Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る
このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

LargeOutputReceiver

public class LargeOutputReceiver
extends Object implements IShellOutputReceiver

java.lang.Object
com.android.tradefed.device.LargeOutputReceiver


実行時間の長いコマンドを実行して出力を収集できるように設計されたクラス。

tmpファイルの最大サイズは、およそmaxFileSize制限されています。制限に達したときにデータの損失を防ぐために、このファイルは一連のtmpホストファイルを保持します。

概要

パブリックコンストラクター

LargeOutputReceiver (String descriptor, String serialNumber, long maxDataSize)

LargeOutputReceiver作成します。

パブリックメソッド

void addOutput (byte[] data, int offset, int length)

void cancel ()

コマンドをキャンセルします。

void clear ()

現在蓄積されているデータを削除してから、新しいファイルを再作成してください。

void delete ()

蓄積されたデータをすべて削除します。

void flush ()

InputStreamSource getData ()

収集された出力をInputStreamSourceとして取得します。

InputStreamSource getData (int maxBytes)

収集された出力の最後のmaxBytesInputStreamSourceとして取得します。

InputStreamSource getData (int maxBytes, int offset)

収集された出力の最後のmaxBytesInputStreamSourceとして取得します。

boolean isCancelled ()

パブリックコンストラクター

LargeOutputReceiver

public LargeOutputReceiver (String descriptor, 
                String serialNumber, 
                long maxDataSize)

LargeOutputReceiver作成します。

パラメーター
descriptor String :実行するコマンドの記述子。ロギングのみ。

serialNumber String :デバイスのシリアル番号。ロギングのみ。

maxDataSize long :保持するデータのおおよその最大量。

パブリックメソッド

addOutput

public void addOutput (byte[] data, 
                int offset, 
                int length)

パラメーター
data byte

offset int

length int

キャンセル

public void cancel ()

コマンドをキャンセルします。

晴れ

public void clear ()

現在蓄積されているデータを削除してから、新しいファイルを再作成してください。

削除する

public void delete ()

蓄積されたデータをすべて削除します。

流す

public void flush ()

getData

public InputStreamSource getData ()

収集された出力をInputStreamSourceとして取得します。

戻り値
InputStreamSource コマンドから収集された出力。

getData

public InputStreamSource getData (int maxBytes)

収集された出力の最後のmaxBytesInputStreamSourceとして取得します。

パラメーター
maxBytes int :返されるデータの最大量。メモリに快適に収まる量である必要があります

戻り値
InputStreamSource コマンドから収集され、メモリに保存された出力

getData

public InputStreamSource getData (int maxBytes, 
                int offset)

収集された出力の最後のmaxBytesInputStreamSourceとして取得します。

パラメーター
maxBytes int :返されるデータの最大量。メモリに快適に収まる量である必要があります

offset int :バッファーからのデータの取得を開始するタイミングのオフセット。

戻り値
InputStreamSource コマンドから収集され、メモリに保存された出力

isCancelled

public boolean isCancelled ()

戻り値
boolean