Android 13 リリースノート

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

このページでは、Android 13 リリースの主な機能を要約し、追加情報へのリンクを提供します。これらの機能の概要は、このサイトの機能のドキュメントの場所に従って編成されています。

建築

汎用ブート パーティションへの変更

Android 13 で起動するデバイスの場合、汎用 RAM ディスクはbootイメージから削除され、別のinit_bootイメージに配置されます。

詳細については、汎用ブート パーティションを参照してください。

GKI モジュール

Android 13 では、機能を必要としないデバイスの GKI カーネル メモリ フットプリントを削減するために、一部のカーネル機能がGKI モジュールと呼ばれる動的にロード可能なモジュールで提供されます。

詳細については、カーネル モジュールを参照してください。

モジュラー システム コンポーネント

Android 13 には、新しいモジュール システム コンポーネントと更新されたモジュール システム コンポーネントがいくつか含まれています。新しいモジュールは次のとおりです。

  • AdServices : プライバシー サンドボックス イニシアチブをサポートします。このイニシアチブは、オンラインで人々のプライバシーを保護し、企業や開発者に繁栄するデジタル ビジネスを構築するためのツールを提供するテクノロジーを作成することを目的としています。
  • AppSearch : オンデバイスのインデックス作成および構造化検索エンジン
  • Bluetooth : (オプション) すべての Android ユーザーに一貫した高品質の Bluetooth エクスペリエンスを提供することを目的としています
  • OnDevicePersonalization : ユーザーのプライバシーを基本理念として開発された一連のツールを提供します
  • UWB : HAL インターフェイスの上に UWB スタックが含まれています

既存のモジュールの更新:

Android カーネル ファイル システム サポートの更新

Android 13 以降、ユーザー空間は Generic Kernel Image (GKI) に組み込まれたファイル システムでのみ機能します。

詳細については、 Android カーネル ファイル システムのサポートを参照してください。

オーディオ

MIDI 2.0 のサポート

Android 13 以降では、USB トランスポートにMIDI 2.0のサポートが追加されています。 MIDI 2.0 は、2020 年に定義された新しい MIDI 規格です。

詳しくはMIDIのページをご覧ください。

オーディオ HAL への更新

Android 13 以降、Audio HAL はバージョン 7.1 に更新されています。詳細については、オーディオ HALを参照してください。

自動車

Android Automotive の新機能

Android 13 の新しい Automotive 機能の詳細については、 What's Newをご覧ください。

建てる

Bazel でビルドする

Android 13 では、 build/build.shを置き換えて、 Bazelを使用したビルド カーネルが導入されています。

詳細については、 Bazel (Kleaf)を参照してください。

カメラ

AIDL カメラ HAL

Android 13 では、カメラ フレームワークに AIDL カメラ HAL のサポートが含まれています。カメラ フレームワークは HIDL カメラ HAL もサポートしていますが、Android 13 以降で追加されたカメラ機能は、AIDL カメラ HAL インターフェースを介してのみ使用できます。

HAL プロセスを HIDL カメラ インターフェースから AIDL カメラ インターフェースに移行する方法については、AIDL カメラHALを参照してください。

カメラのデバッグの更新

Android 13 では、カメラ サービスにwatchデバッグ ツールが追加されています。これにより、カメラ HAL との間で送受信されるキャプチャ リクエストと結果の値の変更を表示できます。このツールにより、開いているクライアントからのタグ監視ダンプのライブ プレビューと、閉じたクライアントからのキャッシュされたダンプの表示が可能になります。

詳細については、「カメラのデバッグ」を参照してください。

カメラのプレビュー安定化

Android 13 では、カメラ キャプチャ セッションのプレビュー ストリームでビデオ安定化のサポートが追加されています。この機能により、サードパーティ製アプリは、カメラのプレビューと記録を比較するときに、見たとおりの結果 (WYSIWYG) エクスペリエンスを提供できます

詳細については、「カメラ プレビューの安定化」を参照してください。

トーチ強度制御

Android 13 では、トーチの強さをマルチレベルで制御する機能が導入されています。 Android 12 以前のフレームワークでは、トーチ モードをオンまたはオフにすることしかできません。この機能により、照明条件に基づいて懐中電灯の明るさを制御したり、光の速いパルスを連続して送信することでストロボ効果を使用して補助信号を送信したりするなどのユースケースが可能になります。

