Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る
このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

CommandOptions

public class CommandOptions
extends Object implements ICommandOptions

java.lang.Object
com.android.tradefed.command.CommandOptions


ICommandOptions実装。

概要

田畑

public static final String DRY_RUN_OPTION

public static final String ENABLE_SANDBOX_TEST_MODE

public static final String INVOCATION_DATA

public static final String NOISY_DRY_RUN_OPTION

public static final String USE_REMOTE_SANDBOX

public static final String USE_SANDBOX

パブリックコンストラクター

CommandOptions ()

パブリックメソッド

boolean captureLogcatOnFailure ()

テストケースの失敗時にlogcatをキャプチャするかどうか

boolean captureScreenshotOnFailure ()

テストケースの失敗時にスクリーンショットをキャプチャするかどうか

ICommandOptions clone ()
getAutoLogCollectors ()

呼び出しに追加される自動ログコレクターのセットを返します

String getHostLogSuffix ()

Tradefedのhost_logに追加するサフィックスを返します。プレフィックスがない場合はnullを返します。

UniqueMultiMap <String, String> getInvocationData ()

それを記述するために呼び出しに渡されたデータを返します

long getInvocationTimeout ()

指定された呼び出しタイムアウトを返します。

long getLoopTime ()

このコマンドを再スケジュールする前に待機する時間を取得します。

long getMinLoopTime ()

このメソッドは非推奨です。代わりにgetLoopTime()使用してgetLoopTime()

Integer getShardCount ()

コマンドのシャードの総数を返します。

Integer getShardIndex ()

コマンドのシャードインデックスを返します。

String getTestTag ()

呼び出しのテストタグを返します。

String getTestTagSuffix ()

1つのテストのいくつかのバリアントを表すためにtest-tagに追加されたtest-tagサフィックスを返します。

boolean isDryRunMode ()

必要な場合はtrueを返しtrue スキップこのコマンドをキューに追加します。

boolean isFullHelpMode ()

完全な詳細ヘルプモードが要求されている場合はtrue返します

boolean isHelpMode ()

簡略ヘルプモードが要求されている場合はtrue返します。

boolean isJsonHelpMode ()

完全なjsonヘルプモードが要求されている場合はtrue返します

boolean isLoopMode ()

設定のループモードを返します。

boolean isNoisyDryRunMode ()

コマンドをコンソールに出力する前にtrueを返すスキップキューに追加します。

boolean runOnAllDevices ()

コマンドをすべてのデバイスで実行する必要がある場合はtrueを返します。

void setAutoLogCollectors ( autoLogCollectors) setAutoLogCollectors ( autoLogCollectors)

呼び出しに追加する必要がある自動ログコレクタのセットを設定します。

void setBugreportOnInvocationEnded (boolean takeBugreport)

呼び出しの最後にバグレポートをキャプチャするかどうかを設定します。

void setBugreportzOnInvocationEnded (boolean takeBugreportz)

呼び出しの最後にバグレポートをキャプチャするかどうかを設定します。

void setHostLogSuffix (String suffix)

Tradefed host_logに追加するサフィックスを設定します。

void setInvocationTimeout (Long invocationTimeout)

呼び出しタイムアウトを設定します。

void setLoopMode (boolean loopMode)

構成のループモードを設定します。

void setShardCount (Integer shardCount)

コマンドのシャード数を設定します。

void setShardIndex (Integer shardIndex)

コマンドのシャードインデックスを設定します。

void setShouldUseSandboxing (boolean use)

TFコンテナーを使用するかどうかを設定します

void setTestTag (String testTag)

呼び出しのテストタグを設定します。

void setUseSandboxTestMode (boolean use)

TFサンドボックステストモードを使用するかどうかを設定します。

boolean shouldSkipPreDeviceSetup ()

TestInvocationセットアップ中にデバイスセットアップをスキップする必要がある場合は、trueを返します。

boolean shouldUseDynamicSharding ()

動的シャーディングを使用するかどうかを返します

boolean shouldUseParallelRemoteSetup ()

