を取ります。

  • KM_TAG_KEY_SIZEは、デフォルトで提供されたキーのサイズになります。
  • KM_TAG_RSA_PUBLIC_EXPONENTは、デフォルトで、提供されたキーの値になります(RSAキーの場合)。

以下のタグは指定できません。それらの値は実装によって提供されます。

  • KM_TAG_ORIGIN、
  • KM_TAG_ROLLBACK_RESISTANT、
  • KM_TAG_CREATION_DATETIME
パラメーター
[の]開発者キーマスターデバイスの構造。
[の]パラメータインポートされたキーを定義するパラメーター。
[の] params_count paramsのエントリ数。
[の] key_format key_dataのキーデータの形式を指定します。
[アウト] key_blob不透明なキーブロブを返すために使用されます。 NULL以外である必要があります。呼び出し元は、含まれているkey_materialの所有権を引き継ぎます。
[アウト]特徴インポートされたキーの特性を返すために使用されます。 NULLの場合があります。その場合、特性は返されません。 NULL以外の場合、呼び出し元は所有権を引き継ぎ、 keymaster_free_characteristics()の割り当てを解除する必要があります。 KM_TAG_ROOT_OF_TRUST、KM_TAG_APPLICATION_ID、およびKM_TAG_APPLICATION_DATAが返されることはないことに注意してください。

keymaster1.hファイルの357行で定義されています。

int(* import_keypair)(const struct keymaster1_device * dev、const uint8_t * key、c​​onst size_t key_length、uint8_t ** key_blob、size_t * key_blob_length)
非推奨:
公開鍵と秘密鍵のペアをインポートします。インポートされたキーは、DERエンコーディング(Java標準)を使用したPKCS#8形式になります。返されたキーブロブは不透明であり、その後、署名と検証のために提供されます。

戻り値:成功した場合は0、または0未満のエラーコード。

keymaster1.hファイルの66行で定義されています。

int(* sign_data)(const struct keymaster1_device * dev、const void * signing_params、const uint8_t * key_blob、const size_t key_blob_length、const uint8_t * data、const size_t data_length、uint8_t ** signed_data、size_t * signed_data_length)
非推奨:
以前に生成されたキーブロブを使用してデータに署名します。これは、非対称鍵または秘密鍵のいずれかを使用できます。

戻り値:成功した場合は0、または0未満のエラーコード。

keymaster1.hファイルの108行で定義されています。

keymaster_error_t (* update)(const struct keymaster1_device * dev、 keymaster_operation_handle_t operation_handle、const keymaster_key_param_set_t * in_params、const keymaster_blob_t * input、size_t * input_consumed、 keymaster_key_param_set_t * out_params、 keymaster_blob_

begin()で開始される進行中の暗号化操作にデータを提供し、場合によってはそこから出力を受け取ります。

operation_handleが無効な場合、 update()はKM_ERROR_INVALID_OPERATION_HANDLEを返します。

update()は、データバッファで提供されるすべてのデータを消費しない場合があります。 update()は、*data_consumedで消費された量を返します。呼び出し元は、後続の呼び出しで未消費のデータを提供する必要があります。

パラメーター
[の]開発者キーマスターデバイスの構造。
[の] operation_handle begin()によって返される操作ハンドル。
[の] in_params操作の追加パラメーター。 AEADモードの場合、これはKM_TAG_ADDITIONAL_DATAを指定するために使用されます。 update()への複数の呼び出しで追加のデータが提供される場合がありますが、入力データが提供されるまでのみであることに注意してください。
[の]入力begin()の呼び出しで確立されたパラメーターに従って、処理されるデータ。 update()は、提供されたすべてのデータを消費する場合としない場合があることに注意してください。 input_consumedを参照してください。
[アウト] input_consumed update()によって消費されたデータの量。これが提供された量より少ない場合、呼び出し元はupdate()への後続の呼び出しで残りを提供する必要があります。
[アウト] out_params出力パラメータ。操作から追加のデータを返すために使用されます。呼び出し元は出力パラメーター配列の所有権を取得し、 keymaster_free_param_set()で解放する必要があります。出力パラメータが予期されていない場合は、out_paramsをNULLに設定できます。 out_paramsがNULLで、出力パラメーターが生成された場合、 begin()はKM_ERROR_OUTPUT_PARAMETER_NULLを返します。
[アウト]出力出力データ(ある場合)。呼び出し元は、割り当てられたバッファーの所有権を引き継ぎます。出力はNULLであってはなりません。

update()は出力を提供しない場合があることに注意してください。この場合、output-> data_lengthはゼロになり、output-> dataはNULLまたはゼロ長になります(したがって、呼び出し元は常にfree()する必要があります)。

keymaster1.hファイルの495行で定義されています。

int(* verify_data)(const struct keymaster1_device * dev、const void * signing_params、const uint8_t * key_blob、const size_t key_blob_length、const uint8_t * signed_data、const size_tsigned_data_length、const uint8_t * signature、const size_t
非推奨:
キーブロブで署名されたデータを検証します。これは、非対称鍵または秘密鍵のいずれかを使用できます。

戻り値:検証が成功した場合は0、エラーコードは0未満。

keymaster1.hファイルの118行で定義されています。


この構造体のドキュメントは、次のファイルから生成されました。