Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る
このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

ILogSaver

public interface ILogSaver

com.android.tradefed.result.ILogSaver


このインターフェイスを実装するクラスは、ログを中央の場所に保存するためのメソッドを提供します。

ILogSaverは構成で宣言され、中央の場所にログを保存する役割を果たします。また、メソッドを公開するため、 ILogSaverListenerは追加のファイルを同じ場所に保存できます。

概要

パブリックメソッド

abstract LogFile getLogReportDir ()

ログが保存されているディレクトリのパスやURLを含むLogFileを取得します。

abstract void invocationEnded (long elapsedTime)

正常に、または何らかのエラー状態が原因で、呼び出しが終了したことを報告します。

abstract void invocationStarted (IInvocationContext context)

テスト呼び出しの開始を報告します。

abstract LogFile saveLogData (String dataName, LogDataType dataType, InputStream dataStream)

ログデータを保存します。

abstract LogFile saveLogDataRaw (String dataName, LogDataType type, InputStream dataStream)

ログデータを変更せずに保存するヘルパーメソッド。

パブリックメソッド

getLogReportDir

public abstract LogFile getLogReportDir ()

ログが保存されているディレクトリのパスやURLを含むLogFileを取得します。

戻り値
LogFile LogFile

invocationEnded

public abstract void invocationEnded (long elapsedTime)

正常に、または何らかのエラー状態が原因で、呼び出しが終了したことを報告します。

ITestInvocationListener#invocationEnded(long)が呼び出された後、TradeFederationフレームワークによって自動的に呼び出されITestInvocationListener#invocationEnded(long)

パラメーター
elapsedTime long :呼び出しの経過時間(ミリ秒)

invocationStarted

public abstract void invocationStarted (IInvocationContext context)

テスト呼び出しの開始を報告します。

ITestInvocationListener#invocationStarted(IInvocationContext)が呼び出される前に、TradeFederationフレームワークによって自動的に呼び出されITestInvocationListener#invocationStarted(IInvocationContext)

パラメーター
context IInvocationContext :呼び出しに関する情報。

saveLogData

public abstract LogFile saveLogData (String dataName, 
                LogDataType dataType, 
                InputStream dataStream)

ログデータを保存します。

ITestInvocationListener#testLog(String, LogDataType, InputStreamSource)が呼び出されるたびに、TradeFederationフレームワークによって自動的に呼び出されます。また、追加のログデータを保存するためのヘルパーメソッドとして使用することもできます。

実装とポリシーによっては、ログが圧縮された形式で保存される場合があります。ログは、Tradefedがアクセスできない場所に保存することもできます。

パラメーター
dataName String :データのString説明する名前。例:「device_logcat」

dataType LogDataType :ファイルのLogDataType

dataStream InputStream :データのERROR(/InputStream)

戻り値
LogFile保存されたファイルのパスとURLを含むLogFile

投げる
ログファイルを生成できなかった場合

saveLogDataRaw

public abstract LogFile saveLogDataRaw (String dataName, 
                LogDataType type, 
                InputStream dataStream)

ログデータを変更せずに保存するヘルパーメソッド。

ログは、Tradefedがアクセスできない場所に保存される場合があります。

パラメーター
dataName String :データのString説明する名前。例:「device_logcat」。

type LogDataType :ファイルのタイプと拡張子を含むLogDataType

dataStream InputStream :データのERROR(/InputStream)

戻り値
LogFile保存されたファイルのパスとURLを含むLogFile

投げる
ログファイルを生成できなかった場合