Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る
このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

RemoteAndroidDevice

public class RemoteAndroidDevice
extends TestDevice

java.lang.Object
com.android.tradefed.device.NativeDevice
com.android.tradefed.device.TestDevice
com.android.tradefed.device.RemoteAndroidDevice


adb connectを介して接続されたフルスタックAndroidデバイス用のITestDevice実装。デバイスのシリアルが次の形式であると想定します adb。

概要

定数

long DEFAULT_SHORT_CMD_TIMEOUT

int MAX_RETRIES

long RETRY_INTERVAL_MS

long WAIT_FOR_ADB_CONNECT

パブリックコンストラクター

RemoteAndroidDevice (IDevice device, IDeviceStateMonitor stateMonitor, IDeviceMonitor allocationMonitor)

RemoteAndroidDevice作成します。

パブリックメソッド

boolean adbTcpConnect (String host, String port)

特定のTCP IP Androidデバイスにadb接続するヘルパーメソッド

boolean adbTcpDisconnect (String host, String port)

特定のtcp ip Androidデバイスからadbを切断するヘルパーメソッド

static boolean checkSerialFormatValid (String serialString)

シリアルのフォーマットが期待どおりかどうかを確認します :港

String getHostName ()

デバイスに関連付けられているホスト名を返します。

String getMacAddress ()

デバイスのMACアドレスを返します。デバイスからのクエリに失敗した場合はnullを返します。

String getPortNum ()

デバイスに関連付けられたポート番号を返します。

boolean isEncryptionSupported ()

デバイスで暗号化がサポートされているかどうかを返します。

void postAdbRootAction ()

デバイスがadb rootの後、デバイスがオンラインに戻る前に特定のアクションを実行する必要がある場合はオーバーライドします。

void postAdbUnrootAction ()

デバイスがadb unroot後、デバイスがオンラインに戻る前に特定のアクションを実行する必要がある場合は、オーバーライドします。

void postInvocationTearDown ()

呼び出しの完了後に実行される、デバイス固有の必要なクリーンアップのための追加の手順。

void recoverDevice ()

デバイス通信の回復を試みます。

void setAdbLogFile (File adbLogFile)

デバッグのためにすべてのadb接続ログを保存できるレシーバーファイルを提供します。

void waitForAdbConnect (long waitTime)

adb接続が有効になっているかどうかを確認します。

保護されたメソッド

void postAdbReboot ()

再起動後に実行できる可能な追加のアクション。

定数

DEFAULT_SHORT_CMD_TIMEOUT

protected static final long DEFAULT_SHORT_CMD_TIMEOUT

定数値:20000(0x0000000000004e20)

MAX_RETRIES

protected static final int MAX_RETRIES

定数値:5(0x00000005)

RETRY_INTERVAL_MS

protected static final long RETRY_INTERVAL_MS

定数値:5000(0x0000000000001388)

WAIT_FOR_ADB_CONNECT

public static final long WAIT_FOR_ADB_CONNECT

定数値:120000(0x000000000001d4c0)

パブリックコンストラクター

RemoteAndroidDevice

public RemoteAndroidDevice (IDevice device, 
                IDeviceStateMonitor stateMonitor, 
                IDeviceMonitor allocationMonitor)

RemoteAndroidDevice作成します。

パラメーター
device IDevice :関連するIDevice

stateMonitor IDeviceStateMonitor :使用するIDeviceStateMonitorメカニズム

allocationMonitor IDeviceMonitor :割り当て状態の変更を通知するIDeviceMonitor

パブリックメソッド

adbTcpConnect

public boolean adbTcpConnect (String host, 
                String port)

特定のTCP IP Androidデバイスにadb接続するヘルパーメソッド

パラメーター
host String :tcp / ip Androidデバイスのホスト名/ ip

port String :tcp / ipデバイスのポート番号

戻り値
boolean デバイスへの接続に成功した場合はtrue、それ以外の場合はfalse。

adbTcpDisconnect

public boolean adbTcpDisconnect (String host, 
                String port)

特定のtcp ip Androidデバイスからadbを切断するヘルパーメソッド

パラメーター
host String :tcp / ip Androidデバイスのホスト名/ ip

port String :tcp / ipデバイスのポート番号

戻り値
boolean デバイスへの接続が成功した場合はtrue、それ以外の場合はfalse。

checkSerialFormatValid

public static boolean checkSerialFormatValid (String serialString)

シリアルのフォーマットが期待どおりかどうかを確認します :港

パラメーター
serialString String

戻り値
boolean フォーマットが有効な場合はtrue、そうでない場合はfalse。

getHostName

public String getHostName ()

デバイスに関連付けられているホスト名を返します。シリアルから抽出。

戻り値
String

getMacAddress

public String getMacAddress ()

デバイスのMACアドレスを返します。デバイスからのクエリに失敗した場合はnullを返します。

戻り値
String

getPortNum

public String getPortNum ()

デバイスに関連付けられたポート番号を返します。シリアルから抽出。

戻り値
String

isEncryptionSupported

public boolean isEncryptionSupported ()

デバイスで暗号化がサポートされているかどうかを返します。

戻り値
boolean デバイスが暗号化をサポートしている場合はtrue

postAdbRootAction

public void postAdbRootAction ()

デバイスがadb rootの後、デバイスがオンラインに戻る前に特定のアクションを実行する必要がある場合はオーバーライドします。デフォルトの実装には、追加アクションは含まれていません。この段階でadb rootが有効になっているとは限りません。

投げる
DeviceNotAvailableException

postAdbUnrootAction

public void postAdbUnrootAction ()

デバイスがadb unroot後、デバイスがオンラインに戻る前に特定のアクションを実行する必要がある場合はオーバーライドします。デフォルトの実装には、追加のアクションは含まれていません。この段階では、adb rootが無効になっているとは限りません。

投げる
DeviceNotAvailableException

postInvocationTearDown

public void postInvocationTearDown ()

呼び出しの完了後に実行される、デバイス固有の必要なクリーンアップのための追加の手順。

recoverDevice

public void recoverDevice ()

デバイス通信の回復を試みます。

投げる
DeviceNotAvailableException

setAdbLogFile

public void setAdbLogFile (File adbLogFile)

デバッグのためにすべてのadb接続ログを保存できるレシーバーファイルを提供します。

パラメーター
adbLogFile File

waitForAdbConnect

public void waitForAdbConnect (long waitTime)

adb接続が有効になっているかどうかを確認します。

パラメーター
waitTime long

投げる
DeviceNotAvailableException

保護されたメソッド

postAdbReboot

protected void postAdbReboot ()

再起動後に実行できる可能な追加のアクション。

投げる
DeviceNotAvailableException