Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る
このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

ITestLifeCycleReceiver

public interface ITestLifeCycleReceiver

com.android.tradefed.result.ITestLifeCycleReceiver


計装テスト実行中にイベント通知を受信します。

org.junit.runner.notification.RunListener後にパターン化

呼び出しのシーケンスは次のようになります。

  • testRunStarted
  • testStarted
  • [testFailed]
  • [testAssumptionFailure]
  • [testIgnored]
  • testEnded
  • ....
  • [testRunFailed]
  • testRunEnded

概要

パブリック・メソッド

default void testAssumptionFailure ( TestDescription test, String trace)

アトミックテストフラグそれが偽の条件を前提としたときに呼び出されます

default void testEnded ( TestDescription test, long endTime, testMetrics) testEnded ( TestDescription test, long endTime, testMetrics)

代替ERROR(/#testEnded(com.android.tradefed.result.TestDescription,Map))我々は直接終了時間を指定することができます。

default void testEnded ( TestDescription test, testMetrics) testEnded ( TestDescription test, testMetrics)

個々のテストケースの実行終了を報告します。

default void testFailed ( TestDescription test, String trace)

個々のテストケースの失敗を報告します。

default void testIgnored ( TestDescription test)

試験方法はorg.junit.Ignoreでアノテートされているため、テストは一般的に、実行されませんときに呼び出されます。

default void testRunEnded (long elapsedTimeMillis, runMetrics) testRunEnded (long elapsedTimeMillis, runMetrics)

レポートは、テスト実行の最後。

default void testRunFailed (String errorMessage)

レポートのテストランは、致命的なエラーのため完了できませんでした。

default void testRunStarted (String runName, int testCount, int attemptNumber)

テスト実行の開始を報告します。

default void testRunStarted (String runName, int testCount)

テスト実行の開始を報告します。

default void testRunStarted (String runName, int testCount, int attemptNumber, long startTime)

テスト実行の開始を報告します。

default void testRunStopped (long elapsedTime)

テストの実行が原因ユーザの要求に完了する前に停止して報告します。

default void testStarted ( TestDescription test, long startTime)

代替testStarted(com.android.tradefed.result.TestDescription)と組み合わせてテストが開始されたときに我々はまた、指定し、 ERROR(/#testEnded(com.android.tradefed.result.TestDescription,long,Map))正確な測定のために。

default void testStarted ( TestDescription test)

個々のテストケースの開始を報告します。

パブリック・メソッド

testAssumptionFailure

public void testAssumptionFailure ( TestDescription test, 
                String trace)

アトミックテストフラグそれが偽の条件を前提としたときに呼び出されます

パラメーター
test TestDescription :識別テスト

trace String :失敗のスタックトレース

testEnded

public void testEnded ( TestDescription test, 
                long endTime, 
                 testMetrics)

代替ERROR(/#testEnded(com.android.tradefed.result.TestDescription,Map))我々は直接終了時間を指定することができます。結合testStarted(com.android.tradefed.result.TestDescription, long)正確な測定のために。

パラメーター
test TestDescription :識別テスト

endTime long :介して測定テストが終了した時、 System.currentTimeMillis()

testMetrics ERROR(/Map)放出されたメトリックの

testEnded

public void testEnded ( TestDescription test, 
                 testMetrics)

個々のテストケースの実行終了を報告します。

場合testFailed(TestDescription, String)呼び出されていなかった、このテストは、渡されました。また、テストケースの実行中に放出されていてもよい、任意のキー/値の指標を返します。

パラメーター
test TestDescription :識別テスト

testMetrics ERROR(/Map)放出されたメトリックの

testFailed

public void testFailed ( TestDescription test, 
                String trace)

個々のテストケースの失敗を報告します。

testStartedとtestEndedの間に呼び出されます。

パラメーター
test TestDescription :識別テスト

trace String :失敗のスタックトレース

testIgnored

public void testIgnored ( TestDescription test)

試験方法はorg.junit.Ignoreでアノテートされているため、テストは一般的に、実行されませんときに呼び出されます。

パラメーター
test TestDescription :識別テスト

testRunEnded

public void testRunEnded (long elapsedTimeMillis, 
                 runMetrics)

レポートは、テスト実行の最後。 FIXME:私たちはここにHashMap使用する必要がありますように、我々は、異なるタイプの2つの地図<>インタフェースを持つことはできません。

パラメーター
elapsedTimeMillis long :デバイスはミリ秒単位で、経過時間を報告しました

runMetrics :キーと値のペアを持つテスト実行の最後に報告したMetric

testRunFailed

public void testRunFailed (String errorMessage)

レポートのテストランは、致命的なエラーのため完了できませんでした。

パラメーター
errorMessage StringStringの実行が失敗した理由を説明。

testRunStarted

public void testRunStarted (String runName, 
                int testCount, 
                int attemptNumber)

テスト実行の開始を報告します。

パラメーター
runName String :テスト実行名

testCount int :テスト実行中のテストの合計数

attemptNumber int :複数回実行同じrunNameの異なる試行を識別する順序番号。 attemptNumberは、0から始まるインデックスで、新しい実行が起こるたびにインクリメントする必要があります。例えばAの試験は3回再試行、それは同じrunName下4回の合計の実行が必要とattemptNumberは0から3までである粒状です。

testRunStarted

public void testRunStarted (String runName, 
                int testCount)

テスト実行の開始を報告します。

パラメーター
runName String :テスト実行名

testCount int :テスト実行中のテストの合計数

testRunStarted

public void testRunStarted (String runName, 
                int testCount, 
                int attemptNumber, 
                long startTime)

テスト実行の開始を報告します。

パラメーター
runName String :テスト実行名

testCount int :テスト実行中のテストの合計数

attemptNumber int :複数回実行同じrunNameの異なる試行を識別する順序番号。 attemptNumberは、0から始まるインデックスで、新しい実行が起こるたびにインクリメントする必要があります。例えばAの試験は3回再試行、それは同じrunName下4回の合計の実行が必要とattemptNumberは0から3までである粒状です。

startTime long :介して測定実行が開始された時刻、 System.currentTimeMillis()

testRunStopped

public void testRunStopped (long elapsedTime)

テストの実行が原因ユーザの要求に完了する前に停止して報告します。

TODO:現在使用されていない、削除することを検討

パラメーター
elapsedTime long :デバイスはミリ秒単位で、経過時間を報告しました

testStarted

public void testStarted ( TestDescription test, 
                long startTime)

代替testStarted(com.android.tradefed.result.TestDescription)と組み合わせてテストが開始されたときに我々はまた、指定し、 ERROR(/#testEnded(com.android.tradefed.result.TestDescription,long,Map))正確な測定のために。

パラメーター
test TestDescription :識別テスト

startTime long :介して測定試験開始時間、 System.currentTimeMillis()

testStarted

public void testStarted ( TestDescription test)

個々のテストケースの開始を報告します。古いインターフェース、使用すべきtestStarted(com.android.tradefed.result.TestDescription)可能な限り。

パラメーター
test TestDescription :識別テスト