コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

INativeDevice

public interface INativeDevice

com.android.tradefed.device.INativeDevice


ddmlib IDeviceに、信頼性の高い、わずかに高レベルの API を提供します。

構成可能な量のデバイス コマンドを再試行し、応答しないデバイスにデバイス リカバリ インターフェイスを提供します。

概要

定数

int UNKNOWN_API_LEVEL

API レベルが検出できない場合のデフォルト値

公開メソッド

abstract boolean checkApiLevelAgainstNextRelease (int strictMinLevel)

最低限サポートされているレベルで機能が現在サポートされているかどうかを確認します。

abstract void clearLogcat ()

蓄積された logcat データを削除します。

abstract void deleteFile (String deviceFilePath)

デバイス上のファイルまたはディレクトリを削除するヘルパー メソッド。

abstract boolean deviceSoftRestarted ( ProcessInfo prevSystemServerProcess)

現在の system_server と以前の system_server ProcessInfoを比較して、デバイスがソフト リスタートしたかどうかを確認するヘルパー メソッド。

abstract boolean deviceSoftRestartedSince (long utcEpochTime, TimeUnit timeUnit)

デバイスとそのERROR(/TimeUnit)からのエポック以降の UTC 時間以降にデバイスがソフト リスタートしたかどうかを確認するヘルパー メソッド。

abstract boolean disableAdbRoot ()

adb ルートをオフにします。

abstract boolean doesFileExist (String deviceFilePath)

デバイス上にファイルが存在するかどうかを判断するヘルパー メソッド。

abstract boolean enableAdbRoot ()

adb ルートをオンにします。

abstract String executeAdbCommand (long timeout, String... commandArgs)

指定されたタイムアウトで adb コマンドをシステム コマンドとして実行するヘルパー メソッド。

abstract String executeAdbCommand (String... commandArgs)

システムコマンドとしてadbコマンドを実行するヘルパーメソッド。

abstract CommandResult executeFastbootCommand (String... commandArgs)

fastboot コマンドをシステム コマンドとして実行するヘルパー メソッドで、デフォルトのタイムアウトは 2 分です。

abstract CommandResult executeFastbootCommand (long timeout, String... commandArgs)

fastboot コマンドをシステム コマンドとして実行するヘルパー メソッド。

abstract CommandResult executeLongFastbootCommand ( envVarMap, String... commandArgs) executeLongFastbootCommand ( envVarMap, String... commandArgs)

システム環境変数を使用して、長時間実行される fastboot コマンドをシステム コマンドとして実行するヘルパー メソッド。

abstract CommandResult executeLongFastbootCommand (String... commandArgs)

長時間実行される fastboot コマンドをシステム コマンドとして実行するヘルパー メソッド。

abstract String executeShellCommand (String command)

adb シェル コマンドを実行し、出力をStringとして返すヘルパー メソッド。

abstract void executeShellCommand (String command, IShellOutputReceiver receiver, long maxTimeToOutputShellResponse, TimeUnit timeUnit, int retryAttempts)

コマンドの動作を制御するためのパラメーターを追加して、adb shell コマンドを実行します。

abstract void executeShellCommand (String command, IShellOutputReceiver receiver, long maxTimeoutForCommand, long maxTimeToOutputShellResponse, TimeUnit timeUnit, int retryAttempts)

コマンドの動作を制御するためのパラメーターを追加して、adb shell コマンドを実行します。

abstract void executeShellCommand (String command, IShellOutputReceiver receiver)

指定された adb シェル コマンドを実行し、コマンドが失敗した場合は複数回再試行します。

abstract CommandResult executeShellV2Command (String command)

adb シェル コマンドを実行し、コマンド ステータス出力、stdout および stderr が適切に取り込まれたCommandResultとして結果を返すヘルパー メソッド。

abstract CommandResult executeShellV2Command (String command, OutputStream pipeToOutput)

adb シェル コマンドを実行し、コマンド ステータス出力と stderr が適切に入力されたCommandResultとして結果を返すヘルパー メソッド。

abstract CommandResult executeShellV2Command (String command, File pipeAsInput)

adb シェル コマンドを実行し、コマンド ステータス出力、stdout および stderr が適切に取り込まれたCommandResultとして結果を返すヘルパー メソッド。

abstract CommandResult executeShellV2Command (String command, long maxTimeoutForCommand, TimeUnit timeUnit, int retryAttempts)

コマンドの動作を制御するためのパラメーターを追加して、adb shell コマンドを実行します。

abstract CommandResult executeShellV2Command (String command, long maxTimeoutForCommand, TimeUnit timeUnit)

コマンドの動作を制御するためのパラメーターを追加して、adb shell コマンドを実行します。

abstract CommandResult executeShellV2Command (String command, File pipeAsInput, OutputStream pipeToOutput, long maxTimeoutForCommand, TimeUnit timeUnit, int retryAttempts)

コマンドの動作を制御するためのパラメーターを追加して、adb shell コマンドを実行します。

abstract CommandResult executeShellV2Command (String command, File pipeAsInput, OutputStream pipeToOutput, OutputStream pipeToError, long maxTimeoutForCommand, TimeUnit timeUnit, int retryAttempts)

コマンドの動作を制御するためのパラメーターを追加して、adb shell コマンドを実行します。

abstract CommandResult fastbootWipePartition (String partition)

デバイスのパーティションをワイプするヘルパー メソッド。

abstract int getApiLevel ()

デバイスの API レベルを取得します。

abstract String getBasebandVersion ()

このデバイスのベースバンド (無線) バージョンを取得する便利なメソッド。

abstract Integer getBattery ()

デバイスの現在のバッテリー レベルを返すか、バッテリー レベルが取得できない場合は Null を返します。

abstract boolean getBooleanProperty (String name, boolean defaultValue)

指定されたプロパティのブール値を返します。

abstract getBootHistory ()

ヘルパー メソッドは、起動時間と起動理由を含む起動履歴マップを収集します。

abstract getBootHistorySince (long utcEpochTime, TimeUnit timeUnit)

ヘルパー メソッドは、デバイスからのエポックからの指定された時間以降の起動時間と起動理由を含む起動履歴マップと、指定された時間単位を収集します。

abstract String getBootloaderVersion ()

このデバイスのブートローダー バージョンを取得する便利なメソッド。

abstract InputStreamSource getBugreport ()

デバイスからバグレポートを取得します。

abstract InputStreamSource getBugreportz ()

デバイスからバグレポートを取得します。

abstract String getBuildAlias ()

デバイスが現在実行しているビルドのエイリアスを取得します。

abstract String getBuildFlavor ()

デバイスのビルド フレーバーを取得します。

abstract String getBuildId ()

デバイスが現在実行しているビルドを取得します。

abstract String getBuildSigningKeys ()

デバイス イメージの署名に使用されるキーの種類を返します

通常、Android デバイスはテスト キー (AOSP など) またはリリース キー (個々のデバイス メーカーによって制御される) で署名されます。

abstract DeviceDescriptor getCachedDeviceDescriptor ()

デバイスが割り当てられている場合はキャッシュされたDeviceDescriptorを返し、そうでない場合は現在のDeviceDescriptorを返します。

abstract DeviceDescriptor getCachedDeviceDescriptor (boolean shortDescriptor)

デバイスが割り当てられている場合はキャッシュされたDeviceDescriptorを返し、そうでない場合は現在のDeviceDescriptorを返します。

abstract String[] getChildren (String deviceFilePath)

アクセス許可のために時々機能しないIFileEntryを使用する代わりの方法。

abstract String getDeviceClass ()

デバイス クラスを取得します。

abstract long getDeviceDate ()

エポックからのミリ秒単位でデバイスの日付を返します。

abstract DeviceDescriptor getDeviceDescriptor ()

デバイス情報からDeviceDescriptorを返して、実際のデバイス オブジェクトを渡さずに情報を取得します。

abstract DeviceDescriptor getDeviceDescriptor (boolean shortDescriptor)

デバイス情報からDeviceDescriptorを返して、実際のデバイス オブジェクトを渡さずに情報を取得します。

abstract TestDeviceState getDeviceState ()

デバイスの状態を取得します。

abstract long getDeviceTimeOffset (Date date)

デバイスと特定のERROR(/Date)の間の時差を取得するヘルパー。

abstract InputStreamSource getEmulatorOutput ()

エミュレータの stdout と stderr のストリームを取得します

abstract long getExternalStoreFreeSpace ()

