Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る
このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

BugreportCollector

public class BugreportCollector
extends Object implements ITestInvocationListener

java.lang.Object上位
com.android.tradefed.result.BugreportCollector


パススルーITestInvocationListener収集のバグレポートは、構成可能なイベントが発生してから呼び出すことITestInvocationListener#testLog各バグレポートが収集された後、その子に。

行動:(FIXME:これを終了)

  • いずれかのテストケースが失敗した場合、それぞれの後にキャプチャ
  • 各テストケースの後にキャプチャ
  • 各失敗したテストケースの後にキャプチャ
  • キャプチャー

概要

ネストされたクラス

enum BugreportCollector.Filter

enum BugreportCollector.Freq

enum BugreportCollector.Noun

class BugreportCollector.Predicate

バグレポートをキャプチャするために記述した完全な述語。

enum BugreportCollector.Relation

interface BugreportCollector.SubPredicate

田畑

public static final BugreportCollector.Predicate AFTER_FAILED_TESTCASES

各失敗したテストケースの後に発射事前定義された述語

public static final BugreportCollector.Predicate AT_START

最初の呼び出しが開始されると起動事前定義された述語

publicコンストラクタ

BugreportCollector ( ITestInvocationListener listener, ITestDevice testDevice)

パブリック・メソッド

void addPredicate ( BugreportCollector.Predicate p)
void blockUntilIdle ()

コレクターまでのブロックは、任意のバグレポートを収集されていません。

TestSummary getSummary ()

InvocationListenerサマリーを返すことができます。

void invocationEnded (long elapsedTime)

呼び出しが成功したか、何らかのエラー条件が原因かどうか、終了したことを報告。

void invocationFailed (Throwable cause)

何らかのエラー状態に不完全な呼び出しをレポートします。

void invocationStarted ( IInvocationContext context)

テストの呼び出しの開始を報告します。

void setAsynchronous (boolean asynchronous)

バグレポートコレクションが(別のスレッドでバグレポートを収集する必要があるかどうかをセットasynchronous = true )、またはバグレポートが捕捉されるまで、発信者をブロックする( asynchronous = false )。

void setDescriptiveName (String name)

バグレポートを記録するときに使用する名前を設定します。

void setDeviceWaitTime (int waitTime)

我々はバグレポートを捕獲しようとする前に、デバイスがオンラインであることを待機する時間(秒)を設定します。

void testAssumptionFailure ( TestDescription test, String trace)

アトミックテストフラグそれが偽の条件を前提としたときに呼び出されます

void testEnded ( TestDescription test, testMetrics) testEnded ( TestDescription test, testMetrics)

個々のテストケースの実行終了を報告します。

void testFailed ( TestDescription test, String trace)

個々のテストケースの失敗を報告します。

void testIgnored ( TestDescription test)

試験方法はorg.junit.Ignoreでアノテートされているため、テストは一般的に、実行されませんときに呼び出されます。

void testLog (String dataName, LogDataType dataType, InputStreamSource dataStream)

テストの呼び出しから、関連するログやデバッグデータを提供します。

void testRunEnded (long elapsedTime, runMetrics) testRunEnded (long elapsedTime, runMetrics)

レポートは、テスト実行の最後。

void testRunFailed (String errorMessage)

レポートのテストランは、致命的なエラーのため完了できませんでした。

void testRunStarted (String runName, int testCount)

テスト実行の開始を報告します。

void testRunStopped (long elapsedTime)

テストの実行が原因ユーザの要求に完了する前に停止して報告します。

void testStarted ( TestDescription test)

個々のテストケースの開始を報告します。

田畑

AFTER_FAILED_TESTCASES

public static final BugreportCollector.Predicate AFTER_FAILED_TESTCASES

各失敗したテストケースの後に発射事前定義された述語

AT_START

public static final BugreportCollector.Predicate AT_START

最初の呼び出しが開始されると起動事前定義された述語

publicコンストラクタ

BugreportCollector

public BugreportCollector ( ITestInvocationListener listener, 
                ITestDevice testDevice)

パラメーター
listener ITestInvocationListener

testDevice ITestDevice

パブリック・メソッド

addPredicate

public void addPredicate ( BugreportCollector.Predicate p)

パラメーター
p BugreportCollector.Predicate

blockUntilIdle

public void blockUntilIdle ()

コレクターまでのブロックは、任意のバグレポートを収集されていません。コレクタが積極的にバグレポートを収集していない場合は、すぐに戻り

getSummary

public TestSummary getSummary ()

InvocationListenerサマリーを返すことができます。

戻り値
TestSummary A TestSummary実行を要約した、またはnull

invocationEnded

public void invocationEnded (long elapsedTime)

呼び出しが成功したか、何らかのエラー条件が原因かどうか、終了したことを報告。

自動的TradeFederationフレームワークによって呼び出されます。

パラメーター
elapsedTime long :ミリ秒で呼び出しの経過時間

invocationFailed

public void invocationFailed (Throwable cause)

