トーチの強さの制御

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

Android 13 以降を搭載したデバイスでは、Android フレームワークでトーチの強さをマルチレベルで制御できます。Android 12 以前では、フレームワークでトーチモードのオン / オフのみが可能です。トーチの強さのマルチレベルでの制御をサポートすることで、デバイスでは、照明条件に基づいてライトの明るさを制御する、高速で点滅する光を連続で送信しストロボ効果を使用して助けを求めるシグナルを送信するなどのユースケースが可能になります。この機能のもう 1 つのメリットは、必ずしもトーチモードを最大の強さでオンにする(サーマル スロットリングの状態につながる可能性があります)必要はないため、バッテリー寿命とパフォーマンスを改善できる点です。

公開 API

アプリは、以下の公開 API とカメラ特性キーを介して、トーチの強さの制御機能を使用できます。カメラにはアクセスしないため、これらの API にカメラの権限は必要ありません。

CameraManager API

CameraCharacteristics キー

実装

デバイスでトーチの強さの制御機能をサポートするには、次のカメラ AIDL HAL インターフェースを使用します。

場所: /camera/device/aidl/android/hardware/camera/device/ICameraDevice.aidl

HAL 実装が次のカメラ特性キーをアドバタイズし、トーチの明るさの制御機能がサポートされていることを確認します。

トーチの強さの制御をサポートするカメラ HAL リファレンス実装については、EmulatedCameraDeviceHWLImpl.cpp をご覧ください。

検証

トーチの強さの制御機能の実装を検証するには、次の VTS テストと CTS テストを実行します。