Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る
このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

IConfigurationFactory

public interface IConfigurationFactory

com.android.tradefed.config.IConfigurationFactory


IConfigurationを作成するためのIConfiguration

概要

パブリックメソッド

abstract IConfiguration createConfigurationFromArgs (String[] args, unconsumedArgs) createConfigurationFromArgs (String[] args, unconsumedArgs)

コマンドライン引数からIConfigurationを作成します。

abstract IConfiguration createConfigurationFromArgs (String[] args)

2番目の引数がnull ERROR(/#createConfigurationFromArgs(String[],List))を呼び出す簡易メソッド。

abstract IConfiguration createConfigurationFromArgs (String[] args, unconsumedArgs, IKeyStoreClient keyStoreClient) createConfigurationFromArgs (String[] args, unconsumedArgs, IKeyStoreClient keyStoreClient)

キーストアを使用して、コマンドライン引数からIConfigurationを作成します。

abstract IGlobalConfiguration createGlobalConfigurationFromArgs (String[] args, nonGlobalArgs) createGlobalConfigurationFromArgs (String[] args, nonGlobalArgs)

コマンドライン引数からIGlobalConfigurationを作成します。

abstract void dumpConfig (String configName, PrintStream out)

構成の内容を指定されたERROR(/PrintStream)ダンプします

abstract getConfigList (String subPath)

getConfigList()バリエーションで、リストを構成パスのサブディレクトリ(res / config /)のみに減らします。

abstract getConfigList ()

クラスパス上のJARにあるすべての構成の名前のリストを返します。

abstract getConfigList (String subPath, boolean loadFromEnv)

getConfigList(String)バリエーションで、環境から構成もロードするかどうかを指定できます。

abstract void printHelp (PrintStream out)

このファクトリーのヘルプ出力を印刷します。

abstract void printHelpForConfig (String[] args, boolean importantOnly, PrintStream out)

コマンドライン引数で指定されたIConfigurationヘルプ出力を出力します。

'args'が既知の構成を参照している場合、 IConfigurationオブジェクトがXMLから作成され、そのIConfigurationヘルプが出力されます。

パブリックメソッド

createConfigurationFromArgs

public abstract IConfiguration createConfigurationFromArgs (String[] args, 
                 unconsumedArgs)

コマンドライン引数からIConfigurationを作成します。

予期される形式は「CONFIG [オプション]」です。ここで、CONFIGは組み込みの構成名または構成xmlファイルへのファイルパスです。

パラメーター
args String :コマンドライン引数

unconsumedArgs :指定された構成に関連付けられたオブジェクトによって消費されなかった引数が入力されるリスト。これがnull場合、未処理の引数が残っていると、実装はConfigurationExceptionをスローします。

戻り値
IConfiguration ロードされたIConfigurationデリゲートオブジェクトの[ Optionフィールドには、argsの値が入力されています。

投げる
ConfigurationException 設定を読み込めなかった場合

createConfigurationFromArgs

public abstract IConfiguration createConfigurationFromArgs (String[] args)

2番目の引数がnull ERROR(/#createConfigurationFromArgs(String[],List))を呼び出す簡易メソッド。したがって、未使用の引数が残っている場合は、 ConfigurationExceptionがスローされます。

パラメーター
args String

戻り値
IConfiguration

投げる
ConfigurationException

以下も参照してください。

createConfigurationFromArgs

public abstract IConfiguration createConfigurationFromArgs (String[] args, 
                 unconsumedArgs, 
                IKeyStoreClient keyStoreClient)

キーストアを使用して、コマンドライン引数からIConfigurationを作成します。

予期される形式は「CONFIG [オプション]」です。ここで、CONFIGは組み込みの構成名または構成XMLファイルへのファイルパスです。

パラメーター
args String :コマンドライン引数

unconsumedArgs :指定された構成に関連付けられたオブジェクトによって消費されなかった引数が入力されるリスト。これがnull場合、未処理の引数が残っていると、実装はConfigurationExceptionをスローします。

keyStoreClient IKeyStoreClient :引数の機密情報を取得するために使用されるIKeyStoreClient

戻り値
IConfiguration ロードされたIConfigurationデリゲートオブジェクトの[ Optionフィールドには、argsの値が入力されています。

投げる
ConfigurationException 設定を読み込めなかった場合

createGlobalConfigurationFromArgs

public abstract IGlobalConfiguration createGlobalConfigurationFromArgs (String[] args, 
                 nonGlobalArgs)

コマンドライン引数からIGlobalConfigurationを作成します。

予期される形式は「CONFIG [オプション]」です。ここで、CONFIGは組み込みの構成名または構成XMLファイルへのファイルパスです。

パラメーター
args String :コマンドライン引数

nonGlobalArgs :グローバル引数として処理されなかった引数が入力されるリスト

戻り値
IGlobalConfiguration ロードされたIGlobalConfiguration 。デリゲートオブジェクトの[ Optionフィールドには、argsの値が入力されています。

投げる
ConfigurationException 設定を読み込めなかった場合

dumpConfig

public abstract void dumpConfig (String configName, 
                PrintStream out)

構成の内容を指定されたERROR(/PrintStream)ダンプします

パラメーター
configName String :構成名

out PrintStream :出力をダンプするERROR(/PrintStream)

getConfigList

public abstract  getConfigList (String subPath)

getConfigList()バリエーションで、リストを構成パスのサブディレクトリ(res / config /)のみに減らします。

パラメーター
subPath String :設定を探すサブディレクトリの名前。 nullの場合、 getConfigList()と同じ動作にgetConfigList()ます。

戻り値

getConfigList

public abstract  getConfigList ()

クラスパス上のJARにあるすべての構成の名前のリストを返します。設定のロードを試みないため、このリストに機能していない設定がある可能性があります。

戻り値

getConfigList

public abstract  getConfigList (String subPath, 
                boolean loadFromEnv)

getConfigList(String)バリエーションで、環境から構成もロードするかどうかを指定できます。

パラメーター
subPath String :設定を探すサブディレクトリの名前。 nullの場合、 getConfigList()と同じ動作にgetConfigList()ます。

loadFromEnv boolean :環境変数に構成をロードする必要がある場合はtrue。

戻り値

printHelp

public abstract void printHelp (PrintStream out)

このファクトリーのヘルプ出力を印刷します。

一般的なヘルプ情報を出力し、使用可能なすべての構成をリストします。

パラメーター
out PrintStream :出力をダンプするERROR(/PrintStream)

printHelpForConfig

public abstract void printHelpForConfig (String[] args, 
                boolean importantOnly, 
                PrintStream out)

コマンドライン引数で指定されたIConfigurationヘルプ出力を出力します。

'args'が既知の構成を参照している場合、 IConfigurationオブジェクトがXMLから作成され、そのIConfigurationヘルプが出力されます。他のすべての「args」値は無視されることに注意してください(つまり、ヘルプテキストは、XMLからロードされたOptionの現在の値を説明し、コマンドラインのargsによって設定されたオプションの値を反映しません。

'args'が既知のIConfiguration参照していない場合、汎用のprintHelp(PrintStream)ヘルプが表示されます。

パラメーター
args String :コマンドライン引数

importantOnly booleantrue場合、重要な詳細のみをリストした簡略ヘルプを出力します

out PrintStream :出力をダンプするERROR(/PrintStream)