Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る

BasePostProcessor

public abstract class BasePostProcessor
extends Object implements IPostProcessor

java.lang.Object
com.android.tradefed.postprocessor.BasePostProcessor


ベースIPostProcessorすべての実装が拡張する必要があること。最終結果レポーターの前に、後処理メソッドが呼び出されていることを確認してください。

概要

パブリックコンストラクター

BasePostProcessor ()

パブリックメソッド

final ITestInvocationListener init (ITestInvocationListener listener)

ポストプロセッサの初期化ステップ。

final void invocationEnded (long elapsedTime)
final void invocationFailed (FailureDescription failure)
final void invocationFailed (Throwable cause)
final void invocationStarted (IInvocationContext context)

転送用の呼び出しリスナー

final boolean isDisabled ()

オブジェクト全体が無効になっている場合はTrueを返します(セットアップとティアダウンの両方をスキップします)。

final void logAssociation (String dataName, LogFile logFile)

ログとテストの関連付けを更新します。

processAllTestMetricsAndLogs (ListMultimap<String, MetricMeasurement.Metric> allTestMetrics, allTestLogs) processAllTestMetricsAndLogs (ListMultimap<String, MetricMeasurement.Metric> allTestMetrics, allTestLogs)

このメソッドを実装して、すべてのテストにわたってメトリックとログを集約します。

abstract processRunMetricsAndLogs ( rawMetrics, runLogs) processRunMetricsAndLogs ( rawMetrics, runLogs) processRunMetricsAndLogs ( rawMetrics, runLogs)

このメソッドを実装して、既存のメトリックとログから一連の新しいメトリックを生成します。

processTestMetricsAndLogs (TestDescription testDescription, testMetrics, testLogs) processTestMetricsAndLogs (TestDescription testDescription, testMetrics, testLogs) processTestMetricsAndLogs (TestDescription testDescription, testMetrics, testLogs)

このメソッドを実装して、各テストからのプロセスメトリックとログをポストします。

final void setLogSaver (ILogSaver logSaver)
final void testAssumptionFailure (TestDescription test, String trace)
final void testAssumptionFailure (TestDescription test, FailureDescription failure)
final void testEnded (TestDescription test, long endTime, testMetrics) testEnded (TestDescription test, long endTime, testMetrics)
final void testEnded (TestDescription test, testMetrics) testEnded (TestDescription test, testMetrics)
final void testFailed (TestDescription test, FailureDescription failure)
final void testFailed (TestDescription test, String trace)
final void testIgnored (TestDescription test)
final void testLog (String dataName, LogDataType dataType, InputStreamSource dataStream)

このメソッドを使用して、PostProcessor実装からファイルをログに記録します。

final void testLogSaved (String dataName, LogDataType dataType, InputStreamSource dataStream, LogFile logFile)
final void testModuleEnded ()
final void testModuleStarted (IInvocationContext moduleContext)
final void testRunEnded (long elapsedTime, runMetrics) testRunEnded (long elapsedTime, runMetrics)
final void testRunFailed (FailureDescription failure)
final void testRunFailed (String errorMessage)
final void testRunStarted (String runName, int testCount, int attemptNumber)
final void testRunStarted (String runName, int testCount)

テスト実行コールバック

final void testRunStopped (long elapsedTime)
final void testStarted (TestDescription test, long startTime)
final void testStarted (TestDescription test)

テストケースのコールバック

保護されたメソッド

MetricMeasurement.DataType getMetricType ()

必要に応じて、このメソッドをオーバーライドしてメトリックタイプを変更します。

String getRunName ()

パブリックコンストラクター

BasePostProcessor

public BasePostProcessor ()

パブリックメソッド

初期化

public final ITestInvocationListener init (ITestInvocationListener listener)

ポストプロセッサの初期化ステップ。テストコールバックの前に呼び出されることが保証されています。

パラメーター
listener ITestInvocationListener

戻り値
ITestInvocationListener

invocationEnded

public final void invocationEnded (long elapsedTime)

パラメーター
elapsedTime long

invocationFailed

public final void invocationFailed (FailureDescription failure)

パラメーター
failure FailureDescription

invocationFailed

public final void invocationFailed (Throwable cause)

パラメーター
cause Throwable

invocationStarted

public final void invocationStarted (IInvocationContext context)

転送用の呼び出しリスナー

パラメーター
context IInvocationContext

無効になっています

public final boolean isDisabled ()

オブジェクト全体が無効になっている場合はTrueを返します(セットアップとティアダウンの両方をスキップします)。それ以外の場合はFalse。

戻り値
boolean

logAssociation

public final void logAssociation (String dataName, 
                LogFile logFile)

ログとテストの関連付けを更新します。テスト中にこのメソッドが呼び出された場合、ログはテストに属します。それ以外の場合は、実行ログになります。

パラメーター
dataName String

logFile LogFile

processAllTestMetricsAndLogs

public  processAllTestMetricsAndLogs (ListMultimap<String, MetricMeasurement.Metric> allTestMetrics, 
                 allTestLogs)