リモートデバイスの並列セットアップを試行するかどうか。

boolean shouldUseRemoteSandboxMode ()

リモート呼び出しでサンドボックスモードを使用するかどうか。

boolean shouldUseSandboxTestMode ()

テストモードでTfサンドボックスを使用する必要がある場合はtrueを返します。

boolean shouldUseSandboxing ()

Tfコンテナーを使用して呼び出しを実行する必要がある場合はtrueを返します

boolean shouldUseTokenSharding ()

シャーディングでトークンサポートを使用するかどうか。

boolean takeBugreportOnInvocationEnded ()

テストの呼び出しが終了したときにバグレポートを取得する必要がある場合はtrueを返します。

boolean takeBugreportzOnInvocationEnded ()

テスト呼び出しの最終的なバグレポートで、バグレポートの代わりにバグレポートを取得する必要がある場合はtrueを返します。

田畑

DRY_RUN_OPTION

public static final String DRY_RUN_OPTION

ENABLE_SANDBOX_TEST_MODE

public static final String ENABLE_SANDBOX_TEST_MODE

INVOCATION_DATA

public static final String INVOCATION_DATA

NOISY_DRY_RUN_OPTION

public static final String NOISY_DRY_RUN_OPTION

USE_REMOTE_SANDBOX

public static final String USE_REMOTE_SANDBOX

USE_SANDBOX

public static final String USE_SANDBOX

パブリックコンストラクター

CommandOptions

public CommandOptions ()

パブリックメソッド

captureLogcatOnFailure

public boolean captureLogcatOnFailure ()

テストケースの失敗時にlogcatをキャプチャするかどうか

戻り値
boolean

captureScreenshotOnFailure

public boolean captureScreenshotOnFailure ()

テストケースの失敗時にスクリーンショットをキャプチャするかどうか

戻り値
boolean

クローン

public ICommandOptions clone ()

戻り値
ICommandOptions

getAutoLogCollectors

public  getAutoLogCollectors ()

呼び出しに追加される自動ログコレクターのセットを返します

戻り値

getHostLogSuffix

public String getHostLogSuffix ()

Tradefedのhost_logに追加するサフィックスを返します。プレフィックスがない場合はnullを返します。

戻り値
String

getInvocationData

public UniqueMultiMap <String, String> getInvocationData ()

それを記述するために呼び出しに渡されたデータを返します

戻り値
UniqueMultiMap <String, String>

getInvocationTimeout

public long getInvocationTimeout ()

指定された呼び出しタイムアウトを返します。使用するタイムアウトがない場合は0。

戻り値
long

getLoopTime

public long getLoopTime ()

このコマンドを再スケジュールする前に待機する時間を取得します。

戻り値
long 時間(ミリ秒)

getMinLoopTime

public long getMinLoopTime ()

このメソッドは非推奨です。
代わりにgetLoopTime()使用してgetLoopTime()

構成の最小ループ時間を取得します。

戻り値
long

getShardCount

public Integer getShardCount ()

コマンドのシャードの総数を返します。

戻り値
Integer

getShardIndex

public Integer getShardIndex ()

コマンドのシャードインデックスを返します。

戻り値
Integer

getTestTag

public String getTestTag ()

呼び出しのテストタグを返します。指定しない場合、デフォルトは「スタブ」です。

戻り値
String

getTestTagSuffix

public String getTestTagSuffix ()

1つのテストのいくつかのバリアントを表すためにtest-tagに追加されたtest-tagサフィックスを返します。

戻り値
String

isDryRunMode

public boolean isDryRunMode ()

必要な場合はtrueを返しtrue スキップこのコマンドをキューに追加します。

戻り値
boolean

isFullHelpMode

public boolean isFullHelpMode ()

完全詳細ヘルプモードが要求されている場合はtrue返します

戻り値
boolean

isHelpMode

public boolean isHelpMode ()

簡略ヘルプモードが要求されている場合はtrue返します。

戻り値
boolean

isJsonHelpMode

public boolean isJsonHelpMode ()