何らかのエラー状態に不完全な呼び出しをレポートします。

自動的TradeFederationフレームワークによって呼び出されます。

パラメーター
cause ThrowableThrowable障害の原因

invocationStarted

public void invocationStarted ( IInvocationContext context)

テストの呼び出しの開始を報告します。

自動的TradeFederationフレームワークによって呼び出されます。記者がレポートする複数のデバイスをサポートするために、このメソッドをオーバーライドする必要があります。

パラメーター
context IInvocationContext :呼び出しに関する情報

setAsynchronous

public void setAsynchronous (boolean asynchronous)

バグレポートコレクションが(別のスレッドでバグレポートを収集する必要があるかどうかをセットasynchronous = true )、またはバグレポートが捕捉されるまで、発信者をブロックする( asynchronous = false )。

パラメーター
asynchronous boolean

setDescriptiveName

public void setDescriptiveName (String name)

バグレポートを記録するときに使用する名前を設定します。場合nullBugreportCollectorバグレポートを収集する原因となったイベントの名前をシリアル化の既定の動作にフォールバックします。

パラメーター
name String

setDeviceWaitTime

public void setDeviceWaitTime (int waitTime)

我々はバグレポートを捕獲しようとする前に、デバイスがオンラインであることを待機する時間(秒)を設定します。負の場合は、チェックは行われません。どれDeviceNotAvailableExceptionこのチェック中に遭遇したが記録され、無視されます。

パラメーター
waitTime int

testAssumptionFailure

public void testAssumptionFailure ( TestDescription test, 
                String trace)

アトミックテストフラグそれが偽の条件を前提としたときに呼び出されます

パラメーター
test TestDescription :識別テスト

trace String :失敗のスタックトレース

testEnded

public void testEnded ( TestDescription test, 
                 testMetrics)

個々のテストケースの実行終了を報告します。

場合testFailed(TestDescription, String)呼び出されていなかった、このテストは、渡されました。また、テストケースの実行中に放出されていてもよい、任意のキー/値の指標を返します。

パラメーター
test TestDescription :識別テスト

testMetrics ERROR(/Map)放出されたメトリックの

testFailed

public void testFailed ( TestDescription test, 
                String trace)

個々のテストケースの失敗を報告します。

testStartedとtestEndedの間に呼び出されます。

パラメーター
test TestDescription :識別テスト

trace String :失敗のスタックトレース

testIgnored

public void testIgnored ( TestDescription test)

試験方法はorg.junit.Ignoreでアノテートされているため、テストは一般的に、実行されませんときに呼び出されます。

パラメーター
test TestDescription :識別テスト

testLog

public void testLog (String dataName, 
                LogDataType dataType, 
                InputStreamSource dataStream)

テストの呼び出しから、関連するログやデバッグデータを提供します。

前に呼び出さなければなりませんITestInvocationListener#invocationFailed(Throwable)またはITestInvocationListener#invocationEnded(long)

TradeFederationフレームワークは自動的にホストのログおよび該当する場合は、デバイスのlogcatを提供し、このメソッドを呼び出します。

パラメーター
dataName StringStringデータのわかりやすい名前。例えば ​​"device_logcat"。注dataNameは、呼び出しごとに一意ではないかもしれません。つまり、実装は同じdataNameで複数のコールを処理できなければなりません

dataType LogDataTypeLogDataTypeデータの

dataStream InputStreamSourceInputStreamSourceデータの。実装者は、データの読み込みを開始し、完了時に結果のInputStreamを閉じることを確認するためにcreateInputStreamを呼び出す必要があります。発信者は、データのソースがtestLogメソッドが完了するまで存在し、アクセス可能な状態を確認する必要があります。

testRunEnded

public void testRunEnded (long elapsedTime, 
                 runMetrics)

レポートは、テスト実行の最後。 FIXME:私たちはここにHashMap使用する必要がありますように、我々は、異なるタイプの2つの地図<>インタフェースを持つことはできません。

パラメーター
elapsedTime long :デバイスはミリ秒単位で、経過時間を報告しました

runMetrics :キーと値のペアを持つテスト実行の最後に報告したMetric

testRunFailed

public void testRunFailed (String errorMessage)

レポートのテストランは、致命的なエラーのため完了できませんでした。

パラメーター
errorMessage StringStringの実行が失敗した理由を説明。

testRunStarted

public void testRunStarted (String runName, 
                int testCount)

テスト実行の開始を報告します。

パラメーター
runName String :テスト実行名

testCount int :テスト実行中のテストの合計数

testRunStopped

public void testRunStopped (long elapsedTime)

テストの実行が原因ユーザの要求に完了する前に停止して報告します。

TODO:現在使用されていない、削除することを検討

パラメーター
elapsedTime long :デバイスはミリ秒単位で、経過時間を報告しました

testStarted

public void testStarted ( TestDescription test)

個々のテストケースの開始を報告します。古いインターフェース、使用すべきtestStarted(com.android.tradefed.result.TestDescription)可能な限り。

パラメーター
test TestDescription :識別テスト