デバイスの外部ストレージの空き容量を決定するヘルパー メソッド。

abstract String getFastbootProductType ()

fastboot モードのときにこのデバイスの製品タイプを取得する便利なメソッド。

abstract String getFastbootProductVariant ()

fastboot モードのときにこのデバイスの製品タイプを取得する便利なメソッド。

abstract String getFastbootSerialNumber ()

fastboot モードのシリアル番号を返します。

abstract String getFastbootVariable (String variableName)

指定された fastboot 変数の値をデバイスから取得します。

abstract IFileEntry getFileEntry (String path)

デバイス上のリモート ファイルへの参照を取得します。

abstract IDevice getIDevice ()

関連する ddmlib IDeviceへの参照を返します。

abstract long getIntProperty (String name, long defaultValue)

デバイスから指定されたプロパティの整数値を返します。

abstract long getLastExpectedRebootTimeMillis ()

System.currentTimeMillis()によって返される、EPOCH 以降に Tradefed API が最後に再起動をトリガーした時間をミリ秒単位で返します。

abstract int getLaunchApiLevel ()

デバイスの最初に起動された API レベルを取得します。

abstract InputStreamSource getLogcat ()

logcat データのスナップショット ストリームを取得します。

abstract InputStreamSource getLogcat (int maxBytes)

キャプチャされた logcat データの最後のmaxBytesのスナップショット ストリームを取得します。

abstract InputStreamSource getLogcatDump ()

デバイスの現在の logcat のダンプを取得します。

abstract InputStreamSource getLogcatSince (long date)

指定された日付から始まるキャプチャされた logcat データのスナップショット ストリームを取得します。

abstract String getMountPoint (String mountName)

マウント ポイントを返します。

abstract ITestDevice.MountPointInfo getMountPointInfo (String mountpoint)

指定されたマウントポイント パスに対応するMountPointInfoを返します。そのパスに何もマウントされていない場合、または /proc/mounts にマウントポイントとして表示されない場合はnullを返します。

abstract getMountPointInfo ()

デバイスの /proc/mounts にある情報の解析済みバージョンを返します

abstract long getPartitionFreeSpace (String partition)

デバイス パーティションの空き容量を決定するヘルパー メソッド。

abstract ProcessInfo getProcessByName (String processName)

ヘルパー メソッドは、「pidof」および「stat」コマンドを実行し、指定されたプロセスの PID とプロセス開始時刻を含むProcessInfoオブジェクトを返します。

abstract String getProcessPid (String process)

何か問題が発生した場合は、サービスの pid または null を返します。

abstract String getProductType ()

このデバイスの製品タイプを取得する便利なメソッド。

abstract String getProductVariant ()

このデバイスの製品バリアントを取得する便利なメソッド。

abstract String getProperty (String name)

デバイスから指定されたプロパティ値を取得します。

abstract ITestDevice.RecoveryMode getRecoveryMode ()

デバイスに使用されている現在の回復モードを取得します。

abstract String getSerialNumber ()

このデバイスのシリアル番号を取得する便利なメソッド。

abstract getTombstones ()

デバイスからトゥームストーンのリストを取得して返します。

abstract long getTotalMemory ()

物理メモリの合計サイズをバイト単位で返すか、内部エラーの場合は -1 を返します

abstract boolean getUseFastbootErase ()

デバイス上のパーティションをワイプするために fastboot erase または fastboot format を使用するかどうかを取得します。

abstract boolean isAdbRoot ()
abstract boolean isAdbTcp ()
abstract boolean isAppEnumerationSupported ()

デバイス上のプラットフォームがアプリの列挙をサポートしているかどうかを確認する

abstract boolean isDeviceEncrypted ()

デバイスが暗号化されているかどうかを返します。

abstract boolean isDirectory (String deviceFilePath)

デバイス上のパスがディレクトリの場合は True、そうでない場合は False を返します。

abstract boolean isEncryptionSupported ()

デバイスで暗号化がサポートされているかどうかを返します。

abstract boolean isExecutable (String fullPath)

デバイス上のファイル パスが実行可能ファイルの場合は True、それ以外の場合は False を返します。

abstract boolean isHeadless ()

デバイスがヘッドレス (画面なし) の場合は true、それ以外の場合は false を返します。

abstract boolean isRuntimePermissionSupported ()

デバイス上のプラットフォームが実行時の権限付与をサポートしているかどうかを確認する

abstract boolean isStateBootloaderOrFastbootd ()

デバイスがTestDeviceState#FASTBOOTまたはTestDeviceState.FASTBOOTDにある場合は true を返します。

abstract boolean logAnrs ( ITestLogger logger)

デバイスから ANR を収集してログに記録します。

abstract boolean logBugreport (String dataName, ITestLogger listener)

バグレポートを取得してレポーターに記録するためのヘルパー メソッド。

abstract void logOnDevice (String tag, Log.LogLevel level, String format, Object... args)

デバイスの logcat にメッセージを記録します。

abstract void nonBlockingReboot ()

デバイスを再起動するコマンドを発行し、コマンドが完了し、デバイスが adb に表示されなくなったときに戻ります。

abstract void postBootSetup ()

毎回の起動後にテストするためにデバイスを構成する手順を実行します。

default void postInvocationTearDown ()

このメソッドは非推奨です。代わりにpostInvocationTearDown(Throwable)を使用してください。

abstract void postInvocationTearDown (Throwable invocationException)

呼び出しが完了した後に実行される、デバイス固有の必要なクリーンアップのための追加の手順。

default void preInvocationSetup ( IBuildInfo info, MultiMap <String, String> attributes)

呼び出しフローの前にデバイスで実行されるデバイス固有の必須セットアップの追加手順。

abstract boolean pullDir (String deviceFilePath, File localDir)

デバイスからディレクトリの内容を再帰的にプルします。

abstract File pullFile (String remoteFilePath, int userId)

デバイスからファイルを取得し、ローカルの一時的なERROR(/File)に保存して、そのFileを返します。

abstract File pullFile (String remoteFilePath)

デバイスからファイルを取得し、ローカルの一時的なERROR(/File)に保存して、そのFileを返します。

abstract boolean pullFile (String remoteFilePath, File localFile)

デバイスからファイルを取得します。

abstract boolean pullFile (String remoteFilePath, File localFile, int userId)

デバイスからファイルを取得します。

abstract String pullFileContents (String remoteFilePath)

デバイスからファイルを取得し、コンテンツを返します。

abstract File pullFileFromExternal (String remoteFilePath)

デバイスの外部ストレージからファイルを取得し、それをローカルの一時的なERROR(/File)に格納して、そのFileへの参照を返す便利なメソッドです。

abstract boolean pushDir (File localDir, String deviceFilePath, excludedDirectories) pushDir (File localDir, String deviceFilePath, excludedDirectories)

フィルタリングされた一部のディレクトリを除外しながら、ディレクトリの内容をデバイスに再帰的にプッシュします。

abstract boolean pushDir (File localDir, String deviceFilePath)

ディレクトリの内容を再帰的にデバイスにプッシュします。

abstract boolean pushFile (File localFile, String deviceFilePath, boolean evaluateContentProviderNeeded)

コンテンツ プロバイダーの必要性の評価をオプションで検討できるpushFile(File, String)のバリアント。

abstract boolean pushFile (File localFile, String deviceFilePath)

ファイルをデバイスにプッシュします。

abstract boolean pushString (String contents, String deviceFilePath)

文字列から作成されたファイルをデバイスにプッシュする

abstract void reboot ()

デバイスを adb モードで再起動します。

abstract void reboot (String reason)

再起動後も保持される特定のreasonで、デバイスを adb モードで再起動します。

abstract void rebootIntoBootloader ()

デバイスをブートローダー モードで再起動します。

abstract void rebootIntoFastbootd ()

デバイスを fastbootd モードで再起動します。

abstract void rebootIntoRecovery ()

デバイスを adb リカバリ モードで再起動します。

abstract void rebootIntoSideload (boolean autoReboot)

デバイスを adb sideload モードで再起動します (これはリカバリ中の特別なモードであることに注意してください)

デバイスがサイドロード モードになるまでブロックする

abstract void rebootIntoSideload ()

デバイスを adb sideload モードで再起動します (これはリカバリ中の特別なモードであることに注意してください)

デバイスがサイドロード モードになるまでブロックする

abstract void rebootUntilOnline ()

デバイスがオンラインになるまで、つまり adb に表示されるまでのみブロックする、 reboot()の代替。

abstract void rebootUntilOnline (String reason)

デバイスがオンラインになるまで、つまり adb に表示されるまでのみブロックする、 reboot()の代替。

abstract void rebootUserspace ()

デバイスのユーザー空間部分のみを再起動します。

abstract void rebootUserspaceUntilOnline ()

デバイスがオンラインになるまで、つまり adb に表示されるまでのみブロックする、 rebootUserspace() ()} の代替。

abstract void remountSystemWritable ()

