Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る

IDeviceFlasher

public interface IDeviceFlasher

com.android.tradefed.targetprep.IDeviceFlasher


デバイス上のデバイスイメージを点滅させます。

概要

ネストされたクラス

enum IDeviceFlasher.UserDataFlashOption

ユーザーデータイメージを処理するためのオプションの列挙型

パブリックメソッド

abstract void flash (ITestDevice device, IDeviceBuildInfo deviceBuild)

フラッシュはデバイス上に構築されます。

abstract CommandStatus getSystemFlashingStatus ()

フラッシュするプライマリシステムパーティションのコマンド実行ステータスを取得します。

abstract IDeviceFlasher.UserDataFlashOption getUserDataFlashOption ()

ユーザーデータイメージをフラッシュするか、ワイプするか、保持するかを取得します

abstract void overrideDeviceOptions (ITestDevice device)

デバイスのオプションを上書きします。

abstract void setDataWipeSkipList ( dataWipeSkipList) setDataWipeSkipList ( dataWipeSkipList)

セットの下のパスのリスト/data使用することは避けてくださいクリアにITestsZipInstaller

スキップリストの粒度はの直接の子であることに注意してください/data

abstract void setFlashingResourcesRetriever ( IFlashingResourcesRetriever retriever)

フラッシャーがフラッシュ用のリソースファイルを取得できるメカニズムを設定します。

abstract void setForceSystemFlash (boolean forceSystemFlash)

現在のビルドを実行している場合でも、システムを常にフラッシュする必要があるかどうかを設定します

default void setRamdiskPartition (String ramdiskPartition)

ramdiskパーティションを設定します

default void setShouldFlashRamdisk (boolean shouldFlashRamdisk)

イメージzipを介してデバイスを更新した後、追加のRAMディスクをフラッシュする必要があるかどうかを設定します

abstract void setUserDataFlashOption ( IDeviceFlasher.UserDataFlashOption flashOption)

ユーザーデータイメージをフラッシュするか、ワイプするか、保持するかを切り替えます

abstract void setWipeTimeout (long timeout)

データを消去するためのタイムアウトを設定します。

default boolean shouldFlashRamdisk ()

イメージzipを介してデバイスを更新した後、追加のRAMディスクをフラッシュするようにフラッシャーが設定されているかどうかを確認します

default boolean supportsFlashingInFastbootD ()

フラッシャーを実装するデバイスをfastbootdモードでフラッシュできるかどうか。

パブリックメソッド

閃光

public abstract void flash (ITestDevice device, 
                IDeviceBuildInfo deviceBuild)

フラッシュはデバイス上に構築されます。

点滅が完了した直後に戻ります。発信者は、デバイスがオンラインになり、使用可能になるのを待ってから、テストを続行する必要があります。

パラメーター
device ITestDeviceITestDeviceフラッシュへ

deviceBuild IDeviceBuildInfoIDeviceBuildInfoフラッシュへ

投げる
TargetSetupErrorフラッシュビルドに失敗した場合
DeviceNotAvailableExceptionデバイスが応答しなくなった場合

getSystemFlashingStatus

public abstract CommandStatus getSystemFlashingStatus ()

フラッシュするプライマリシステムパーティションのコマンド実行ステータスを取得します。

コマンドステータスがかもしれシステムパーティションが点滅していない場合(システムがすでにビルドを持って点滅させる)ことに注意してくださいnull

戻り値
CommandStatus

getUserDataFlashOption

public abstract IDeviceFlasher.UserDataFlashOption getUserDataFlashOption ()

ユーザーデータイメージをフラッシュするか、ワイプするか、保持するかを取得します

戻り値
IDeviceFlasher.UserDataFlashOptionユーザーデータイメージをフラッシュ、ワイプ、または保持する必要があるかどうか

overrideDeviceOptions

public abstract void overrideDeviceOptions (ITestDevice device)

デバイスのオプションを上書きします。デフォルトが特定のデバイスでサポートされていない場合に、デフォルトのオプション値を上書きするために使用されます。

setDataWipeSkipList

public abstract void setDataWipeSkipList ( dataWipeSkipList)

セットの下のパスのリスト/data使用することは避けてくださいクリアにITestsZipInstaller

スキップリストの粒度はの直接の子であることに注意してください/data

パラメーター
dataWipeSkipList

setFlashingResourcesRetriever

public abstract void setFlashingResourcesRetriever (IFlashingResourcesRetriever retriever)

フラッシャーがフラッシュ用のリソースファイルを取得できるメカニズムを設定します。

パラメーター
retriever IFlashingResourcesRetrieverIFlashingResourcesRetriever使用します

setForceSystemFlash

public abstract void setForceSystemFlash (boolean forceSystemFlash)

現在のビルドを実行している場合でも、システムを常にフラッシュする必要があるかどうかを設定します

setRamdiskPartition

public void setRamdiskPartition (String ramdiskPartition)

ramdiskパーティションを設定します

setShouldFlashRamdisk

public void setShouldFlashRamdisk (boolean shouldFlashRamdisk)

イメージzipを介してデバイスを更新した後、追加のRAMディスクをフラッシュする必要があるかどうかを設定します

setUserDataFlashOption

public abstract void setUserDataFlashOption (IDeviceFlasher.UserDataFlashOption flashOption)

ユーザーデータイメージをフラッシュするか、ワイプするか、保持するかを切り替えます

setWipeTimeout

public abstract void setWipeTimeout (long timeout)

データを消去するためのタイムアウトを設定します。

パラメーター
timeout long

shouldFlashRamdisk

public boolean shouldFlashRamdisk ()

イメージzipを介してデバイスを更新した後、追加のRAMディスクをフラッシュするようにフラッシャーが設定されているかどうかを確認します

戻り値
boolean

FlashingInFastbootDをサポート

public boolean supportsFlashingInFastbootD ()

フラッシャーを実装するデバイスをfastbootdモードでフラッシュできるかどうか。

戻り値
boolean