Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る
このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

GoogleApiClientUtil

public class GoogleApiClientUtil
extends Object

java.lang.Object
com.android.tradefed.util.GoogleApiClientUtil


Google APIクライアントを作成するためのユーティリティ。

概要

田畑

public static final String APP_NAME

パブリックコンストラクター

GoogleApiClientUtil ()

パブリックメソッド

static HttpRequestInitializer configureRetryStrategy (HttpRequestInitializer initializer)

提供されたHttpRequestInitializerの再試行戦略をセットアップします。

static GoogleCredential createCredential ( scopes, File primaryKeyFile, String hostOptionKeyFileName, File... backupKeyFiles) createCredential ( scopes, File primaryKeyFile, String hostOptionKeyFileName, File... backupKeyFiles)

異なるキーファイルまたはローカルホストから認証情報を作成してみてください。

static GoogleCredential createCredentialFromJsonKeyFile (File file, scopes) createCredentialFromJsonKeyFile (File file, scopes)

jsonキーファイルから認証情報を作成します。

static GoogleCredential createCredentialFromP12File (String serviceAccount, File keyFile, scopes) createCredentialFromP12File (String serviceAccount, File keyFile, scopes)

このメソッドは非推奨です。 p12はGoogle App Engineで非推奨になっているため、jsonキーファイルを使用することをお勧めします。また、jsonキーファイルには詳細情報があります。

static HttpRequestInitializer setHttpTimeout (HttpRequestInitializer requestInitializer, int connectTimeout, int readTimeout)

田畑

APP_NAME

public static final String APP_NAME

パブリックコンストラクター

GoogleApiClientUtil

public GoogleApiClientUtil ()

パブリックメソッド

configureRetryStrategy

public static HttpRequestInitializer configureRetryStrategy (HttpRequestInitializer initializer)

提供されたHttpRequestInitializerの再試行戦略をセットアップします。サーバーエラーの場合、リクエストは指数バックオフで自動的に再試行されます。

パラメーター
initializer HttpRequestInitializer :-再試行戦略を設定する初期化子。

戻り値
HttpRequestInitializer 失敗したリクエストを自動的に再試行するイニシャライザ。

createCredential

public static GoogleCredential createCredential ( scopes, 
                File primaryKeyFile, 
                String hostOptionKeyFileName, 
                File... backupKeyFiles)

異なるキーファイルまたはローカルホストから認証情報を作成してみてください。

1. primaryKeyFileが設定されている場合は、それを使用して資格情報を作成してみます。 2.対応するキーファイルをHostOptionsから取得してみます。 3.バックアップキーファイルを使用してみます。 4.ローカルのデフォルト認証情報を使用します。

パラメーター
scopes :資格情報のスコープ。

primaryKeyFile File :プライマリjsonキーファイル。 nullにすることもできます。

hostOptionKeyFileName StringHostOptions 'service-account-json-key-file option's key; nullにすることもできます。

backupKeyFiles File :バックアップキーファイル。

戻り値
GoogleCredential GoogleCredential

投げる
IOException

createCredentialFromJsonKeyFile

public static GoogleCredential createCredentialFromJsonKeyFile (File file, 
                 scopes)

jsonキーファイルから認証情報を作成します。

パラメーター
file File :p12キーファイルです

scopes :APIのスコープです。

戻り値
GoogleCredential GoogleCredential

投げる
FileNotFoundException
IOException

createCredentialFromP12File

public static GoogleCredential createCredentialFromP12File (String serviceAccount, 
                File keyFile, 
                 scopes)

このメソッドは非推奨です。
p12はGoogle App Engineで非推奨になっているため、jsonキーファイルを使用することをお勧めします。また、jsonキーファイルには詳細情報があります。

サービスアカウントのp12ファイルから認証情報を作成します。

パラメーター
serviceAccount String :サービスアカウントです

keyFile File :p12キーファイルです

scopes :APIのスコープです。

戻り値
GoogleCredential GoogleCredential

投げる
GeneralSecurityException

setHttpTimeout

public static HttpRequestInitializer setHttpTimeout (HttpRequestInitializer requestInitializer, 
                int connectTimeout, 
                int readTimeout)

パラメーター
requestInitializer HttpRequestInitializerHttpRequestInitializer 。通常はGoogleCredentialです。

connectTimeout int :ミリ秒単位の接続タイムアウト。

readTimeout int :タイムアウトをミリ秒で読み取ります。

戻り値
HttpRequestInitializer タイムアウト付きのHttpRequestInitializer