Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る
このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

XmlResultReporter

public class XmlResultReporter
extends CollectingTestListener implements ILogSaverListener

java.lang.Object上位
com.android.tradefed.result.CollectingTestListener
com.android.tradefed.result.XmlResultReporter


AntのXMLJUnitResultFormatterと一致形式のXMLファイルにJUnitの結果を書き込みます。

Antのフォーマッタとは異なり、このクラスは、テストの実行時間を報告しません。

メモリ内のすべてのテストの情報を収集し、呼び出しが完了すると、ファイルにダンプします。

DalvikランナーXmlReportPrinterから移植されました。

結果ファイルを経由して構築パスに格納されます[--output-ファイルパス] / [build_id]

概要

publicコンストラクタ

XmlResultReporter ()

パブリック・メソッド

void invocationEnded (long elapsedTime)

呼び出しが成功したか、何らかのエラー条件が原因かどうか、終了したことを報告。

void setLogSaver ( ILogSaver logSaver)

設定しILogSaver実装者がファイルを保存できるようにします。

void testFailed ( TestDescription test, String trace)

個々のテストケースの失敗を報告します。

void testLog (String dataName, LogDataType dataType, InputStreamSource dataStream)

テストの呼び出しから、関連するログやデバッグデータを提供します。

void testLogSaved (String dataName, LogDataType dataType, InputStreamSource dataStream, LogFile logFile)

テスト・ログが保存されるときに呼び出されます。

publicコンストラクタ

XmlResultReporter

public XmlResultReporter ()

パブリック・メソッド

invocationEnded

public void invocationEnded (long elapsedTime)

呼び出しが成功したか、何らかのエラー条件が原因かどうか、終了したことを報告。

自動的TradeFederationフレームワークによって呼び出されます。

パラメーター
elapsedTime long :ミリ秒で呼び出しの経過時間

setLogSaver

public void setLogSaver ( ILogSaver logSaver)

設定しILogSaver実装者がファイルを保存できるようにします。

パラメーター
logSaver ILogSaverILogSaver

testFailed

public void testFailed ( TestDescription test, 
                String trace)

個々のテストケースの失敗を報告します。

testStartedとtestEndedの間に呼び出されます。

パラメーター
test TestDescription :識別テスト

trace String :失敗のスタックトレース

testLog

public void testLog (String dataName, 
                LogDataType dataType, 
                InputStreamSource dataStream)

テストの呼び出しから、関連するログやデバッグデータを提供します。

前に呼び出さなければなりませんITestInvocationListener#invocationFailed(Throwable)またはITestInvocationListener#invocationEnded(long)

TradeFederationフレームワークは自動的にホストのログおよび該当する場合は、デバイスのlogcatを提供し、このメソッドを呼び出します。

パラメーター
dataName StringStringデータのわかりやすい名前。例えば ​​"device_logcat"。注dataNameは、呼び出しごとに一意ではないかもしれません。つまり、実装は同じdataNameで複数のコールを処理できなければなりません

dataType LogDataTypeLogDataTypeデータの

dataStream InputStreamSourceInputStreamSourceデータの。実装者は、データの読み込みを開始し、完了時に結果のInputStreamを閉じることを確認するためにcreateInputStreamを呼び出す必要があります。発信者は、データのソースがtestLogメソッドが完了するまで存在し、アクセス可能な状態を確認する必要があります。

testLogSaved

public void testLogSaved (String dataName, 
                LogDataType dataType, 
                InputStreamSource dataStream, 
                LogFile logFile)

テスト・ログが保存されるときに呼び出されます。

代わりに使用する必要がありますITestInvocationListener#testLog(String, LogDataType, InputStreamSource)

パラメーター
dataName StringStringデータのわかりやすい名前。例えば ​​"device_logcat"。注dataNameは、呼び出しごとに一意ではないかもしれません。つまり、実装は同じdataNameで複数のコールを処理できなければなりません

dataType LogDataTypeLogDataTypeデータの

dataStream InputStreamSourceInputStreamSourceデータの。実装者は、データの読み込みを開始し、完了時に結果のInputStreamを閉じることを確認するためにcreateInputStreamを呼び出す必要があります。

logFile LogFileLogFile保存されたファイルのメタデータを含みます。