Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る
このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

ICommandOptions

public interface ICommandOptions

com.android.tradefed.command.ICommandOptions


コマンドの実行オプションのコンテナ。

概要

パブリック・メソッド

abstract boolean captureLogcatOnFailure ()

テストケースの失敗でlogcatをキャプチャするか否かは、

abstract boolean captureScreenshotOnFailure ()

テストケースの失敗のスクリーンショットをキャプチャするか否かは、

abstract ICommandOptions clone ()

コピーを作成しICommandOptionsオブジェクトを。

abstract getAutoLogCollectors ()

戻り値の呼び出しのために追加するオートログコレクターのセット

abstract String getHostLogSuffix ()

接頭辞なしの場合Tradefedのhost_logまたはnullに追加する接尾辞を返します。

abstract UniqueMultiMap <String, String> getInvocationData ()

戻り値の呼び出しに渡されたデータは、それを記述するために

abstract long getInvocationTimeout ()

指定された呼び出しのタイムアウトを返します。

abstract long getLoopTime ()

再スケジューリングする前にこのコマンドを待機する時間を取得します。

abstract long getMinLoopTime ()

この方法は推奨されません。使用getLoopTime()の代わりに

abstract Integer getShardCount ()

コマンドの総断片数を返します。

abstract Integer getShardIndex ()

コマンドのシャードインデックスを返します。

abstract String getTestTag ()

呼び出しのためのテストタグを返します。

abstract String getTestTagSuffix ()

リターンにテストタグに追加テストタグのサフィックスは、一つのテストのいくつかの亜種を表しています。

abstract boolean isDryRunMode ()

戻りtrue我々がすべき場合スキップキューにこのコマンドを追加します。

abstract boolean isFullHelpMode ()

返しtrue完全な詳細なヘルプモードが要求された場合

abstract boolean isHelpMode ()

返しtrue省略ヘルプモードが要求された場合

abstract boolean isJsonHelpMode ()

返しtrue完全なJSON形式のヘルプモードが要求された場合

abstract boolean isLoopMode ()

設定のためのループモードを返します。

abstract boolean isNoisyDryRunMode ()

戻るtrue我々は我々の前に、コンソールにコマンドをプリントアウトする必要がある場合スキップキューに追加します。

abstract boolean runOnAllDevices ()

コマンドは、すべてのデバイス上で実行する必要がある場合にtrueを返します。

abstract void setAutoLogCollectors ( autoLogCollectors) setAutoLogCollectors ( autoLogCollectors)

呼び出しに追加する必要があり、自動ログコレクターのセットを設定します。

abstract void setBugreportOnInvocationEnded (boolean takeBugreport)

呼び出しの終わりでバグレポートをキャプチャするかどうかを設定。

abstract void setBugreportzOnInvocationEnded (boolean takeBugreportz)

呼び出しの終わりでbugreportzをキャプチャするかどうかを設定。

abstract void setHostLogSuffix (String suffix)

Tradefedのhost_logに追加する接尾辞を設定します。

abstract void setInvocationTimeout (Long mInvocationTimeout)

呼び出しのタイムアウトを設定します。

abstract void setLoopMode (boolean loopMode)

コマンドのループモードを設定します。

abstract void setShardCount (Integer shardCount)

コマンドの断片数を設定します。

abstract void setShardIndex (Integer shardIndex)

コマンドのシャードインデックスを設定します。

abstract void setShouldUseSandboxing (boolean use)

我々はTFのコンテナを使用する必要があるかどうかを設定します

abstract void setTestTag (String testTag)

呼び出しのためのテストタグを設定します。

abstract void setUseSandboxTestMode (boolean use)

我々はTFサンドボックス・テスト・モードを使用する必要があるかどうかを設定します。

abstract boolean shouldSkipPreDeviceSetup ()

テストはTestInvocationのセットアップ中にデバイスのセットアップをスキップする必要がある場合にtrueを返します。

abstract boolean shouldUseDynamicSharding ()

我々は、動的シャーディングを使用するか、またはべきでない場合は戻り値

abstract boolean shouldUseParallelRemoteSetup ()