詳細については、トーチ強度の制御を参照してください。

10ビットカメラ出力

Android 13 では、カメラ クライアントがストリーム構成の一部として構成できるダイナミック レンジ プロファイルを介して、10 ビット カメラ出力のサポートが追加されています。これにより、デバイス メーカーは、HLG10、HDR 10、HDR 10+、Dolby Vision などの 10 ビット ダイナミック レンジ プロファイルのサポートを追加できます。

詳細については、「 10 ビット カメラ出力」を参照してください。

ソーシャル メディア アプリなどのサードパーティ アプリで 10 ビット カメラ出力の採用を促進し、ビデオ キャプチャとビデオ共有エクスペリエンスを向上させるには、この機能の実装を効果的に検証することが重要です。この機能の採用を検討しているサードパーティのアプリは、必須のプロファイルHLG10から始める可能性があります。詳細については、検証を参照してください。

互換性

カメラ ITS の更新

Android 13 では、 Camera ITSに変更が導入されました。これには、ビデオ テストのサポート、更新された Python とパッケージのバージョン、テスト ハードウェアの更新が含まれます。

詳細については、 Android 13 Camera Image Test Suite リリース ノートを参照してください。

CDD の更新

Android 13 互換性定義ドキュメントは、新機能の更新と以前にリリースされた機能の要件の変更により、以前のバージョンを繰り返します。

Android 13 の変更点の一覧については、 Android 13 互換性定義のリリース ノートを参照してください。

新しい連絡先のデフォルト アカウント

プリロードされた連絡先アプリは、ユーザーが既定のアカウントを選択できるようにするContactsContract.Settings.ACTION_SET_DEFAULT_ACCOUNTインテントを処理する必要があります。プリロードされた連絡先アプリは、選択された既定のアカウントを保存する必要があり、連絡先を挿入するためにIntent.ACTION_INSERTまたはIntent.ACTION_INSERT_OR_EDITを処理するときに既定のアカウントを使用する必要があります。この要件により、連絡先と対話するすべてのアプリで一貫性が確保されます。

詳細については、Android 13 CDD の連絡先セクションを参照してください。

コネクティビティ

2G トグルを許可

Android 13 では、 KEY_HIDE_ENABLE_2Gキャリア構成キーがtrueに設定されている場合、[設定] の[2G を許可]トグルがグレー表示されます (ユーザーがボタンを操作できないことを意味します)。さらに、グレー表示されている場合、 Allow 2Gトグルには、ユーザーの通信事業者が 2G を利用可能にする必要があることを示すテキストが含まれます。以前のバージョンでは、 KEY_HIDE_ENABLE_2Gtrueに設定されている場合、 Allow 2Gトグルは非表示になります。

セルラー使用設定

Android 13 は、通信事業者がデバイスを音声中心モードまたはデータ中心モードのいずれかに設定できるセルラー使用設定をサポートしています。通信事業者は、この設定を他の構成変更と組み合わせて使用​​して、データ専用モードで動作する従来の音声中心のデバイス (コンパニオン データ専用サービスを含むサービスなど) のネットワーク上の IMS トラフィックを削減できます。

携帯電話の使用設定を変更するには、 config_supported_cellular_usage_settingsオーバーレイを使用するか、 config_default_cellular_usage_settingでデフォルト値を設定します。設定はUSAGE_SETTING_VOICE_CENTRICまたはUSAGE_SETTING_DATA_CENTRICのいずれかです。

携帯電話の使用設定機能には、次の API が含まれています。

携帯電話の使用設定機能を検証するには、次のテストを実行します。

インターネット接続による複数ネットワークの同時接続

Android 13 では、インターネット接続機能を備えた同時複数ネットワークが導入されています。これにより、デバイスは 2 つの Wi-Fi ネットワーク (AP) に同時に接続できます。どちらも無制限 (すべてのアプリで利用可能) で、インターネット アクセスを提供します。

詳細については、 Wi-Fi STA/STA 同時実行を参照してください。

IMS API の更新

Android 13 では、IMS 単一登録 API に次の更新が導入されています。

  • DelegateRegistrationState :

