Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る
このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

RunConfigDeviceRecovery

public class RunConfigDeviceRecovery
extends Object implements IMultiDeviceRecovery

java.lang.Object
com.android.tradefed.device.recovery.RunConfigDeviceRecovery


回復ステップを実行するために取引された構成を実行する汎用ベースIMultiDeviceRecovery

概要

パブリックコンストラクター

RunConfigDeviceRecovery ()

パブリックメソッド

getExtraArguments ( ITestDevice device)

構成に渡される追加の引数のリストを取得します。

void recoverDevices ( managedDevices) recoverDevices ( managedDevices)

ホスト上のオフラインデバイスを回復します。

boolean shouldSkip ( IManagedTestDevice device)

追加のチェックを行うことにより、特定のデバイスのリカバリをスキップする追加のチャンス。

保護されたメソッド

ICommandScheduler getCommandScheduler ()

ICommandSchedulerインスタンスを返します。

IDeviceManager getDeviceManager ()

IDeviceManagerインスタンスを返します。

パブリックコンストラクター

RunConfigDeviceRecovery

public RunConfigDeviceRecovery ()

パブリックメソッド

getExtraArguments

public  getExtraArguments ( ITestDevice device)

構成に渡される追加の引数のリストを取得します。 nullが返された場合、問題が発生したため、回復を試みてください。

パラメーター
device ITestDevice :リカバリを実行するITestDevice

戻り値
使用する追加の引数のリスト。または、問題が発生した場合はnull。

recoverDevices

public void recoverDevices ( managedDevices)

ホスト上のオフラインデバイスを回復します。

パラメーター
managedDevices ITestDeviceのリスト。

shouldSkip

public boolean shouldSkip ( IManagedTestDevice device)

追加のチェックを行うことにより、特定のデバイスのリカバリをスキップする追加のチャンス。

パラメーター
device IManagedTestDevice :リカバリのIManagedTestDeviceとなるIManagedTestDevice

戻り値
boolean リカバリーをスキップする必要がある場合はTrue。

保護されたメソッド

getCommandScheduler

protected ICommandScheduler getCommandScheduler ()

ICommandSchedulerインスタンスを返します。テスト用に公開。

戻り値
ICommandScheduler

getDeviceManager

protected IDeviceManager getDeviceManager ()

IDeviceManagerインスタンスを返します。テスト用に公開。

戻り値
IDeviceManager