Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る
このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

BaseMultiTargetPreparer

public abstract class BaseMultiTargetPreparer
extends Object implements IMultiTargetPreparer

java.lang.Object上位
com.android.tradefed.targetprep.multi.BaseMultiTargetPreparer


ベース実装IMultiTargetPreparerオブジェクトを無効化することを可能にします。

概要

publicコンストラクタ

BaseMultiTargetPreparer ()

パブリック・メソッド

final boolean isDisabled ()

trueを返しますオブジェクト全体が無効になっている場合(セットアップとティアダウンの両方をスキップします)。

final boolean isTearDownDisabled ()

ただティアダウンをスキップする必要がある場合にtrueを返します。

final void setDisable (boolean isDisabled)

オブジェクトは無効にすべきかどうかを設定します。

final void setDisableTearDown (boolean isDisabled)

オブジェクト内のティアダウンステップをスキップする必要があるかどうかを設定します。

publicコンストラクタ

BaseMultiTargetPreparer

public BaseMultiTargetPreparer ()

パブリック・メソッド

無効になっています

public final boolean isDisabled ()

trueを返しますオブジェクト全体が無効になっている場合(セットアップとティアダウンの両方をスキップします)。そうでない場合はfalse。

戻り値
boolean

isTearDownDisabled

public final boolean isTearDownDisabled ()

ただティアダウンをスキップする必要がある場合にtrueを返します。そうでない場合はfalse。

戻り値
boolean

setDisable

public final void setDisable (boolean isDisabled)

オブジェクトは無効にすべきかどうかを設定します。両方のセットアップとティアダウンのステップはスキップされるべきであると無効を意味します。デフォルトコンストラクタではデフォルトで無効になったオブジェクトを作るために使用することができます。

パラメーター
isDisabled boolean :オブジェクトが中に置かれるべき状態。

setDisableTearDown

public final void setDisableTearDown (boolean isDisabled)

オブジェクト内のティアダウンステップをスキップする必要があるかどうかを設定します。セットアップステップはまだ行われています。

パラメーター
isDisabled boolean :オブジェクトが中に置かれるべき状態。