    • IMS PDN を破棄する前にフレームワークが SIP セッションの終了を待機する必要がある場合をサポートします。
    • IMS スタックがアクティブに IMS を登録しようとしていることをリスニング アプリが認識できるようにするgetRegisteringFeatureTagsメソッドを追加します。
  • RcsUceAdapter : PUBLISH_STATE_PUBLISHINGを追加して、IMS スタックがアクティブに機能を公開しようとしているときにリッスン アプリが認識できるようにします。

  • CapabilityExchangeEventListener : onPublishUpdatedメソッドを追加して、IMS Service が SIP PUBLISH 更新が成功または失敗したことをプラットフォームに非同期的に通知できるようにします。

  • RcsClientConfiguration :

    • RCC.72 セクション 2.1.14 をサポートするために、コンストラクターに新しい値を追加して、メッセージング アプリがユーザーが RCS を有効または無効にしたかどうかを指定できるようにします。
    • RCS_PROFILE_2_4定数を追加して、メッセージング アプリが RCS Universal Profile バージョン 2.4 をサポートしていることを報告できるようにします。

Android 13 には、IMS API の次の更新も含まれています。

  • アプリがImsStateCallbackクラスを介して IMS スタック状態をリッスンする機能を追加します。詳細については、 ImsStateCallback の使用を参照してください。
  • IMS Service の IMS プロビジョニングをリファクタリングして、MVNO プロビジョニングのユース ケースをサポートします。
  • IMS Service のスレッド モデルを改善します。
  • IMS サービスに SIM サブスクリプション対応 API を追加します

eUICC の複数の有効なプロファイル

Android 13 では、eUICC の複数の有効なプロファイル (MEP) のサポートが導入されました。これにより、デバイスは単一の eSIM チップを使用してデュアル SIM をサポートできます。複数の SIM プロファイルにより、デバイスは 2 つの異なるキャリアに同時に接続できます。

詳細については、複数の有効なプロファイルを参照してください。

プレゼンスのキャリブレーション要件

Android 13 では、Android エコシステム内のすべてのデバイスがデバイス間の相対的な近接性を判断できるようにするために、新しいプレゼンス キャリブレーション要件が導入されています。

これらの要件を満たすようにデバイスをセットアップおよび調整する方法の詳細については、「プレゼンス調整の要件」を参照してください。

タイムゾーン検出のためのテレフォニー フォールバック モード

Android 13 では、タイム ゾーン検出のためのテレフォニー フォールバック モードが導入されています。このモードでは、場所の検出がタイム ゾーンを検出できない場合、または場所の検出がテレフォニーの検出よりもタイム ゾーンの検出に時間がかかる状況で、Android がテレフォニー検出の提案を一時的に使用できます。

詳しくは、 time_zone_detector サービスを参照してください。

TelephonyManager UICC アクセス API の改善

Android 13 では、次の TelephonyManager UICC アクセス API の UICC 論理チャネル管理の非推奨が解除され、改善が追加されています。

OMAPIは UICC 論理チャネルを管理するためのより信頼性の高い実装を提供するため、これらの API は Android 11 で非推奨になりました。ただし、OMAPI は、TelephonyManager UICC アクセス API によって提供されるすべてのユース ケースをカバーしているわけではありません。したがって、Android 13 では、UICC 論理チャネル管理の改善により、これらの API は非推奨になりません。以前は、論理チャネルを開く呼び出し元アプリがクラッシュすると、論理チャネルがリークする可能性がありました。つまり、チャネルは解放されず、再起動しないとアプリで再利用できませんでした。 Android 13 の改善により、アプリがクラッシュした場合、システムは論理チャネルを解放し、アプリがチャネルを再利用できるようにします。

これらの API の改善は実装レベルで行われ、完全な下位互換性があります。これらの API を使用するためにアプリを呼び出すための追加の作業は必要ありません。

エンタープライズ ネットワーク向けの Trust on First Use (TOFU)

Android 13 では、Trust on First Use (TOFU) 認証アプローチのサポートが導入されました。これにより、サーバーが使用するルート CA をインストールし、保存されたネットワークにそのドメイン名を設定することで、ユーザーはエンタープライズ (EAP) ネットワークを信頼できるようになります。 TOFU を使用すると、デバイスは、ユーザーが最初に企業ネットワークに接続するときに認証されていない公開キーを取得し、その後の接続のためにキーを保持できます。

