Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る
このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

SystemUpdaterDeviceFlasher

public class SystemUpdaterDeviceFlasher
extends Object implements IDeviceFlasher

java.lang.Object上位
com.android.tradefed.targetprep.SystemUpdaterDeviceFlasher


A IDeviceFlasher OTAアップデートパッケージにバンドルされたシステムイメージをインストールするには、システムのアップデータに依存しています。特に、この実装はのfastbootに依存していません。

概要

publicコンストラクタ

SystemUpdaterDeviceFlasher ()

パブリック・メソッド

void flash ( ITestDevice device, IDeviceBuildInfo deviceBuild)

点滅は、デバイス上に構築します。

この実装は、によって返されたデバイスのイメージファイル前提IDeviceBuildInfo#getDeviceImageFile() OTAアップデートジッパーです。

CommandStatus getSystemFlashingStatus ()

プライマリシステムパーティションを点滅するためのコマンドの実行状態を取得します。

IDeviceFlasher.UserDataFlashOption getUserDataFlashOption ()

ユーザデータイメージは、フラッシュ拭い、または保持されるべきかどうかを取得

void overrideDeviceOptions ( ITestDevice device)

デバイスのオプションをオーバーライドします。

void setDataWipeSkipList ( dataWipeSkipList) setDataWipeSkipList ( dataWipeSkipList)

セットの下のパスのリスト/data使用することは避けてくださいクリアにITestsZipInstaller

スキップリストの粒度はの直接の子であることに注意してください/data

void setFlashingResourcesRetriever ( IFlashingResourcesRetriever retriever)

フラッシャーが点滅用のリソースファイルを取得できるメカニズムを設定します。

void setForceSystemFlash (boolean forceSystemFlash)

現在のビルドを実行している場合でも、システムは常に点滅するかどうかを設定します

void setUserDataFlashOption ( IDeviceFlasher.UserDataFlashOption flashOption)

ユーザデータイメージは、フラッシュ拭い、または保持されるべきかどうかを切り替え

この実装はサポートされていIDeviceFlasher.UserDataFlashOption#TESTS_ZIPIDeviceFlasher.UserDataFlashOption#RETAIN有効なオプションとして、

void setWipeTimeout (long timeout)

データを拭くためにタイムアウトを設定します。

publicコンストラクタ

SystemUpdaterDeviceFlasher

public SystemUpdaterDeviceFlasher ()

パブリック・メソッド

閃光

public void flash ( ITestDevice device, 
                IDeviceBuildInfo deviceBuild)

点滅は、デバイス上に構築します。

すぐに点滅した後、戻り値は完了です。デバイスは、試験に進む前に、オンラインで使用可能であるために、発信者が待機しなければなりません。

この実装は、によって返されたデバイスのイメージファイル前提IDeviceBuildInfo#getDeviceImageFile() OTAアップデートジッパーです。これは、この解釈が成立しない状況で、このアップデータを使用するのは安全ではありません。

パラメーター
device ITestDeviceITestDeviceフラッシュへ

deviceBuild IDeviceBuildInfoIDeviceBuildInfoフラッシュへ

スロー
com.android.tradefed.device.DeviceNotAvailableException
TargetSetupError
DeviceNotAvailableException

getSystemFlashingStatus

public CommandStatus getSystemFlashingStatus ()

プライマリシステムパーティションを点滅するためのコマンドの実行状態を取得します。

コマンドステータスがかもしれシステムパーティションが点滅していない場合(システムがすでにビルドを持って点滅させる)ことに注意してくださいnull

戻り値
CommandStatus

getUserDataFlashOption

public IDeviceFlasher.UserDataFlashOption getUserDataFlashOption ()

ユーザデータイメージは、フラッシュ拭い、または保持されるべきかどうかを取得

戻り値
IDeviceFlasher.UserDataFlashOption ユーザデータの画像は、点滅拭い、または保持されるべきかどうか

overrideDeviceOptions

public void overrideDeviceOptions ( ITestDevice device)

デバイスのオプションをオーバーライドします。デフォルトでは、特定のデバイスでサポートされていない場合は、デフォルトのオプション値を上書きするために使用します。

setDataWipeSkipList

public void setDataWipeSkipList ( dataWipeSkipList)

セットの下のパスのリスト/data使用することは避けてくださいクリアにITestsZipInstaller

スキップリストの粒度はの直接の子であることに注意してください/data

パラメーター
dataWipeSkipList

setFlashingResourcesRetriever

public void setFlashingResourcesRetriever ( IFlashingResourcesRetriever retriever)

フラッシャーが点滅用のリソースファイルを取得できるメカニズムを設定します。

パラメーター
retriever IFlashingResourcesRetrieverIFlashingResourcesRetriever使用します

setForceSystemFlash

public void setForceSystemFlash (boolean forceSystemFlash)

現在のビルドを実行している場合でも、システムは常に点滅するかどうかを設定します

setUserDataFlashOption

public void setUserDataFlashOption ( IDeviceFlasher.UserDataFlashOption flashOption)

ユーザデータイメージは、フラッシュ拭い、または保持されるべきかどうかを切り替え

この実装はサポートされていIDeviceFlasher.UserDataFlashOption#TESTS_ZIPIDeviceFlasher.UserDataFlashOption#RETAIN有効なオプションとして、

setWipeTimeout

public void setWipeTimeout (long timeout)

データを拭くためにタイムアウトを設定します。

パラメーター
timeout long