デバイスのシステム パーティションを書き込み可能にします。

abstract void remountVendorWritable ()

デバイスのベンダー パーティションを書き込み可能にします。

abstract boolean runInstrumentationTests (IRemoteAndroidTestRunner runner, ITestLifeCycleReceiver... listeners)

パラメータとして渡された 1 つ以上のリスナーを使用してERROR(/#runInstrumentationTests(com.android.ddmlib.testrunner.IRemoteAndroidTestRunner,Collection))を実行するための便利なメソッド。

abstract boolean runInstrumentationTests (IRemoteAndroidTestRunner runner, listeners) runInstrumentationTests (IRemoteAndroidTestRunner runner, listeners)

インストルメンテーション テストを実行し、デバイス リカバリを提供します。

abstract boolean runInstrumentationTestsAsUser (IRemoteAndroidTestRunner runner, int userId, ITestLifeCycleReceiver... listeners)

ITestDevice#runInstrumentationTests(IRemoteAndroidTestRunner, ITestLifeCycleReceiver...)が、特定のユーザーに対してテストを実行します。

abstract boolean runInstrumentationTestsAsUser (IRemoteAndroidTestRunner runner, int userId, listeners) runInstrumentationTestsAsUser (IRemoteAndroidTestRunner runner, int userId, listeners)

ERROR(ITestDevice#runInstrumentationTests(IRemoteAndroidTestRunner, Collection)/com.android.tradefed.device.ITestDevice#runInstrumentationTests(com.android.ddmlib.testrunner.IRemoteAndroidTestRunner,Collection) ITestDevice#runInstrumentationTests(IRemoteAndroidTestRunner, Collection))が、テストを実行します指定されたユーザーに対して。

abstract void setDate (Date date)

デバイスの日付を設定します

注: デバイスで日付を設定するには root が必要です

abstract void setOptions ( TestDeviceOptions options)

デバイスのTestDeviceOptionsを設定します

abstract boolean setProperty (String propKey, String propValue)

デバイスに指定されたプロパティ値を設定します。

abstract void setRecovery ( IDeviceRecovery recovery)

このデバイスに使用するIDeviceRecoveryを設定します。

abstract void setRecoveryMode ( ITestDevice.RecoveryMode mode)

デバイスに使用する現在の回復モードを設定します。

abstract void setUseFastbootErase (boolean useFastbootErase)

デバイスのパーティションをワイプするために fastboot erase または fastboot format を使用するかどうかを設定します。

abstract void startLogcat ()

バックグラウンドでデバイスからの logcat 出力のキャプチャを開始します。

abstract void stopEmulatorOutput ()

エミュレータ出力を閉じて削除します。

abstract void stopLogcat ()

デバイスからの logcat 出力のキャプチャを停止し、現在保存されている logcat データを破棄します。

abstract String switchToAdbTcp ()

デバイスを adb-over-tcp モードに切り替えます。

abstract boolean switchToAdbUsb ()

デバイスを USB モードで adb に切り替えます。

abstract boolean syncFiles (File localFileDir, String deviceFilePath)

ローカル ファイル ディレクトリの内容をデバイスに増分的に同期します。

abstract Bugreport takeBugreport ()

バグレポートを取得し、それを処理するためにBugreportオブジェクト内に返します。

abstract boolean unlockDevice ()

デバイスが暗号化された状態の場合、デバイスのロックを解除します。

abstract boolean waitForBootComplete (long timeOut)

デバイスの起動完了フラグが設定されるまでブロックします。

abstract boolean waitForDeviceAvailable ()

デバイスが応答してテストできるようになるまで待機します。

abstract boolean waitForDeviceAvailable (long waitTime)

デバイスが応答してテストできるようになるまで待機します。

abstract void waitForDeviceBootloader ()

fastboot 経由でデバイスが表示されるまでブロックします。

abstract boolean waitForDeviceInRecovery (long waitTime)

デバイスが「adb recovery」状態になることをブロックします (これはIDeviceRecoveryとは異なることに注意してください)。

abstract boolean waitForDeviceInSideload (long waitTime)

デバイスが「adb sideload」状態になるためのブロック

abstract boolean waitForDeviceNotAvailable (long waitTime)

デバイスが利用できないためのブロック、つまり adb から欠落している

abstract void waitForDeviceOnline ()

デバイスが adb 経由で表示されるまでブロックします。

abstract void waitForDeviceOnline (long waitTime)

デバイスが adb 経由で表示されるまでブロックします。

abstract boolean waitForDeviceShell (long waitTime)

デバイスが基本的な adb シェル コマンドに応答するまで待機します。

定数

UNKNOWN_API_LEVEL

public static final int UNKNOWN_API_LEVEL

API レベルが検出できない場合のデフォルト値

定数値: -1 (0xffffffff)

公開メソッド

checkApiLevelAgainstNextRelease

public abstract boolean checkApiLevelAgainstNextRelease (int strictMinLevel)

最低限サポートされているレベルで機能が現在サポートされているかどうかを確認します。このメソッドは、API レベルを上げる前に、まだリリースされていない機能を考慮に入れています。

パラメーター
strictMinLevel int : 機能をサポートする厳密な最小可能レベル。

戻り値
booleanレベルがサポートされている場合は true。それ以外の場合は偽。

スロー
DeviceNotAvailableException

clearLogcat

public abstract void clearLogcat ()

蓄積された logcat データを削除します。

これは、 ITestDevice#getLogcat()が特定の時点以降 (新しいデバイス ビルドのフラッシュ後など) に生成されたログ データのみを返すようにしたい場合に役立ちます。

ファイルを削除する

public abstract void deleteFile (String deviceFilePath)

デバイス上のファイルまたはディレクトリを削除するヘルパー メソッド。

パラメーター
deviceFilePath String : デバイス上のファイルの絶対パス。

スロー
DeviceNotAvailableException

deviceSoftRestarted

public abstract boolean deviceSoftRestarted (ProcessInfo prevSystemServerProcess)

現在の system_server と以前の system_server ProcessInfoを比較して、デバイスがソフト リスタートしたかどうかを確認するヘルパー メソッド。 getProcessByName(String)を使用してProcessInfoを取得します。

パラメーター
prevSystemServerProcess ProcessInfo : 以前の system_server プロセスProcessInfo

戻り値
booleanデバイスのソフト リスタートの場合はtrue

スロー
RuntimeExceptionデバイスに異常な起動理由がある場合
DeviceNotAvailableException

deviceSoftRestartedSince

public abstract boolean deviceSoftRestartedSince (long utcEpochTime, 
                TimeUnit timeUnit)

デバイスとそのERROR(/TimeUnit)からのエポック以降の UTC 時間以降にデバイスがソフト リスタートしたかどうかを確認するヘルパー メソッド。ソフト再起動は、デバイスのハード再起動以外で再起動された system_server を指します (例: 要求された再起動)。ミリ秒単位の現在のデバイス utcEpochTime は、メソッドgetDeviceDate()で取得できます。

パラメーター
utcEpochTime long : エポックからの秒単位のデバイス時間。

timeUnit TimeUnit : 指定された utcEpochTime の時間単位TimeUnit

戻り値
booleanデバイスのソフト リスタートの場合はtrue

スロー
RuntimeExceptionデバイスに異常な起動理由がある場合
DeviceNotAvailableException

disableAdbRoot

public abstract boolean disableAdbRoot ()

adb ルートをオフにします。

adb root を無効にすると、デバイスが adb から切断される可能性があります。このメソッドは、デバイスが使用可能になるまでブロックされます。

戻り値
boolean成功した場合はtrue

スロー
DeviceNotAvailableExceptionデバイスとの接続が失われ、回復できない場合。

dosFileExist

public abstract boolean doesFileExist (String deviceFilePath)

デバイス上にファイルが存在するかどうかを判断するヘルパー メソッド。

パラメーター
deviceFilePath String : チェックするデバイス上のファイルの絶対パス

戻り値
booleanファイルが存在する場合はtrue 、そうでない場合はfalse

スロー
DeviceNotAvailableExceptionデバイスとの接続が失われ、回復できない場合。

enableAdbRoot

public abstract boolean enableAdbRoot ()

adb ルートをオンにします。 「enable-root」設定が「false」の場合、メッセージをログに記録し、root を有効にせずに戻ります。

adb root を有効にすると、デバイスが adb から切断される場合があります。このメソッドは、デバイスが使用可能になるまでブロックされます。

戻り値
boolean成功した場合はtrue

スロー
DeviceNotAvailableExceptionデバイスとの接続が失われ、回復できない場合。

executeAdbCommand

public abstract String executeAdbCommand (long timeout, 
                String... commandArgs)