詳細については、初回使用時の信頼を参照してください。

超広帯域のサポート

Android 13 では、ウルトラ ワイドバンド (UWB) 無線技術のデフォルト フレームワーク実装が導入されています。この技術は、サポートされているデバイス間で非常に安全で正確な測距を可能にします。

詳細については、超広帯域を参照してください。

Wi-Fi AP/AP 同時実行の更新

Android 13 では、Wi-Fi AP/AP 同時実行のための 6 GHz 帯域のサポートが追加されています。これにより、デバイスは 2 つのアクセス ポイント (AP) インターフェースを作成できます。

詳細については、 Wi-Fi AP/AP の同時実行を参照してください。

Wi-Fi対応

Android 13 では、 Wi-Fi Aware 仕様のバージョン 3.1 のサポートが導入されています。詳細については、 Wi-Fi 対応を参照してください。

Wi-Fi ホットスポット (ソフト AP) テザリングの更新

Android 13 では、Wi-Fi ホットスポットを介したテザリングをサポートするデバイスの新しい構成が導入されています。新しい構成の詳細については、 Wi-Fi ホットスポット (ソフト AP)を参照してください。

Wi-Fi マルチインターフェースの同時実行

Android 13 以降、Wi-Fi HAL 1.6 は、ブリッジされた AP インターフェイス (同時デュアル バンド) を明示的な組み合わせアイテムとして指定する機能を追加します。

詳細については、 Wi-Fi マルチインターフェースの同時実行を参照してください。

Wi-Fi ネットワーク選択の更新

Android 13 以降、実行時に異なるスキャン間隔が必要な場合、特権アプリはWifiManager#setScreenOnScanSchedule(screenOnScanSchedule)メソッドを呼び出して、利用可能な Wi-Fi ネットワークのオンスクリーン スキャン スケジュールを動的に設定できます。

詳細については、 Wi-Fi ネットワークの選択を参照してください。

画面

フォアグラウンド サービス タスク マネージャー

Android 13 では、 FGS タスク マネージャーと呼ばれる新しいシステム UI アフォーダンスが、バックグラウンド アプリのフォアグラウンド サービスによって使用されている状態とリソースについてユーザーに通知し、ユーザーがこれらのアプリを停止できるようにします。

詳細については、フォアグラウンド サービス (FGS)を参照してください。

システム UI のメディア コントロール

Android 13 以降、システム UI のメディア コントロールには、アクション ボタンとリモート再生の更新が含まれています。これらの変更により、携帯電話やタブレットでより洗練されたメディア コントロール エクスペリエンスがサポートされ、デバイス間でのシームレスなメディア転送が提供されます。

詳細については、「システム UI のメディア コントロール」を参照してください。

SDR と HDR の混合合成

Android 13 では、HDR コンテンツと同時に表示されるときに画面上の SDR コンテンツを暗くすることで、SDR と HDR のコンポジションを画面上に同時に表示するためのサポートが改善されています。

詳細については、「 SDR と HDR の混合コンポジション」を参照してください。

オプトイン通知の通知許可

Android 13 以降、通知はオプトイン モデルを使用しており、すべてのアプリは通知プロンプトを送信する前にユーザーに許可を求める必要があります。これをサポートするには、オプトイン通知の通知アクセス許可ページで説明されているように、OEM は通知およびランタイム アクセス許可システムに変更を実装する必要があります。

HDR 輝度を SDR 互換範囲にトーン マッピング

Android 13 では、トーン マッピング操作を定義するlibtonemapというベンダー構成可能な静的ライブラリが導入されています。この機能により、OEM はフレームワークとベンダーの間でディスプレイ トーン マッピング アルゴリズムを定義して共有できるため、トーン マッピングの不一致が少なくなります。

詳細については、 HDR 輝度を SDR 互換範囲にトーン マッピングする を参照してください。

グラフィック

Hardware Composer HAL の AIDL

Android 13 以降、Hardware Composer(HWC)HAL は AIDL で定義され、 android.hardware.graphics.composer@2.4 @2.1 からandroid.hardware.graphics.composer@2.1までの HIDL バージョンは非推奨になりました。

