Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る

RemoteAndroidVirtualDevice

public class RemoteAndroidVirtualDevice
extends RemoteAndroidDevice implements ITestLoggerReceiver

java.lang.Object
com.android.tradefed.device.NativeDevice
com.android.tradefed.device.TestDevice
com.android.tradefed.device.RemoteAndroidDevice
com.android.tradefed.device.cloud.RemoteAndroidVirtualDevice


拡張RemoteAndroidDevice GoogleのCompute Engineの(GCE)で実行されているフルスタックのAndroidデバイスのための行動を。デバイスのシリアルが次の形式になると想定します adbで。

概要

パブリックコンストラクター

RemoteAndroidVirtualDevice (IDevice device, IDeviceStateMonitor stateMonitor, IDeviceMonitor allocationMonitor)

作成RemoteAndroidVirtualDevice

パブリックメソッド

GceAvdInfo getAvdInfo ()

戻り値GceAvdInfo作成されたリモートVMから。

DeviceDescriptor getDeviceDescriptor ()

getTombstones ()

カトルフィッシュには、墓石をリモートホストに持ってきて直接入手できる特別な機能があります。

void postBootSetup ()

{@inherit}

void postInvocationTearDown (Throwable exception)

boolean powerwashGce ()

GCEインスタンスのパワーウォッシュを試みます

void preInvocationSetup (IBuildInfo info, MultiMap<String, String> attributes)

void recoverDevice ()

デバイス通信の回復を試みます。

void setGceSshMonitor ( GceSshTunnelMonitor gceSshMonitor)

内部オーバーライドGceSshTunnelMonitorデバイスのを。

void setTestLogger (ITestLogger testLogger)

保護されたメソッド

void doAdbReboot ( NativeDevice.RebootMode rebootMode, String reason)

adbの再起動を実行します。

long getCurrentTime ()

現在のシステム時刻を返します。

GceSshTunnelMonitor getGceSshMonitor ()

返しGceSshTunnelMonitorデバイスのを。

void launchGce (IBuildInfo buildInfo, MultiMap<String, String> attributes)

ビルド情報に基づいて実際のgceデバイスを起動します。

void waitForTunnelOnline (long waitTime)

トンネルモニターが実行されているかどうかを確認します。

パブリックコンストラクター

RemoteAndroidVirtualDevice

public RemoteAndroidVirtualDevice (IDevice device, 
                IDeviceStateMonitor stateMonitor, 
                IDeviceMonitor allocationMonitor)

作成RemoteAndroidVirtualDevice

パラメーター
device IDevice :関連するIDevice

stateMonitor IDeviceStateMonitorIDeviceStateMonitor使用するメカ

allocationMonitor IDeviceMonitorIDeviceMonitor割り当て状態の変化を通知します。

パブリックメソッド

getAvdInfo

public GceAvdInfo getAvdInfo ()

戻り値GceAvdInfo作成されたリモートVMから。起動が成功しなかった場合はnullを返します。

戻り値
GceAvdInfo

getDeviceDescriptor

public DeviceDescriptor getDeviceDescriptor ()

戻り値
DeviceDescriptor

getTombstones

public  getTombstones ()

カトルフィッシュには、墓石をリモートホストに持ってきて直接入手できる特別な機能があります。

戻り値

投げる
DeviceNotAvailableException

postBootSetup

public void postBootSetup ()

{@inherit}

投げる
DeviceNotAvailableException

postInvocationTearDown

public void postInvocationTearDown (Throwable exception)

パラメーター
exception Throwable

powerwashGce

public boolean powerwashGce ()

GCEインスタンスのパワーウォッシュを試みます

戻り値
boolean powerwash Gceが成功した場合、trueを返します。

投げる
com.android.tradefed.targetprep.TargetSetupError
DeviceNotAvailableException
TargetSetupError

preInvocationSetup

public void preInvocationSetup (IBuildInfo info, 
                MultiMap<String, String> attributes)

パラメーター
info IBuildInfo

attributes MultiMap

投げる
DeviceNotAvailableException
TargetSetupError

RecoverDevice

public void recoverDevice ()

デバイス通信の回復を試みます。

投げる
DeviceNotAvailableException

setGceSshMonitor

public void setGceSshMonitor (GceSshTunnelMonitor gceSshMonitor)

内部オーバーライドGceSshTunnelMonitorデバイスのを。

パラメーター
gceSshMonitor GceSshTunnelMonitor

setTestLogger

public void setTestLogger (ITestLogger testLogger)

パラメーター
testLogger ITestLogger

保護されたメソッド

doAdbReboot

protected void doAdbReboot (NativeDevice.RebootMode rebootMode, 
                String reason)

adbの再起動を実行します。

パラメーター
rebootMode NativeDevice.RebootMode :このリブートのモード。

reason String :この再起動のために。

投げる
DeviceNotAvailableException

getCurrentTime

protected long getCurrentTime ()

現在のシステム時刻を返します。テストのために公開されました。

戻り値
long

getGceSshMonitor

protected GceSshTunnelMonitor getGceSshMonitor ()

返しGceSshTunnelMonitorデバイスのを。テストのために公開されました。

戻り値
GceSshTunnelMonitor

launchGce

protected void launchGce (IBuildInfo buildInfo, 
                MultiMap<String, String> attributes)

ビルド情報に基づいて実際のgceデバイスを起動します。

パラメーター
buildInfo IBuildInfo

attributes MultiMap

投げる
TargetSetupError

waitForTunnelOnline

protected void waitForTunnelOnline (long waitTime)

トンネルモニターが実行されているかどうかを確認します。

パラメーター
waitTime long

投げる
DeviceNotAvailableException