指定されたタイムアウトで adb コマンドをシステム コマンドとして実行するヘルパー メソッド。

executeShellCommand(String)は、より優れた障害検出とパフォーマンスを提供するため、可能な限り代わりに使用する必要があります。

パラメーター
timeout long : デバイスが応答していないと見なされるまでのミリ秒単位の時間。タイムアウトなしの場合は 0L

commandArgs String : 実行する adb コマンドと引数

戻り値
Stringコマンドからの標準出力。コマンドの実行に失敗した場合はnull

スロー
DeviceNotAvailableExceptionデバイスとの接続が失われ、回復できない場合。

executeAdbCommand

public abstract String executeAdbCommand (String... commandArgs)

システムコマンドとしてadbコマンドを実行するヘルパーメソッド。

executeShellCommand(String)は、より優れた障害検出とパフォーマンスを提供するため、可能な限り代わりに使用する必要があります。

パラメーター
commandArgs String : 実行する adb コマンドと引数

戻り値
Stringコマンドからの標準出力。コマンドの実行に失敗した場合はnull

スロー
DeviceNotAvailableExceptionデバイスとの接続が失われ、回復できない場合。

executeFastbootCommand

public abstract CommandResult executeFastbootCommand (String... commandArgs)

fastboot コマンドをシステム コマンドとして実行するヘルパー メソッドで、デフォルトのタイムアウトは 2 分です。

デバイスが既に fastboot モードになっている場合に使用されると予想されます。

パラメーター
commandArgs String : 実行する fastboot コマンドと引数

戻り値
CommandResultコマンドの出力を含む CommandResult

スロー
DeviceNotAvailableExceptionデバイスとの接続が失われ、回復できない場合。

executeFastbootCommand

public abstract CommandResult executeFastbootCommand (long timeout, 
                String... commandArgs)

fastboot コマンドをシステム コマンドとして実行するヘルパー メソッド。

デバイスが既に fastboot モードになっている場合に使用されると予想されます。

パラメーター
timeout long : コマンドの有効期限が切れるまでのミリ秒単位の時間

commandArgs String : 実行する fastboot コマンドと引数

戻り値
CommandResultコマンドの出力を含む CommandResult

スロー
DeviceNotAvailableExceptionデバイスとの接続が失われ、回復できない場合。

executeLongFastboot コマンド

public abstract CommandResult executeLongFastbootCommand ( envVarMap, 
                String... commandArgs)

システム環境変数を使用して、長時間実行される fastboot コマンドをシステム コマンドとして実行するヘルパー メソッド。

より長いタイムアウトを使用することを除いて、 executeFastbootCommand(String)と同じです。

パラメーター
envVarMap : fastboot コマンドが実行されるシステム環境変数

commandArgs String : 実行する fastboot コマンドと引数

戻り値
CommandResultコマンドの出力を含む CommandResult

スロー
DeviceNotAvailableExceptionデバイスとの接続が失われ、回復できない場合。

executeLongFastboot コマンド

public abstract CommandResult executeLongFastbootCommand (String... commandArgs)

長時間実行される fastboot コマンドをシステム コマンドとして実行するヘルパー メソッド。

より長いタイムアウトを使用することを除いて、 executeFastbootCommand(String)と同じです。

パラメーター
commandArgs String : 実行する fastboot コマンドと引数

戻り値
CommandResultコマンドの出力を含む CommandResult

スロー
DeviceNotAvailableExceptionデバイスとの接続が失われ、回復できない場合。

executeShellCommand

public abstract String executeShellCommand (String command)

adb シェル コマンドを実行し、出力をStringとして返すヘルパー メソッド。

パラメーター
command String : 実行する adb shell コマンド

戻り値
Stringシェル出力

スロー
DeviceNotAvailableExceptionデバイスとの接続が失われ、回復できない場合。

executeShellCommand

public abstract void executeShellCommand (String command, 
                IShellOutputReceiver receiver, 
                long maxTimeToOutputShellResponse, 
                TimeUnit timeUnit, 
                int retryAttempts)

コマンドの動作を制御するためのパラメーターを追加して、adb shell コマンドを実行します。

パラメーター
command String : 実行する adb shell コマンド

receiver IShellOutputReceiver : シェル出力を送信するIShellOutputReceiver

maxTimeToOutputShellResponse long : コマンドが応答を出力しない最大時間。 timeUnitで指定された単位

timeUnit TimeUnit : maxTimeToOutputShellResponseの単位

retryAttempts int : 例外が原因で失敗した場合にコマンドを再試行する最大回数。 retryAttempts が成功しない場合、 retryAttemptsがスローされます。

スロー
DeviceNotAvailableExceptionデバイスとの接続が失われ、回復できない場合。

以下も参照してください。

executeShellCommand

public abstract void executeShellCommand (String command, 
                IShellOutputReceiver receiver, 
                long maxTimeoutForCommand, 
                long maxTimeToOutputShellResponse, 
                TimeUnit timeUnit, 
                int retryAttempts)

コマンドの動作を制御するためのパラメーターを追加して、adb shell コマンドを実行します。

パラメーター
command String : 実行する adb shell コマンド

receiver IShellOutputReceiver : シェル出力を送信するIShellOutputReceiver

maxTimeoutForCommand long : コマンドが完了するまでの最大タイムアウト。 timeUnitで指定された単位

maxTimeToOutputShellResponse long : コマンドが応答を出力しない最大時間。 timeUnitで指定された単位

timeUnit TimeUnit : maxTimeToOutputShellResponseの単位

retryAttempts int : 例外が原因で失敗した場合にコマンドを再試行する最大回数。 retryAttempts が成功しない場合、 retryAttemptsがスローされます。

スロー
DeviceNotAvailableExceptionデバイスとの接続が失われ、回復できない場合。

以下も参照してください。

executeShellCommand

public abstract void executeShellCommand (String command, 
                IShellOutputReceiver receiver)

指定された adb シェル コマンドを実行し、コマンドが失敗した場合は複数回再試行します。

デフォルト値を持つexecuteShellCommand(String, com.android.ddmlib.IShellOutputReceiver, long, TimeUnit, int)の単純な形式。

パラメーター
command String : 実行する adb shell コマンド

receiver IShellOutputReceiver : シェル出力を送信するIShellOutputReceiver

スロー
DeviceNotAvailableExceptionデバイスとの接続が失われ、回復できない場合。

executeShellV2Command

public abstract CommandResult executeShellV2Command (String command)

adb シェル コマンドを実行し、コマンド ステータス出力、stdout および stderr が適切に取り込まれたCommandResultとして結果を返すヘルパー メソッド。

パラメーター
command String : 実行するコマンド。

戻り値
CommandResult CommandResultの結果。

スロー
DeviceNotAvailableExceptionデバイスとの接続が失われ、回復できない場合。

executeShellV2Command

public abstract CommandResult executeShellV2Command (String command, 
                OutputStream pipeToOutput)

adb シェル コマンドを実行し、コマンド ステータス出力と stderr が適切に設定されたCommandResultとして結果を返すヘルパー メソッド。 stdout は、指定されたストリームに送られます。

パラメーター
command String : 実行するコマンド。

pipeToOutput OutputStream : std 出力がリダイレクトされるERROR(/OutputStream) 、または null。

戻り値
CommandResult CommandResultの結果。

スロー
DeviceNotAvailableExceptionデバイスとの接続が失われ、回復できない場合。

executeShellV2Command

public abstract CommandResult executeShellV2Command (String command, 
                File pipeAsInput)

adb シェル コマンドを実行し、コマンド ステータス出力、stdout および stderr が適切に取り込まれたCommandResultとして結果を返すヘルパー メソッド。

パラメーター
command String : 実行するコマンド。

pipeAsInput File : コマンドへの入力としてパイプされるERROR(/File) 、または null。

戻り値
CommandResult CommandResultの結果。

スロー
DeviceNotAvailableExceptionデバイスとの接続が失われ、回復できない場合。

executeShellV2Command

public abstract CommandResult executeShellV2Command (String command, 
                long maxTimeoutForCommand, 
                TimeUnit timeUnit, 
                int retryAttempts)

コマンドの動作を制御するためのパラメーターを追加して、adb shell コマンドを実行します。

パラメーター
command String : 実行する adb shell コマンド

maxTimeoutForCommand long : コマンドが完了するまでの最大タイムアウト。 timeUnitで指定された単位

timeUnit TimeUnit : maxTimeToOutputShellResponseの単位

retryAttempts int : 例外が原因で失敗した場合にコマンドを再試行する最大回数。 retryAttempts が成功しない場合、 retryAttemptsがスローされます。