詳細については、Hardware Composer HAL の AIDL を参照してください。

クライアントのフレームバッファ管理

Android 13 以降、クライアントコンポジション中に使用される新しいフレーム バッファは、ディスプレイの解像度が変更されるたびに割り当てられます。この割り当ては、解像度の変更後の次の無効化サイクルで SurfaceFlinger によって実行されます。

詳細については、「クライアント フレームバッファの管理」を参照してください。

AutoSingleLayer による非シグナル バッファ ラッチ

Android 13 では、非シグナル バッファをラッチするためのAutoSingleLayerという新しい構成が追加されています。この構成により、SurfaceFlinger は、ジオメトリの変更や同期トランザクションなど、複数のレイヤーで発生する場合ではなく、1 つのレイヤーのみが更新されている場合に非シグナル バッファをラッチできます。

詳細については、「 AutoSingleLayer を使用した非シグナル バッファー ラッチ」を参照してください。

交流

ホームコントロールの認証

Android 13 では、デバイス コントロール APIisAuthRequiredという新しいメソッドが含まれています。これにより、デバイス コントロール プロバイダーは、ロックされたデバイスで操作を実行できるホーム コントロールを指定できます。これにより、ロックされた電話画面などのエントリ ポイントでよりシームレスな対話が可能になります。

ヘッドトラッカー HID プロトコル

Android 13 では、ヘッド トラッカー ヒューマン インターフェイス デバイス (HID) プロトコルが導入されました。これにより、ヘッド トラッキング デバイスを USB または Bluetooth 経由で Android デバイスに接続し、センサー フレームワーク経由で Android フレームワークとアプリに公開できます。

詳細については、「ヘッド トラッカー HID プロトコル」を参照してください。

KeyguardManager でのロックされたコールバック シグナルのサポート

Android 13 では、 KeyguardManagerクラスのaddKeyguardLockedStateListenerremoveKeyguardLockedStateListenerなどの新しいメソッドが、キーガードのロック状態をリスナーに通知します。

NNAPI 再利用可能な実行オブジェクト

Android 13 では、再利用可能な実行オブジェクトとそのキャッシュされたリソースの有効期間を管理するIExecution HAL インターフェース IExecution が導入されています。 IExecutionオブジェクトは、NNAPI ドライバーが実行間でリソースを保持し、要求固有の最適化を適用できるようにすることで、機械学習推論タスクのオーバーヘッドを削減します。

センサー AIDL HAL

Android 13 では、 AIDL HAL インターフェイスを使用する Sensors HAL 2.1 に基づく HAL であるSensors AIDL HALが導入されています。 Sensors AIDL HAL は、ヘッド トラッカーと限定軸 IMU センサー タイプを公開します。

メディア

ビデオ エンコーディング統計のエクスポート

Android 13 以降、アプリ クライアントはビデオ エンコーダーに、エンコードされた各ビデオ フレームのエンコード統計をエクスポートするようにリクエストできます。ビデオ エンコーダーから取得した統計情報を使用して、アプリはマルチパス エンコーディングやエンコーディング前のフレーム前処理などのビデオ エンコーディング タスクを最適化できます。

詳細については、「ビデオ エンコーディングの統計データ」を参照してください。

パフォーマンス

ヘルス AIDL HAL

Android 13 では、 AIDL HAL インターフェースを使用する Health HAL 2.1 に基づく HAL であるHealth AIDL HALが導入されています。

ゲームのロード時のパフォーマンス向上

Android 13 では、Power Manager Service にGAME_LOADINGという名前の新しい電源モードが導入されています。これは、ゲームアプリが読み込み状態にあるかどうかを Power HAL に示し、Power HAL が読み込みブーストを提供できるようにします。詳細については、ゲームの読み込み時のパフォーマンス ブーストを参照してください。

権限

ボディセンサー許可分割

Android 13 以降、 BODY_SENSORSパーミッションは 2 つのパーミッションに分割されています。フォアグラウンドで心拍数を追跡するBODY_SENSORSと、バックグラウンドで心拍数を追跡するBODY_SENSORS_BACKGROUNDです。

