Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る
このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

JUnitToInvocationResultForwarder

public class JUnitToInvocationResultForwarder
extends Object implements TestListener

java.lang.Object
com.android.tradefed.result.JUnitToInvocationResultForwarder


TestListenerイベントをリッスンし、それらをITestInvocationListener転送するITestInvocationListener

概要

パブリックコンストラクター

JUnitToInvocationResultForwarder ( ITestInvocationListener invocationListener)
JUnitToInvocationResultForwarder ( invocationListeners) JUnitToInvocationResultForwarder ( invocationListeners)

パブリックメソッド

void addError (Test test, Throwable t)

void addFailure (Test test, AssertionFailedError t)

void endTest (Test test, metrics) endTest (Test test, metrics)

メトリックを転送できるJUnit3テストからのコールバック。

void endTest (Test test)

void startTest (Test test)

void testLog (String dataName, LogDataType dataType, InputStreamSource dataStream)

テストからログを取得するためのJUnit3フォワーダーからのコールバック。

パブリックコンストラクター

JUnitToInvocationResultForwarder

public JUnitToInvocationResultForwarder ( ITestInvocationListener invocationListener)

パラメーター
invocationListener ITestInvocationListener

JUnitToInvocationResultForwarder

public JUnitToInvocationResultForwarder ( invocationListeners)

パラメーター
invocationListeners

パブリックメソッド

addError

public void addError (Test test, 
                Throwable t)

パラメーター
test Test

t Throwable

addFailure

public void addFailure (Test test, 
                AssertionFailedError t)

パラメーター
test Test

t AssertionFailedError

endTest

public void endTest (Test test, 
                 metrics)

メトリックを転送できるJUnit3テストからのコールバック。

パラメーター
test Test :実行が終了したばかりのTest

metrics :結果のコールバックに渡されるマップ形式のメトリック。

endTest

public void endTest (Test test)

パラメーター
test Test

startTest

public void startTest (Test test)

パラメーター
test Test

testLog

public void testLog (String dataName, 
                LogDataType dataType, 
                InputStreamSource dataStream)

テストからログを取得するためのJUnit3フォワーダーからのコールバック。

パラメーター
dataName String :データを説明するStringの名前。例:「device_logcat」。 dataNameは呼び出しごとに一意ではない場合があることに注意してください。つまり、実装者は同じdataNameで複数の呼び出しを処理できる必要があります

dataType LogDataType :データのLogDataType

dataStream InputStreamSource :データのInputStreamSource。実装者はcreateInputStreamを呼び出してデータの読み取りを開始し、完了時に結果のInputStreamを確実に閉じる必要があります。呼び出し元は、testLogメソッドが完了するまで、データのソースが存在し、アクセス可能であることを確認する必要があります。