戻り値
CommandResult

スロー
DeviceNotAvailableExceptionデバイスとの接続が失われ、回復できない場合。

以下も参照してください。

executeShellV2Command

public abstract CommandResult executeShellV2Command (String command, 
                long maxTimeoutForCommand, 
                TimeUnit timeUnit)

コマンドの動作を制御するためのパラメーターを追加して、adb shell コマンドを実行します。

パラメーター
command String : 実行する adb shell コマンド

maxTimeoutForCommand long : コマンドが完了するまでの最大タイムアウト。 timeUnitで指定された単位

timeUnit TimeUnit : maxTimeToOutputShellResponseの単位

戻り値
CommandResult

スロー
DeviceNotAvailableExceptionデバイスとの接続が失われ、回復できない場合。

以下も参照してください。

executeShellV2Command

public abstract CommandResult executeShellV2Command (String command, 
                File pipeAsInput, 
                OutputStream pipeToOutput, 
                long maxTimeoutForCommand, 
                TimeUnit timeUnit, 
                int retryAttempts)

コマンドの動作を制御するためのパラメーターを追加して、adb shell コマンドを実行します。

パラメーター
command String : 実行する adb shell コマンド

pipeAsInput File : コマンドへの入力としてパイプされるERROR(/File) 、または null。

pipeToOutput OutputStream : std 出力がリダイレクトされるERROR(/OutputStream) 、または null。

maxTimeoutForCommand long : コマンドが完了するまでの最大タイムアウト。 timeUnitで指定された単位

timeUnit TimeUnit : maxTimeToOutputShellResponseの単位

retryAttempts int : 例外が原因で失敗した場合にコマンドを再試行する最大回数。 retryAttempts が成功しない場合、 retryAttemptsがスローされます。

戻り値
CommandResult

スロー
DeviceNotAvailableExceptionデバイスとの接続が失われ、回復できない場合。

以下も参照してください。

executeShellV2Command

public abstract CommandResult executeShellV2Command (String command, 
                File pipeAsInput, 
                OutputStream pipeToOutput, 
                OutputStream pipeToError, 
                long maxTimeoutForCommand, 
                TimeUnit timeUnit, 
                int retryAttempts)

コマンドの動作を制御するためのパラメーターを追加して、adb shell コマンドを実行します。

パラメーター
command String : 実行する adb shell コマンド

pipeAsInput File : コマンドへの入力としてパイプされるERROR(/File) 、または null。

pipeToOutput OutputStream : std 出力がリダイレクトされるERROR(/OutputStream) 、または null。

pipeToError OutputStream : std エラーがリダイレクトされるERROR(/OutputStream) 、または null。

maxTimeoutForCommand long : コマンドが完了するまでの最大タイムアウト。 timeUnitで指定された単位

timeUnit TimeUnit : maxTimeToOutputShellResponseの単位

retryAttempts int : 例外が原因で失敗した場合にコマンドを再試行する最大回数。 retryAttempts が成功しない場合、 retryAttemptsがスローされます。

戻り値
CommandResult

スロー
DeviceNotAvailableExceptionデバイスとの接続が失われ、回復できない場合。

以下も参照してください。

fastbootWipeパーティション

public abstract CommandResult fastbootWipePartition (String partition)

デバイスのパーティションをワイプするヘルパー メソッド。

getUseFastbootErase()true 、ファストブート消去を使用してパーティションが消去されます。デバイスは、次にデバイスが起動するときにファイルシステムを作成する必要があります。それ以外の場合は、fastboot 形式が使用され、デバイス上に新しいファイル システムが作成されます。

デバイスが既に fastboot モードになっている場合に使用されると予想されます。

パラメーター
partition String : ワイプするパーティション

戻り値
CommandResultコマンドの出力を含む CommandResult

スロー
DeviceNotAvailableExceptionデバイスとの接続が失われ、回復できない場合。

getApiLevel

public abstract int getApiLevel ()

デバイスの API レベルを取得します。デフォルトはUNKNOWN_API_LEVELです。

戻り値
intデバイスの API レベルを示す整数

スロー
DeviceNotAvailableException

getBasebandVersion

public abstract String getBasebandVersion ()

このデバイスのベースバンド (無線) バージョンを取得する便利なメソッド。無線バージョンの取得はデバイス固有であるため、すべてのデバイスに対して正しい情報が返されるとは限りません。このメソッドは、正しいバージョン情報を返すために gsm.version.baseband プロパティに依存しています。これは一部の CDMA デバイスでは正確ではなく、ここで返されるバージョンは、fastboot から報告されたバージョンと一致しない可能性があり、CDMA 無線のバージョンを返さない可能性があります。 TL;DR このメソッドは、 gsm.version.baseband プロパティがfastboot getvar version-basebandによって返されるバージョンと同じ場合にのみ、正確なバージョンを報告します。

戻り値
String Stringベースバンド バージョン、または判別できない場合はnull (デバイスに無線がないか、バージョン文字列を読み取ることができない)

スロー
DeviceNotAvailableExceptionデバイスとの接続が失われ、回復できない場合。

getBattery

public abstract Integer getBattery ()

デバイスの現在のバッテリー レベルを返すか、バッテリー レベルが取得できない場合は Null を返します。

戻り値
Integer

getBooleanProperty

public abstract boolean getBooleanProperty (String name, 
                boolean defaultValue)

指定されたプロパティのブール値を返します。

パラメーター
name String : プロパティ名

defaultValue boolean : プロパティが空または存在しない場合に返されるデフォルト値。

戻り値
booleanプロパティの値が"1""y""yes""on" 、または"true" true場合は true 、プロパティの値が"0""n""no""off"の場合はfalse"false" 、またはそれ以外の場合はdefaultValue

スロー
DeviceNotAvailableException

getBootHistory

public abstract  getBootHistory ()

ヘルパー メソッドは、起動時間と起動理由を含む起動履歴マップを収集します。

戻り値
起動時間 (エポックからの秒単位の UTC 時間) と起動理由のマップ

スロー
DeviceNotAvailableException

getBootHistorySince

public abstract  getBootHistorySince (long utcEpochTime, 
                TimeUnit timeUnit)

ヘルパー メソッドは、デバイスからのエポックからの指定された時間以降の起動時間と起動理由を含む起動履歴マップと、指定された時間単位を収集します。ミリ秒単位の現在のデバイスの utcEpochTime は、メソッドgetDeviceDate()で取得できます。

パラメーター
utcEpochTime long : エポック以降のデバイス時間。

timeUnit TimeUnit : 時間単位TimeUnit

戻り値
起動時間 (エポックからの秒単位の UTC 時間) と起動理由のマップ

スロー
DeviceNotAvailableException

getBootloaderVersion

public abstract String getBootloaderVersion ()

このデバイスのブートローダー バージョンを取得する便利なメソッド。

デバイスの現在の状態からブートローダーのバージョンを取得しようとします。 (つまり、デバイスが fastboot モードの場合、fastboot からバージョンを取得しようとします)

戻り値
String Stringブートローダーのバージョン、または見つからない場合はnull

スロー
DeviceNotAvailableExceptionデバイスとの接続が失われ、回復できない場合。

getBugreport

public abstract InputStreamSource getBugreport ()

デバイスからバグレポートを取得します。

これの実装は、SD カードのない (または SD カードがまだマウントされていない) デバイスで引き続き動作することが保証されています。

戻り値
InputStreamSourceオンデマンドでバグレポートの内容を生成するInputStreamSource 。失敗した場合、 InputStreamSourceは空のERROR(/InputStream)を生成します。

getBugreportz

public abstract InputStreamSource getBugreportz ()

デバイスからバグレポートを取得します。 zip 形式のバグレポートには、メインのバグレポートと、デバッグに役立つその他のログ ファイルが含まれています。

「adb バージョン」 > 1.0.36 でのみサポートされています

戻り値
InputStreamSource bugreportz を含む zip ファイルのInputStreamSource 。失敗した場合は null を返します。

getBuildAlias

public abstract String getBuildAlias ()

デバイスが現在実行しているビルドのエイリアスを取得します。

ビルド エイリアスは通常、ビルド ID (通常は Nexus ビルドの番号) よりも読みやすい文字列です。たとえば、Android 4.2 の最終リリースには、ビルド エイリアス JDQ39 とビルド ID 573038 があります。

戻り値
Stringビルド エイリアス、または取得できなかった場合はビルド ID にフォールバックします

スロー
DeviceNotAvailableException

getBuildFlavor

public abstract String getBuildFlavor ()