詳細については、バックグラウンドでのボディ センサーの使用には新しい許可が必要を参照してください。

アプリのバックグラウンド行動トラッカー

Android 13 では、アプリのバックグラウンド動作トラッカー、またはアプリによるバックグラウンドのバッテリー使用量を監視して、アプリがポリシーに違反しているかどうかを判断するプロセスの概念が導入されています。

詳細については、「アプリ バックグラウンド ビヘイビア トラッカー」を参照してください。

バックアップおよび復元中の電力使用量を軽減する

Android 13 以降では、 UsbPortクラスのenableLimitPowerTransferメソッドを呼び出すことで、USB バックアップおよび復元中の電力転送を制限できます。

詳細については、電源管理を参照してください。

安全

APK 署名方式 V3.1

このスキームは、ローテーションされた署名キーと署名系列で APK に署名するときにデフォルトで使用され、元の署名キーを使用して以前のプラットフォーム バージョンでのローテーションに関する既知の問題を回避しながら、単一の APK が Android 13 以降でローテーションをターゲットにできるようにします。 v3.0 署名ブロック。同様に、v4.1 署名には、v3.1 ブロックの追加の署名情報が含まれ、増分インストールで同じ動作をサポートします。

インテントは、宣言されたインテント フィルタと一致する必要があります

Android 13 では、インテントが宣言されたインテント フィルター要素と一致する場合にのみ、外部アプリから発信されたインテントがエクスポートされたコンポーネントに配信されます。

一致しないインテントはブロックされます。以下は、インテント マッチングが適用されない例外です。

  • インテント フィルタを宣言しないコンポーネントに配信されるインテント
  • 同じアプリ内で発生したインテント
  • システムからのインテント
  • ルートからのインテント

OMAPI ベンダー安定インターフェイス

Open Mobile API (OMAPI) は、デバイスのセキュア エレメントとの通信に使用される標準 API です。 Android 13 より前は、アプリケーションとフレームワーク モジュールのみがこのインターフェースにアクセスできました。これをベンダーの安定したインターフェイスに変換することで、HAL モジュールは OMAPI サービスを介してセキュア エレメントと通信することもできます。

詳細については、 OMAPI Vendor Stable Interfaceを参照してください。

設定

アプリごとの言語設定

Android 13 では、ユーザーがアプリごとに言語設定を変更できる機能が追加されています。パートナーと OEM は、アプリの言語選択ページを無効にしないでください。ページには、次の 3 つのナビゲーション オプションからアクセスできる必要があります。

  • [設定] > [アプリ] > [app_name]を選択し、 [言語] を選択します。
  • アプリ アイコンを長押しし、[アプリ情報] をタップして、[言語] を選択します。
  • 設定 > システム > 言語と入力 > アプリの言語 > app_name

設定アプリは、引き続きandroid.settings.App_Locale_Settingsインテントからアプリのロケール設定ページを起動する必要があります。

詳細については、アプリごとの言語設定を参照してください。

テレビ

マルチメディア トンネル モード

Android 13 では、トンネル ビデオ再生の定義された動作が拡張され、その新しい動作が追加のCTS認定テストに結び付けられます。

詳細については、「マルチメディア トンネリング」を参照してください。

アップデート

仮想 A/B アップデート

Android 13 では、仮想 A/B 更新用の XOR 圧縮とユーザー空間のマージ機能が追加されています。 XOR データは未加工のブロック データよりも圧縮しやすいため、XOR 圧縮を使用するとスナップショット サイズを縮小できます。ユーザー空間のマージ機能により、 snapuserdユーザー空間コンポーネントが仮想 A/B 更新のマージ プロセスを処理できるようになり、 dm-snapshotデバイスが使用される Android 12 と比較してマージ時間が短縮されます。

Android Android 13 にアップグレードするデバイスでこれらの機能を有効にする方法の詳細については、 XOR 圧縮とユーザー空間のマージを参照してください。

仮想化

Android 仮想化フレームワーク

Android Virtualization Framework (AVF)は、コードを実行するための安全でプライベートな実行環境を提供します。 AVF は、Android のアプリ サンドボックスによって提供されるものよりも強力で、正式に検証された分離保証を必要とするセキュリティ指向のユース ケースに最適です。

詳しくは、 Android 仮想化フレームワークの概要をご覧ください。