このメソッドを実装して、すべてのテストにわたってメトリックとログを集約します。このメソッドから出力されるメトリックは、実行メトリックとしてレポーターになります。新しく生成されたメトリックのみが返され、一意のキー名が付けられます(既存のキーとの衝突は許可されません)。

パラメーター
allTestMetrics ListMultimap :A HashMultimapメトリック名でグループ化された各試験からのメトリックを格納します。

allTestLogs :Aは、各テストの使用して、そのデータ名をキーとログファイルの各テストのマップを保存するマップTestDescriptionキーとして。

戻り値
すべてのテストメトリクスから新しく生成されたメトリクスのセット。

processRunMetricsAndLogs

public abstract  processRunMetricsAndLogs ( rawMetrics, 
                 runLogs)

このメソッドを実装して、既存のメトリックとログから一連の新しいメトリックを生成します。新しく生成されたメトリックのみが返され、一意のキー名が付けられます(既存のキーとの衝突は許可されません)。

パラメーター
rawMetrics :実行に使用できる生のメトリックのセット。

runLogs :テスト実行用のログファイルのセット。

戻り値
実行メトリックから新しく生成されたメトリックのセット。

processTestMetricsAndLogs

public  processTestMetricsAndLogs (TestDescription testDescription, 
                 testMetrics, 
                 testLogs)

このメソッドを実装して、各テストからのプロセスメトリックとログをポストします。新しく生成されたメトリックのみが返され、一意のキー名が付けられます(既存のキーとの衝突は許可されません)。

パラメーター
testDescription TestDescription :テストを記述するTestDescriptionオブジェクト。

testMetrics :テストからのメトリックのセット。

testLogs :テスト中にログに記録されたファイルのセット。

戻り値
テストメトリクスから新しく生成されたメトリクスのセット。

setLogSaver

public final void setLogSaver (ILogSaver logSaver)

パラメーター
logSaver ILogSaver

testAssumptionFailure

public final void testAssumptionFailure (TestDescription test, 
                String trace)

パラメーター
test TestDescription

trace String

testAssumptionFailure

public final void testAssumptionFailure (TestDescription test, 
                FailureDescription failure)

パラメーター
test TestDescription

failure FailureDescription

testEnded

public final void testEnded (TestDescription test, 
                long endTime, 
                 testMetrics)

パラメーター
test TestDescription

endTime long

testMetrics

testEnded

public final void testEnded (TestDescription test, 
                 testMetrics)

パラメーター
test TestDescription

testMetrics

testFailed

public final void testFailed (TestDescription test, 
                FailureDescription failure)

パラメーター
test TestDescription

failure FailureDescription

testFailed

public final void testFailed (TestDescription test, 
                String trace)

パラメーター
test TestDescription

trace String

testIgnored

public final void testIgnored (TestDescription test)

パラメーター
test TestDescription

testLog

public final void testLog (String dataName, 
                LogDataType dataType, 
                InputStreamSource dataStream)

このメソッドを使用して、PostProcessor実装からファイルをログに記録します。

パラメーター
dataName String

dataType LogDataType

dataStream InputStreamSource

testLogSaved

public final void testLogSaved (String dataName, 
                LogDataType dataType, 
                InputStreamSource dataStream, 
                LogFile logFile)

パラメーター
dataName String

dataType LogDataType

dataStream InputStreamSource

logFile LogFile

testModuleEnded

public final void testModuleEnded ()

testModuleStarted

public final void testModuleStarted (IInvocationContext moduleContext)

パラメーター
moduleContext IInvocationContext

testRunEnded

public final void testRunEnded (long elapsedTime, 
                 runMetrics)

パラメーター
elapsedTime long

runMetrics

testRunFailed

public final void testRunFailed (FailureDescription failure)

パラメーター
failure FailureDescription

testRunFailed

public final void testRunFailed (String errorMessage)

パラメーター
errorMessage String

testRunStarted

public final void testRunStarted (String runName, 
                int testCount, 
                int attemptNumber)

パラメーター
runName String

testCount int

attemptNumber int

testRunStarted

public final void testRunStarted (String runName, 
                int testCount)

テスト実行コールバック

パラメーター
runName String

testCount int

testRunStopped

public final void testRunStopped (long elapsedTime)

パラメーター
elapsedTime long

testStarted

public final void testStarted (TestDescription test, 
                long startTime)

パラメーター
test TestDescription

startTime long

testStarted

public final void testStarted (TestDescription test)

テストケースのコールバック

パラメーター
test TestDescription

保護されたメソッド

getMetricType

protected MetricMeasurement.DataType getMetricType ()

必要に応じて、このメソッドをオーバーライドしてメトリックタイプを変更します。デフォルトでは、メトリックは処理済みタイプに設定されています。

戻り値
MetricMeasurement.DataType

getRunName

protected String getRunName ()

戻り値
String