デバイスのビルド フレーバーを取得します。

戻り値
Stringビルドフレーバー、または取得できなかった場合は null

スロー
DeviceNotAvailableException

getBuildId

public abstract String getBuildId ()

デバイスが現在実行しているビルドを取得します。

戻り値
Stringビルド ID または取得できなかった場合はIBuildInfo#UNKNOWN_BUILD_ID

スロー
DeviceNotAvailableException

getBuildSigningKeys

public abstract String getBuildSigningKeys ()

デバイス イメージの署名に使用されるキーの種類を返します

通常、Android デバイスはテスト キー (AOSP など) またはリリース キー (個々のデバイス メーカーによって制御される) で署名されます。

戻り値
String見つかった場合は署名キー、それ以外の場合は null。

スロー
DeviceNotAvailableException

getCachedDeviceDescriptor

public abstract DeviceDescriptor getCachedDeviceDescriptor ()

デバイスが割り当てられている場合はキャッシュされたDeviceDescriptorを返し、そうでない場合は現在のDeviceDescriptorを返します。

戻り値
DeviceDescriptor

getCachedDeviceDescriptor

public abstract DeviceDescriptor getCachedDeviceDescriptor (boolean shortDescriptor)

デバイスが割り当てられている場合はキャッシュされたDeviceDescriptorを返し、そうでない場合は現在のDeviceDescriptorを返します。

パラメーター
shortDescriptor boolean : 記述子を最小限の情報に制限するかどうか

戻り値
DeviceDescriptor

getChildren

public abstract String[] getChildren (String deviceFilePath)

アクセス許可のために時々機能しないIFileEntryを使用する代わりの方法。

パラメーター
deviceFilePath String : 検索を行うデバイス上のパスです

戻り値
String[]デバイス上のパスにあるすべてのファイルを含む文字列の配列。

スロー
DeviceNotAvailableException

getDeviceClass

public abstract String getDeviceClass ()

デバイス クラスを取得します。

戻り値
String Stringデバイス クラス。

getDeviceDate

public abstract long getDeviceDate ()

エポックからのミリ秒単位でデバイスの日付を返します。

戻り値
longエポック形式のデバイスの日付。

スロー
DeviceNotAvailableException

getDeviceDescriptor

public abstract DeviceDescriptor getDeviceDescriptor ()

デバイス情報からDeviceDescriptorを返して、実際のデバイス オブジェクトを渡さずに情報を取得します。

戻り値
DeviceDescriptor

getDeviceDescriptor

public abstract DeviceDescriptor getDeviceDescriptor (boolean shortDescriptor)

デバイス情報からDeviceDescriptorを返して、実際のデバイス オブジェクトを渡さずに情報を取得します。

パラメーター
shortDescriptor boolean : 記述子を最小限の情報に制限するかどうか

戻り値
DeviceDescriptor

getDeviceState

public abstract TestDeviceState getDeviceState ()

デバイスの状態を取得します。

戻り値
TestDeviceState

getDeviceTimeOffset

public abstract long getDeviceTimeOffset (Date date)

デバイスと特定のERROR(/Date)の間の時差を取得するヘルパー。内部でエポック時間を使用します。

パラメーター
date Date

戻り値
longミリ秒単位の差

スロー
DeviceNotAvailableException

getEmulatorOutput

public abstract InputStreamSource getEmulatorOutput ()

エミュレータの stdout と stderr のストリームを取得します

戻り値
InputStreamSourceエミュレータ出力

getExternalStoreFreeSpace

public abstract long getExternalStoreFreeSpace ()

デバイスの外部ストレージの空き容量を決定するヘルパー メソッド。

戻り値
long空き容量 (KB)

スロー
DeviceNotAvailableExceptionデバイスとの接続が失われ、回復できない場合。

getFastbootProductType

public abstract String getFastbootProductType ()

fastboot モードのときにこのデバイスの製品タイプを取得する便利なメソッド。

このメソッドは、デバイスを fastboot にする必要がある場合にのみ使用してください。この場合、一般的なgetProductType()メソッドよりも少し安全なバリアントです。これは、デバイスが正しくない状態または応答がない場合に ITestDevice がデバイスを fastboot に回復することを認識しているためです。

戻り値
String String製品タイプ名、または判別できない場合はnull

スロー
DeviceNotAvailableExceptionデバイスとの接続が失われ、回復できない場合。

getFastbootProductVariant

public abstract String getFastbootProductVariant ()

fastboot モードのときにこのデバイスの製品タイプを取得する便利なメソッド。

このメソッドは、デバイスを fastboot にする必要がある場合にのみ使用してください。この場合、一般的なgetProductType()メソッドよりも少し安全なバリアントです。これは、デバイスが正しくない状態または応答がない場合に ITestDevice がデバイスを fastboot に回復することを認識しているためです。

戻り値
String String製品タイプ名、または判別できない場合はnull

スロー
DeviceNotAvailableExceptionデバイスとの接続が失われ、回復できない場合。

getFastbootシリアル番号

public abstract String getFastbootSerialNumber ()

fastboot モードのシリアル番号を返します。

戻り値
String

getFastbootVariable

public abstract String getFastbootVariable (String variableName)

指定された fastboot 変数の値をデバイスから取得します。

パラメーター
variableName String : 変数名

戻り値
Stringプロパティ値、または存在しない場合はnull

スロー
サポートされていない操作例外
DeviceNotAvailableException

getFileEntry

public abstract IFileEntry getFileEntry (String path)

デバイス上のリモート ファイルへの参照を取得します。

パラメーター
path String : 取得するファイル パス。絶対パスまたは「/」からの相対パスを指定できます。 (つまり、「/system」と「system」の両方の構文がサポートされています)

戻り値
IFileEntry指定されたpathにファイルが見つからない場合はIFileEntryまたはnull

スロー
DeviceNotAvailableException

getIDevice

public abstract IDevice getIDevice ()

関連する ddmlib IDeviceへの参照を返します。

デバイスが adb から切断されて再接続されるたびに、新しいIDeviceが DDMS によって割り当てられる場合があります。したがって、呼び出し元はIDeviceへの参照を保持しないでください。参照が古くなる可能性があるためです。

戻り値
IDevice IDevice

getIntProperty

public abstract long getIntProperty (String name, 
                long defaultValue)

デバイスから指定されたプロパティの整数値を返します。

パラメーター
name String : プロパティ名

defaultValue long : プロパティが空または存在しない場合に返されるデフォルト値。

戻り値
longプロパティが空、存在しない、または整数値を持たない場合は、プロパティ値またはdefaultValue

スロー
DeviceNotAvailableException

getLastExpectedRebootTimeMillis

public abstract long getLastExpectedRebootTimeMillis ()

System.currentTimeMillis()によって返される、EPOCH 以降に Tradefed API が最後に再起動をトリガーした時間をミリ秒単位で返します。

戻り値
long

getLaunchApiLevel

public abstract int getLaunchApiLevel ()

デバイスの最初に起動された API レベルを取得します。デフォルトはUNKNOWN_API_LEVELです。

戻り値
intデバイスの最初に起動された API レベルを示す整数

スロー
DeviceNotAvailableException

getLogcat

public abstract InputStreamSource getLogcat ()

logcat データのスナップショット ストリームを取得します。

次の 2 つのモードで動作します。

  • logcat が現在バックグラウンドでキャプチャされている場合、バックグラウンド logcat キャプチャの現在の内容の最大TestDeviceOptions.getMaxLogcatDataSize()バイトが返されます。
  • それ以外の場合、デバイスが現在応答している場合は、logcat データの静的ダンプを返します

    戻り値
    InputStreamSource

  • getLogcat

    public abstract InputStreamSource getLogcat (int maxBytes)

    キャプチャされた logcat データの最後のmaxBytesのスナップショット ストリームを取得します。

    getLogcat()スナップショット全体を取得するという潜在的に大きなディスク容量のペナルティを被ることなく、キャプチャされた logcat データのスナップショットを頻繁にキャプチャしたい場合に役立ちます。

    パラメーター
    maxBytes int : 返されるデータの最大量。 Should be an amount that can comfortably fit in memory

    戻り値
    InputStreamSource

    getLogcatDump

    public abstract InputStreamSource getLogcatDump ()

    Get a dump of the current logcat for device. Unlike getLogcat() , this method will always return a static dump of the logcat.

    Has the disadvantage that nothing will be returned if device is not reachable.

    戻り値
    InputStreamSource a InputStreamSource of the logcat data. An empty stream is returned if fail to capture logcat data.

    getLogcatSince

    public abstract InputStreamSource getLogcatSince (long date)

    Grabs a snapshot stream of captured logcat data starting the date provided. The time on the device should be used getDeviceDate() .

