Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る
このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

FileSystemLogSaver

public class FileSystemLogSaver
extends Object implements ILogSaver

java.lang.Object上位
com.android.tradefed.result.FileSystemLogSaver


保存ファイルシステムにログインします。

概要

publicコンストラクタ

FileSystemLogSaver ()

パブリック・メソッド

LogFile getLogReportDir ()

取得LogFileのログが保存されているディレクトリのパスおよび/またはURLを含むを。

void invocationEnded (long elapsedTime)

呼び出しが成功したか、何らかのエラー条件が原因かどうか、終了したことを報告。

void invocationStarted ( IInvocationContext context)

テストの呼び出しの開始を報告します。

また、下のユニークなファイルシステムディレクトリを作成してreport-dir/[branch/]build-id/test-tag/unique_dirログを保存します。

LogFile saveLogData (String dataName, LogDataType dataType, InputStream dataStream)

ログデータを保存します。

場合は、ログファイルを圧縮して保存しますLogDataType#isCompressed()のために偽を返すdataTypeし、 compressed-filesセット、それ以外の場合は、ストリームが非圧縮保存されますです。

LogFile saveLogDataRaw (String dataName, LogDataType dataType, InputStream dataStream)

ログデータを保存するためのヘルパーメソッドは、修飾されていません。

publicコンストラクタ

FileSystemLogSaver

public FileSystemLogSaver ()

パブリック・メソッド

getLogReportDir

public LogFile getLogReportDir ()

取得LogFileのログが保存されているディレクトリのパスおよび/またはURLを含むを。

戻り値
LogFile LogFile

invocationEnded

public void invocationEnded (long elapsedTime)

呼び出しが成功したか、何らかのエラー条件が原因かどうか、終了したことを報告。

後に自動的にTradeFederationフレームワークによって呼び出されますITestInvocationListener#invocationEnded(long)と呼ばれています。

パラメーター
elapsedTime long :ミリ秒で呼び出しの経過時間

invocationStarted

public void invocationStarted ( IInvocationContext context)

テストの呼び出しの開始を報告します。

前に自動的にTradeFederationフレームワークによって呼び出されますITestInvocationListener#invocationStarted(IInvocationContext)と呼ばれています。

また、下のユニークなファイルシステムディレクトリを作成してreport-dir/[branch/]build-id/test-tag/unique_dirログを保存します。ディレクトリの作成に失敗した場合は、ローカルファイルシステム上の一時ディレクトリにログを書き込みます。

パラメーター
context IInvocationContext :呼び出しに関する情報。

saveLogData

public LogFile saveLogData (String dataName, 
                LogDataType dataType, 
                InputStream dataStream)

ログデータを保存します。

自動的たびTradeFederationフレームワークによって呼び出されますITestInvocationListener#testLog(String, LogDataType, InputStreamSource)と呼ばれています。また、追加のログデータを保存するためのヘルパーメソッドとして使用することができます。

実装とポリシーに応じて、ログが圧縮形式で保存することができます。ログもTradefedにinaccessable場所に格納することができます。

場合は、ログファイルを圧縮して保存しますLogDataType#isCompressed()のために偽を返すdataTypeし、 compressed-filesセット、それ以外の場合は、ストリームが非圧縮保存されますです。

パラメーター
dataName StringStringデータのわかりやすい名前。例えば「device_logcat」

dataType LogDataTypeLogDataTypeファイルの。

dataStream InputStreamERROR(/InputStream)のデータ。

戻り値
LogFile LogFile保存されたファイルのパスとURLを含みます。

saveLogDataRaw

public LogFile saveLogDataRaw (String dataName, 
                LogDataType dataType, 
                InputStream dataStream)

ログデータを保存するためのヘルパーメソッドは、修飾されていません。

ログはTradefedにアクセスできない場所に格納することができます。

パラメーター
dataName StringStringデータのわかりやすい名前。例えば ​​"device_logcat"。

dataType LogDataTypeLogDataTypeタイプと、ファイルの拡張子を含みます

dataStream InputStreamERROR(/InputStream)のデータ。

戻り値
LogFile LogFile保存されたファイルのパスとURLを含みます。