リモートデバイスの並列セットアップを試みるかどうか。

abstract boolean shouldUseRemoteSandboxMode ()

かどうかは、リモート呼び出しでサンドボックスモードを使用します。

abstract boolean shouldUseSandboxTestMode ()

我々はテストモードでのTfサンドボックスを使用する必要がある場合にtrueを返します。

abstract boolean shouldUseSandboxing ()

trueを返し、我々は呼び出しを実行するためにTfのコンテナを使用するかどうか

abstract boolean shouldUseTokenSharding ()

かどうかは、トークンのサポートを使用する必要がありシャーディング。

abstract boolean takeBugreportOnInvocationEnded ()

テストの呼び出しが終了したとき、バグレポートが取られるべきである場合にtrueを返します。

abstract boolean takeBugreportzOnInvocationEnded ()

bugreportzが最終的なバグレポートの呼び出し試験時に代わりにバグレポートを取られるべきである場合にtrueを返します。

パブリック・メソッド

captureLogcatOnFailure

public abstract boolean captureLogcatOnFailure ()

テストケースの失敗でlogcatをキャプチャするか否かは、

戻り値
boolean

captureScreenshotOnFailure

public abstract boolean captureScreenshotOnFailure ()

テストケースの失敗のスクリーンショットをキャプチャするか否かは、

戻り値
boolean

クローン

public abstract ICommandOptions clone ()

コピーを作成しICommandOptionsオブジェクトを。

戻り値
ICommandOptions

getAutoLogCollectors

public abstract  getAutoLogCollectors ()

戻り値の呼び出しのために追加するオートログコレクターのセット

戻り値

getHostLogSuffix

public abstract String getHostLogSuffix ()

接頭辞なしの場合Tradefedのhost_logまたはnullに追加する接尾辞を返します。

戻り値
String

getInvocationData

public abstract UniqueMultiMap <String, String> getInvocationData ()

戻り値の呼び出しに渡されたデータは、それを記述するために

戻り値
UniqueMultiMap <String, String>

getInvocationTimeout

public abstract long getInvocationTimeout ()

指定された呼び出しのタイムアウトを返します。 0タイムアウトを使用しないことにする場合。

戻り値
long

getLoopTime

public abstract long getLoopTime ()

再スケジューリングする前にこのコマンドを待機する時間を取得します。

戻り値
long ミリ秒の時間

getMinLoopTime

public abstract long getMinLoopTime ()

この方法は推奨されません。
使用getLoopTime()の代わりに

設定のための分のループ時間を取得します。

戻り値
long

getShardCount

public abstract Integer getShardCount ()

コマンドの総断片数を返します。

戻り値
Integer

getShardIndex

public abstract Integer getShardIndex ()

コマンドのシャードインデックスを返します。

戻り値
Integer

getTestTag

public abstract String getTestTag ()

呼び出しのためのテストタグを返します。デフォルトは未指定の場合は「スタブ」です。

戻り値
String

getTestTagSuffix

public abstract String getTestTagSuffix ()

リターンにテストタグに追加テストタグのサフィックスは、一つのテストのいくつかの亜種を表しています。

戻り値
String

isDryRunMode

public abstract boolean isDryRunMode ()

戻りtrue我々がすべき場合スキップキューにこのコマンドを追加します。

戻り値
boolean

isFullHelpMode

public abstract boolean isFullHelpMode ()

返しtrue完全な詳細なヘルプモードが要求された場合

戻り値
boolean

isHelpMode

public abstract boolean isHelpMode ()

返しtrue省略ヘルプモードが要求された場合

戻り値
boolean

isJsonHelpMode

public abstract boolean isJsonHelpMode ()

返しtrue完全なJSON形式のヘルプモードが要求された場合

戻り値
boolean

isLoopMode

public abstract boolean isLoopMode ()

設定のためのループモードを返します。

戻り値
boolean

isNoisyDryRunMode

public abstract boolean isNoisyDryRunMode ()