    パラメーター
    date long : in millisecond since epoch format of when to start the snapshot until present. (can be be obtained using 'date +%s')

    戻り値
    InputStreamSource

    getMountPoint

    public abstract String getMountPoint (String mountName)

    Returns a mount point.

    Queries the device directly if the cached info in IDevice is not available.

    TODO: move this behavior to IDevice#getMountPoint(String)

    パラメーター
    mountName String : the name of the mount point

    戻り値
    String the mount point or null

    getMountPointInfo

    public abstract ITestDevice.MountPointInfo getMountPointInfo (String mountpoint)

    Returns a MountPointInfo corresponding to the specified mountpoint path, or null if that path has nothing mounted or otherwise does not appear in /proc/mounts as a mountpoint.

    パラメーター
    mountpoint String

    戻り値
    ITestDevice.MountPointInfo A ERROR(/List) of MountPointInfo containing the information in "/proc/mounts"

    スロー
    DeviceNotAvailableException

    getMountPointInfo

    public abstract  getMountPointInfo ()

    Returns a parsed version of the information in /proc/mounts on the device

    戻り値
    A ERROR(/List) of MountPointInfo containing the information in "/proc/mounts"

    スロー
    DeviceNotAvailableException

    getPartitionFreeSpace

    public abstract long getPartitionFreeSpace (String partition)

    Helper method to determine amount of free space on device partition.

    パラメーター
    partition String

    戻り値
    long the amount of free space in KB

    スロー
    DeviceNotAvailableException if connection with device is lost and cannot be recovered.

    getProcessByName

    public abstract ProcessInfo getProcessByName (String processName)

    Helper method runs the "pidof" and "stat" command and returns ProcessInfo object with PID and process start time of the given process.

    パラメーター
    processName String : the proces name String.

    戻り値
    ProcessInfo ProcessInfo of given processName

    スロー
    DeviceNotAvailableException

    getProcessPid

    public abstract String getProcessPid (String process)

    Returns the pid of the service or null if something went wrong.

    パラメーター
    process String : The proces name String.

    戻り値
    String

    スロー
    DeviceNotAvailableException

    getProductType

    public abstract String getProductType ()

    Convenience method to get the product type of this device.

    This method will work if device is in either adb or fastboot mode.

    戻り値
    String the String product type name. Will not be null

    スロー
    DeviceNotAvailableException if connection with device is lost and cannot be recovered, or if product type can not be determined

    getProductVariant

    public abstract String getProductVariant ()

    Convenience method to get the product variant of this device.

    This method will work if device is in either adb or fastboot mode.

    戻り値
    String the String product variant name or null if it cannot be determined

    スロー
    DeviceNotAvailableException if connection with device is lost and cannot be recovered.

    getProperty

    public abstract String getProperty (String name)

    Retrieve the given property value from the device.

    パラメーター
    name String : the property name

    戻り値
    String the property value or null if it does not exist

    スロー
    DeviceNotAvailableException

    getRecoveryMode

    public abstract ITestDevice.RecoveryMode getRecoveryMode ()

    Get the current recovery mode used for the device.

    戻り値
    ITestDevice.RecoveryMode the current recovery mode used for the device.

    getSerialNumber

    public abstract String getSerialNumber ()

    Convenience method to get serial number of this device.

    戻り値
    String the String serial number

    getTombstones

    public abstract  getTombstones ()

    Fetch and return the list of tombstones from the devices. Requires root.

    method is best-effort so if one tombstone fails to be pulled for any reason it will be missing from the list. Only a DeviceNotAvailableException will terminate the method early.

    戻り値
    A list of tombstone files, empty if no tombstone.

    スロー
    DeviceNotAvailableException

    getTotalMemory

    public abstract long getTotalMemory ()

    Returns total physical memory size in bytes or -1 in case of internal error

    戻り値
    long

    getUseFastbootErase

    public abstract boolean getUseFastbootErase ()

    Get whether to use fastboot erase or fastboot format to wipe a partition on the device.

    戻り値
    boolean true if fastboot erase will be used or false if fastboot format will be used.

    isAdbRoot

    public abstract boolean isAdbRoot ()

    戻り値
    boolean true if device currently has adb root, false otherwise.

    スロー
    DeviceNotAvailableException if connection with device is lost and cannot be recovered.

    isAdbTcp

    public abstract boolean isAdbTcp ()

    戻り値
    boolean true if device is connected to adb-over-tcp, false otherwise.

    isAppEnumerationSupported

    public abstract boolean isAppEnumerationSupported ()

    Check whether platform on device supports app enumeration

    戻り値
    boolean True if app enumeration is supported, false otherwise

    スロー
    DeviceNotAvailableException

    isDeviceEncrypted

    public abstract boolean isDeviceEncrypted ()

    Returns if the device is encrypted.

    戻り値
    boolean true if the device is encrypted.

    スロー
    DeviceNotAvailableException if connection with device is lost and cannot be recovered.

    isDirectory

    public abstract boolean isDirectory (String deviceFilePath)

    Return True if the path on the device is a directory, false otherwise.

    パラメーター
    deviceFilePath String

    戻り値
    boolean

    スロー
    DeviceNotAvailableException

    isEncryptionSupported

    public abstract boolean isEncryptionSupported ()

    Returns if encryption is supported on the device.

    戻り値
    boolean true if the device supports encryption.

    スロー
    DeviceNotAvailableException

    isExecutable

    public abstract boolean isExecutable (String fullPath)

    Returns True if the file path on the device is an executable file, false otherwise.

    パラメーター
    fullPath String

    戻り値
    boolean

    スロー
    DeviceNotAvailableException

    isHeadless

    public abstract boolean isHeadless ()

    Return true if the device is headless (no screen), false otherwise.

    戻り値
    boolean

    スロー
    DeviceNotAvailableException

    isRuntimePermissionSupported

    public abstract boolean isRuntimePermissionSupported ()

    Check whether platform on device supports runtime permission granting

    戻り値
    boolean True if runtime permission are supported, false otherwise.

    スロー
    DeviceNotAvailableException

    isStateBootloaderOrFastbootd

    public abstract boolean isStateBootloaderOrFastbootd ()

    Returns true if device is in TestDeviceState#FASTBOOT or TestDeviceState.FASTBOOTD .

    戻り値
    boolean

    logAnrs

    public abstract boolean logAnrs (ITestLogger logger)

    Collects and log ANRs from the device.

    パラメーター
    logger ITestLogger : an ITestLogger to log the ANRs.

    戻り値
    boolean True if the logging was successful, false otherwise.

    スロー
    DeviceNotAvailableException

    logBugreport

    public abstract boolean logBugreport (String dataName, 
                    ITestLogger listener)

    Helper method to take a bugreport and log it to the reporters.

    パラメーター
    dataName String : name under which the bugreport will be reported.

    listener ITestLogger : an ITestLogger to log the bugreport.

    戻り値
    boolean True if the logging was successful, false otherwise.

    logOnDevice

    public abstract void logOnDevice (String tag, 
                    Log.LogLevel level, 
                    String format, 
                    Object... args)

    Log a message in the logcat of the device. This is a safe call that will not throw even if the logging fails.

    パラメーター
    tag String : The tag under which we log our message in the logcat.

    level Log.LogLevel : The debug level of the message in the logcat.

    format String : The message format.

    args Object : the args to be replaced via String.format().

    nonBlockingReboot

    public abstract void nonBlockingReboot ()

    Issues a command to reboot device and returns on command complete and when device is no longer visible to adb.

    スロー
    DeviceNotAvailableException

    postBootSetup

    public abstract void postBootSetup ()

    Perform instructions to configure device for testing that after every boot.

    Should be called after device is fully booted/available

    In normal circumstances this method doesn't need to be called explicitly, as implementations should perform these steps automatically when performing a reboot.

    Where it may need to be called is when device reboots due to other events (eg when a fastboot update command has completed)

    スロー
    DeviceNotAvailableException if connection with device is lost and cannot be recovered.

    postInvocationTearDown

    public void postInvocationTearDown ()

    このメソッドは非推奨です。
    Use postInvocationTearDown(Throwable) instead.

    Extra steps for device specific required clean up that will be executed after the invocation is done.

    postInvocationTearDown

    public abstract void postInvocationTearDown (Throwable invocationException)

    Extra steps for device specific required clean up that will be executed after the invocation is done.

    パラメーター
    invocationException Throwable : if any, the final exception raised by the invocation failure.

    preInvocationSetup

    public void preInvocationSetup (IBuildInfo info, 
                    MultiMap<String, String> attributes)

    Extra steps for device specific required setup that will be executed on the device prior to the invocation flow.

