Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る
このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

ISandbox

public interface ISandbox

com.android.tradefed.sandbox.ISandbox


呼び出しの実行に使用できるサンドボックスを定義するインターフェース。

概要

パブリックメソッド

abstract String createClasspath (File workingDir)

getTradefedSandboxEnvironment(com.android.tradefed.invoker.IInvocationContext, com.android.tradefed.config.IConfiguration, String[])によって返される環境と作業ディレクトリに基づいてクラスパスを作成します。

abstract IConfiguration createThinLauncherConfig (String[] args, IKeyStoreClient keyStoreClient, IRunUtil runUtil, File globalConfig)

メイン実行から切断された特別モード:構成が親に存在しないように見える場合、シンランチャーにフォールバックし、現在既知の情報でサンドボックスをセットアップし、作業ディレクトリを埋めて、バージョン管理されたディレクトリに構成を完全に作成しようとします。 。

abstract File getTradefedSandboxEnvironment (IInvocationContext context, IConfiguration nonVersionedConfig, String[] args)

コマンドライン引数に基づいて使用するサンドボックス環境TFを返します。

abstract Exception prepareEnvironment (IInvocationContext context, IConfiguration configuration, ITestInvocationListener listener)

サンドボックスが正しく実行されるように環境を準備します。

abstract CommandResult run ( IConfiguration configuration, ITestLogger logger)

設定した環境でサンドボックスを実行します。

abstract void tearDown ()

変更された可能性のある状態、ファイル、または環境をクリーンアップします。

パブリックメソッド

createClasspath

public abstract String createClasspath (File workingDir)

getTradefedSandboxEnvironment(com.android.tradefed.invoker.IInvocationContext, com.android.tradefed.config.IConfiguration, String[])によって返される環境と作業ディレクトリに基づいてクラスパスを作成します。

パラメーター
workingDir File :サンドボックスの現在の作業ディレクトリ。

戻り値
String使用するクラスパス。

投げる
ConfigurationException

createThinLauncherConfig

public abstract IConfiguration createThinLauncherConfig (String[] args, 
                IKeyStoreClient keyStoreClient, 
                IRunUtil runUtil, 
                File globalConfig)

メイン実行から切断された特別モード:構成が親に存在しないように見える場合、シンランチャーにフォールバックし、現在既知の情報でサンドボックスをセットアップし、作業ディレクトリを埋めて、バージョン管理されたディレクトリに構成を完全に作成しようとします。 。

パラメーター
args String :元のコマンドライン引数。

keyStoreClient IKeyStoreClient :構成の作成に使用する現在のキーストアクライアント。

runUtil IRunUtil :ホストコマンドを実行するための現在のIRunUtil

globalConfig File :TFのサブプロセスを実行するために使用するグローバル構成。

戻り値
IConfiguration NON_VERSIONEDオブジェクトのTFの構成XMLを指すファイル。シンランチャー構成を作成できなかった場合はnullを返します。

getTradefedSandboxEnvironment

public abstract File getTradefedSandboxEnvironment (IInvocationContext context, 
                IConfiguration nonVersionedConfig, 
                String[] args)

コマンドライン引数に基づいて使用するサンドボックス環境TFを返します。

パラメーター
context IInvocationContext :親のIInvocationContext

nonVersionedConfig IConfiguration :バージョン管理されていないオブジェクトを表すIConfiguration

args String :コマンドライン引数。

戻り値
File TFサンドボックス環境jarを含むERROR(/File)ディレクトリ。

prepareEnvironment

public abstract Exception prepareEnvironment (IInvocationContext context, 
                IConfiguration configuration, 
                ITestInvocationListener listener)

サンドボックスが正しく実行されるように環境を準備します。

パラメーター
context IInvocationContext :現在の呼び出しIInvocationContext

configuration IConfiguration :実行するコマンドのIConfiguration

listener ITestInvocationListener :最終結果をパイプする必要がある現在の呼び出しITestInvocationListener

戻り値
Exception失敗を含むException 。または成功した場合はNull。

実行

public abstract CommandResult run (IConfiguration configuration, 
                ITestLogger logger)

設定した環境でサンドボックスを実行します。

パラメーター
configuration IConfiguration :実行するコマンドのIConfiguration

logger ITestLogger :ファイルをログに記録できるITestLogger

戻り値
CommandResultサンドボックスの実行とログのステータスをCommandResult

取り壊す

public abstract void tearDown ()

変更された可能性のある状態、ファイル、または環境をクリーンアップします。