Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る
このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

StatsdGenericPostProcessor

public class StatsdGenericPostProcessor
extends BasePostProcessor

java.lang.Object
com.android.tradefed.postprocessor.BasePostProcessor
com.android.tradefed.postprocessor.StatsdGenericPostProcessor


レポートをツリー構造として展開することにより、バイナリproto statsdレポートをキーと値のペアに処理するポストプロセッサ。

このプロセッサは、発生するメトリックレポートのタイプに依存しません。また、statsdレポートを取得して読み取るための共通コードを含めることにより、他のstatsdポストプロセッサの基本クラスとしても機能します。

概要

パブリックコンストラクター

StatsdGenericPostProcessor ()

パブリックメソッド

processRunMetricsAndLogs ( rawMetrics, runLogs) processRunMetricsAndLogs ( rawMetrics, runLogs) processRunMetricsAndLogs ( rawMetrics, runLogs)

このメソッドを実装して、既存のメトリックとログから新しいメトリックのセットを生成します。

processTestMetricsAndLogs (TestDescription testDescription, testMetrics, testLogs) processTestMetricsAndLogs (TestDescription testDescription, testMetrics, testLogs) processTestMetricsAndLogs (TestDescription testDescription, testMetrics, testLogs)

このメソッドを実装して、各テストのプロセスメトリックとログをポストします。

保護されたメソッド

convertProtoMessage (Message reportMessage)

メトリックになる一連のキーと値のペアにプロトメッセージをフラット化します。

parseMetricsFromReportList (StatsLog.ConfigMetricsReportList reportList)

statsdレポートプロトから読み取ったConfigMetricsReportListからメトリックを解析します。

パブリックコンストラクター

StatsdGenericPostProcessor

public StatsdGenericPostProcessor ()

パブリックメソッド

processRunMetricsAndLogs

public  processRunMetricsAndLogs ( rawMetrics, 
                 runLogs)

このメソッドを実装して、既存のメトリックとログから新しいメトリックのセットを生成します。新しく生成されたメトリックのみが返され、一意のキー名が付けられます(既存のキーとの衝突は許可されません)。

パラメーター
rawMetrics :実行に使用できる生のメトリックのセット。

runLogs :テスト実行のログファイルのセット。

戻り値
実行メトリックから新しく生成されたメトリックのセット。

processTestMetricsAndLogs

public  processTestMetricsAndLogs (TestDescription testDescription, 
                 testMetrics, 
                 testLogs)

このメソッドを実装して、各テストのプロセスメトリックとログをポストします。新しく生成されたメトリックのみが返され、一意のキー名が付けられます(既存のキーとの衝突は許可されません)。

パラメーター
testDescription TestDescription :テストを説明するTestDescriptionオブジェクト。

testMetrics :テストからのメトリックのセット。

testLogs :テスト中にログに記録されたファイルのセット。

戻り値
テスト指標から新しく生成された指標のセット。

保護されたメソッド

convertProtoMessage

protected  convertProtoMessage (Message reportMessage)

メトリックになる一連のキーと値のペアにプロトメッセージをフラット化します。

メッセージをツリーとして扱い、ルートからメッセージ以外の値への連結パスをキーとして使用しますが、メッセージ以外の値はメトリック値になります。繰り返しフィールドのノードは、最初の要素の後のすべての要素に1から始まるインデックス番号が追加されることで区別されます。最初の要素は追加されません。ほとんどの場合、リストフィールドには1つの要素しかなく、そのまま表示する方が読みやすいからです。

TODO(b / 140432161):必要に応じて、これをユーティリティに分離します。

パラメーター
reportMessage Message

戻り値

parseMetricsFromReportList

protected  parseMetricsFromReportList (StatsLog.ConfigMetricsReportList reportList)

statsdレポートプロトから読み取ったConfigMetricsReportListからメトリックを解析します。

これは、このstatsdポストプロセッサのサブクラスのメインインターフェイスです。

パラメーター
reportList StatsLog.ConfigMetricsReportList

戻り値