完全なjsonヘルプモードが要求されている場合はtrue返します

戻り値
boolean

isLoopMode

public boolean isLoopMode ()

設定のループモードを返します。

戻り値
boolean

isNoisyDryRunMode

public boolean isNoisyDryRunMode ()

コマンドをコンソールに出力する前にtrueを返すスキップキューに追加します。

戻り値
boolean

runOnAllDevices

public boolean runOnAllDevices ()

コマンドをすべてのデバイスで実行する必要がある場合はtrueを返します。

戻り値
boolean

setAutoLogCollectors

public void setAutoLogCollectors ( autoLogCollectors)

呼び出しに追加する必要がある自動ログコレクタのセットを設定します。

パラメーター
autoLogCollectors

setBugreportOnInvocationEnded

public void setBugreportOnInvocationEnded (boolean takeBugreport)

呼び出しの最後にバグレポートをキャプチャするかどうかを設定します。

パラメーター
takeBugreport boolean

setBugreportzOnInvocationEnded

public void setBugreportzOnInvocationEnded (boolean takeBugreportz)

呼び出しの最後にバグレポートをキャプチャするかどうかを設定します。

パラメーター
takeBugreportz boolean

setHostLogSuffix

public void setHostLogSuffix (String suffix)

Tradefed host_logに追加するサフィックスを設定します。

パラメーター
suffix String

setInvocationTimeout

public void setInvocationTimeout (Long invocationTimeout)

呼び出しタイムアウトを設定します。使用するタイムアウトがない場合は0。

パラメーター
invocationTimeout Long

setLoopMode

public void setLoopMode (boolean loopMode)

構成のループモードを設定します。

setShardCount

public void setShardCount (Integer shardCount)

コマンドのシャード数を設定します。

パラメーター
shardCount Integer

setShardIndex

public void setShardIndex (Integer shardIndex)

コマンドのシャードインデックスを設定します。

パラメーター
shardIndex Integer

setShouldUseSandboxing

public void setShouldUseSandboxing (boolean use)

TFコンテナーを使用するかどうかを設定します

パラメーター
use boolean

setTestTag

public void setTestTag (String testTag)

呼び出しのテストタグを設定します。

setUseSandboxTestMode

public void setUseSandboxTestMode (boolean use)

TFサンドボックステストモードを使用するかどうかを設定します。

パラメーター
use boolean

shouldSkipPreDeviceSetup

public boolean shouldSkipPreDeviceSetup ()

TestInvocationのセットアップ中にデバイスのセットアップをスキップする必要がある場合は、trueを返します。

戻り値
boolean

shouldUseDynamicSharding

public boolean shouldUseDynamicSharding ()

動的シャーディングを使用するかどうかを返します

戻り値
boolean

shouldUseParallelRemoteSetup

public boolean shouldUseParallelRemoteSetup ()

リモートデバイスの並列セットアップを試行するかどうか。

戻り値
boolean

shouldUseRemoteSandboxMode

public boolean shouldUseRemoteSandboxMode ()

リモート呼び出しでサンドボックスモードを使用するかどうか。

戻り値
boolean

shouldUseSandboxTestMode

public boolean shouldUseSandboxTestMode ()

テストモードでTfサンドボックスを使用する必要がある場合はtrueを返します。

戻り値
boolean

shouldUseSandboxing

public boolean shouldUseSandboxing ()

Tfコンテナーを使用して呼び出しを実行する必要がある場合はtrueを返します

戻り値
boolean

shouldUseTokenSharding

public boolean shouldUseTokenSharding ()

シャーディングでトークンサポートを使用するかどうか。

戻り値
boolean

takeBugreportOnInvocationEnded

public boolean takeBugreportOnInvocationEnded ()

テストの呼び出しが終了したときにバグレポートを取得する必要がある場合はtrueを返します。

戻り値
boolean

takeBugreportzOnInvocationEnded

public boolean takeBugreportzOnInvocationEnded ()

テスト呼び出しの最終的なバグレポートで、バグレポートの代わりにバグレポートを取得する必要がある場合はtrueを返します。

戻り値
boolean