戻るtrue我々は我々の前に、コンソールにコマンドをプリントアウトする必要がある場合スキップキューに追加します。

戻り値
boolean

runOnAllDevices

public abstract boolean runOnAllDevices ()

コマンドは、すべてのデバイス上で実行する必要がある場合にtrueを返します。

戻り値
boolean

setAutoLogCollectors

public abstract void setAutoLogCollectors ( autoLogCollectors)

呼び出しに追加する必要があり、自動ログコレクターのセットを設定します。

パラメーター
autoLogCollectors

setBugreportOnInvocationEnded

public abstract void setBugreportOnInvocationEnded (boolean takeBugreport)

呼び出しの終わりでバグレポートをキャプチャするかどうかを設定。

パラメーター
takeBugreport boolean

setBugreportzOnInvocationEnded

public abstract void setBugreportzOnInvocationEnded (boolean takeBugreportz)

呼び出しの終わりでbugreportzをキャプチャするかどうかを設定。

パラメーター
takeBugreportz boolean

setHostLogSuffix

public abstract void setHostLogSuffix (String suffix)

Tradefedのhost_logに追加する接尾辞を設定します。

パラメーター
suffix String

setInvocationTimeout

public abstract void setInvocationTimeout (Long mInvocationTimeout)

呼び出しのタイムアウトを設定します。 0タイムアウトを使用しないことにする場合。

パラメーター
mInvocationTimeout Long

setLoopMode

public abstract void setLoopMode (boolean loopMode)

コマンドのループモードを設定します。

setShardCount

public abstract void setShardCount (Integer shardCount)

コマンドの断片数を設定します。

パラメーター
shardCount Integer

setShardIndex

public abstract void setShardIndex (Integer shardIndex)

コマンドのシャードインデックスを設定します。

パラメーター
shardIndex Integer

setShouldUseSandboxing

public abstract void setShouldUseSandboxing (boolean use)

我々はTFのコンテナを使用する必要があるかどうかを設定します

パラメーター
use boolean

setTestTag

public abstract void setTestTag (String testTag)

呼び出しのためのテストタグを設定します。

setUseSandboxTestMode

public abstract void setUseSandboxTestMode (boolean use)

我々はTFサンドボックス・テスト・モードを使用する必要があるかどうかを設定します。

パラメーター
use boolean

shouldSkipPreDeviceSetup

public abstract boolean shouldSkipPreDeviceSetup ()

テストはTestInvocationのセットアップ中にデバイスのセットアップをスキップする必要がある場合にtrueを返します。

戻り値
boolean

shouldUseDynamicSharding

public abstract boolean shouldUseDynamicSharding ()

我々は、動的シャーディングを使用するか、またはべきでない場合は戻り値

戻り値
boolean

shouldUseParallelRemoteSetup

public abstract boolean shouldUseParallelRemoteSetup ()

リモートデバイスの並列セットアップを試みるかどうか。

戻り値
boolean

shouldUseRemoteSandboxMode

public abstract boolean shouldUseRemoteSandboxMode ()

かどうかは、リモート呼び出しでサンドボックスモードを使用します。

戻り値
boolean

shouldUseSandboxTestMode

public abstract boolean shouldUseSandboxTestMode ()

我々はテストモードでのTfサンドボックスを使用する必要がある場合にtrueを返します。

戻り値
boolean

shouldUseSandboxing

public abstract boolean shouldUseSandboxing ()

trueを返し、我々は呼び出しを実行するためにTfのコンテナを使用するかどうか

戻り値
boolean

shouldUseTokenSharding

public abstract boolean shouldUseTokenSharding ()

かどうかは、トークンのサポートを使用する必要がありシャーディング。

戻り値
boolean

takeBugreportOnInvocationEnded

public abstract boolean takeBugreportOnInvocationEnded ()

テストの呼び出しが終了したとき、バグレポートが取られるべきである場合にtrueを返します。

戻り値
boolean

takeBugreportzOnInvocationEnded

public abstract boolean takeBugreportzOnInvocationEnded ()

bugreportzが最終的なバグレポートの呼び出し試験時に代わりにバグレポートを取られるべきである場合にtrueを返します。

戻り値
boolean