    パラメーター
    info IBuildInfo : The IBuildInfo of the device.

    attributes MultiMap : The attributes stored in the invocation context

    スロー
    com.android.tradefed.targetprep.TargetSetupError
    DeviceNotAvailableException
    TargetSetupError

    pullDir

    public abstract boolean pullDir (String deviceFilePath, 
                    File localDir)

    Recursively pull directory contents from device.

    パラメーター
    deviceFilePath String : the absolute file path of the remote source

    localDir File : the local directory to pull files into

    戻り値
    boolean true if file was pulled successfully. false otherwise.

    スロー
    DeviceNotAvailableException if connection with device is lost and cannot be recovered.

    pullFile

    public abstract File pullFile (String remoteFilePath, 
                    int userId)

    Retrieves a file off device, stores it in a local temporary ERROR(/File) , and returns that File .

    パラメーター
    remoteFilePath String : the absolute path to file on device.

    userId int : The user id to pull from

    戻り値
    File A ERROR(/File) containing the contents of the device file, or null if the copy failed for any reason (including problems with the host filesystem)

    スロー
    DeviceNotAvailableException if connection with device is lost and cannot be recovered.

    pullFile

    public abstract File pullFile (String remoteFilePath)

    Retrieves a file off device, stores it in a local temporary ERROR(/File) , and returns that File .

    パラメーター
    remoteFilePath String : the absolute path to file on device.

    戻り値
    File A ERROR(/File) containing the contents of the device file, or null if the copy failed for any reason (including problems with the host filesystem)

    スロー
    DeviceNotAvailableException if connection with device is lost and cannot be recovered.

    pullFile

    public abstract boolean pullFile (String remoteFilePath, 
                    File localFile)

    Retrieves a file off device.

    パラメーター
    remoteFilePath String : the absolute path to file on device.

    localFile File : the local file to store contents in. If non-empty, contents will be replaced.

    戻り値
    boolean true if file was retrieved successfully. false otherwise.

    スロー
    DeviceNotAvailableException if connection with device is lost and cannot be recovered.

    pullFile

    public abstract boolean pullFile (String remoteFilePath, 
                    File localFile, 
                    int userId)

    Retrieves a file off device.

    パラメーター
    remoteFilePath String : the absolute path to file on device.

    localFile File : the local file to store contents in. If non-empty, contents will be replaced.

    userId int : The user id to pull from

    戻り値
    boolean true if file was retrieved successfully. false otherwise.

    スロー
    DeviceNotAvailableException if connection with device is lost and cannot be recovered.

    pullFileContents

    public abstract String pullFileContents (String remoteFilePath)

    Retrieves a file off device, and returns the contents.

    パラメーター
    remoteFilePath String : the absolute path to file on device.

    戻り値
    String A String containing the contents of the device file, or null if the copy failed for any reason (including problems with the host filesystem)

    スロー
    DeviceNotAvailableException

    pullFileFromExternal

    public abstract File pullFileFromExternal (String remoteFilePath)

    A convenience method to retrieve a file from the device's external storage, stores it in a local temporary ERROR(/File) , and return a reference to that File .

    パラメーター
    remoteFilePath String : the path to file on device, relative to the device's external storage mountpoint

    戻り値
    File A ERROR(/File) containing the contents of the device file, or null if the copy failed for any reason (including problems with the host filesystem)

    スロー
    DeviceNotAvailableException if connection with device is lost and cannot be recovered.

    pushDir

    public abstract boolean pushDir (File localDir, 
                    String deviceFilePath, 
                     excludedDirectories)

    Recursively push directory contents to device while excluding some directories that are filtered.

    パラメーター
    localDir File : the local directory to push

    deviceFilePath String : the absolute file path of the remote destination

    excludedDirectories : Set of excluded directories names that shouldn't be pushed.

    戻り値
    boolean true if file was pushed successfully. false otherwise.

    スロー
    DeviceNotAvailableException if connection with device is lost and cannot be recovered.

    pushDir

    public abstract boolean pushDir (File localDir, 
                    String deviceFilePath)

    Recursively push directory contents to device.

    パラメーター
    localDir File : the local directory to push

    deviceFilePath String : the absolute file path of the remote destination

    戻り値
    boolean true if file was pushed successfully. false otherwise.

    スロー
    DeviceNotAvailableException if connection with device is lost and cannot be recovered.

    pushFile

    public abstract boolean pushFile (File localFile, 
                    String deviceFilePath, 
                    boolean evaluateContentProviderNeeded)

    Variant of pushFile(File, String) which can optionally consider evaluating the need for the content provider.

    パラメーター
    localFile File : the local file to push

    deviceFilePath String : the remote destination absolute file path

    evaluateContentProviderNeeded boolean : whether to check if we need the content provider

    戻り値
    boolean true if file was pushed successfully. false otherwise.

    スロー
    DeviceNotAvailableException if connection with device is lost and cannot be recovered.

    pushFile

    public abstract boolean pushFile (File localFile, 
                    String deviceFilePath)

    Push a file to device. By default using a content provider.

    パラメーター
    localFile File : the local file to push

    deviceFilePath String : the remote destination absolute file path

    戻り値
    boolean true if file was pushed successfully. false otherwise.

    スロー
    DeviceNotAvailableException if connection with device is lost and cannot be recovered.

    pushString

    public abstract boolean pushString (String contents, 
                    String deviceFilePath)

    Push file created from a string to device

    パラメーター
    contents String : the contents of the file to push

    deviceFilePath String : the remote destination absolute file path

    戻り値
    boolean true if string was pushed successfully. false otherwise.

    スロー
    DeviceNotAvailableException if connection with device is lost and cannot be recovered.

    reboot

    public abstract void reboot ()

    Reboots the device into adb mode.

    Blocks until device becomes available.

    スロー
    DeviceNotAvailableException if device is not available after reboot

    reboot

    public abstract void reboot (String reason)

    Reboots the device into adb mode with given reason to be persisted across reboot.

    Blocks until device becomes available.

    Last reboot reason can be obtained by querying sys.boot.reason propety.

    パラメーター
    reason String : a reason for this reboot, or null if no reason is specified.

    スロー
    DeviceNotAvailableException if device is not available after reboot

    rebootIntoBootloader

    public abstract void rebootIntoBootloader ()

    Reboots the device into bootloader mode.

    Blocks until device is in bootloader mode.

    スロー
    DeviceNotAvailableException if connection with device is lost and cannot be recovered.

    rebootIntoFastbootd

    public abstract void rebootIntoFastbootd ()

    Reboots the device into fastbootd mode.

    Blocks until device is in fastbootd mode.

    スロー
    DeviceNotAvailableException if connection with device is lost and cannot be recovered.

    rebootIntoRecovery

    public abstract void rebootIntoRecovery ()

    Reboots the device into adb recovery mode.

    Blocks until device enters recovery

    スロー
    DeviceNotAvailableException if device is not available after reboot

    rebootIntoSideload

    public abstract void rebootIntoSideload (boolean autoReboot)

    Reboots the device into adb sideload mode (note that this is a special mode under recovery)

    Blocks until device enters sideload mode

    パラメーター
    autoReboot boolean : whether to automatically reboot the device after sideload

    スロー
    DeviceNotAvailableException if device is not in sideload after reboot

    rebootIntoSideload

    public abstract void rebootIntoSideload ()

    Reboots the device into adb sideload mode (note that this is a special mode under recovery)

    Blocks until device enters sideload mode

    スロー
    DeviceNotAvailableException if device is not in sideload after reboot

    rebootUntilOnline

    public abstract void rebootUntilOnline ()

    An alternate to reboot() that only blocks until device is online ie visible to adb.

    スロー
    DeviceNotAvailableException if device is not available after reboot

    rebootUntilOnline

    public abstract void rebootUntilOnline (String reason)

    An alternate to reboot() that only blocks until device is online ie visible to adb.

    パラメーター
    reason String : a reason for this reboot, or null if no reason is specified.

    スロー
    DeviceNotAvailableException if device is not available after reboot

    See also:

    rebootUserspace

    public abstract void rebootUserspace ()

    Reboots only userspace part of device.

    Blocks until device becomes available.

    WARNING. Userspace reboot is currently under active development, use it on your own risk.

    スロー
    DeviceNotAvailableException if device is not available after reboot

    rebootUserspaceUntilOnline

    public abstract void rebootUserspaceUntilOnline ()

    An alternate to rebootUserspace() ()} that only blocks until device is online ie visible to adb.

    スロー
    DeviceNotAvailableException if device is not available after reboot

    remountSystemWritable

    public abstract void remountSystemWritable ()

    Make the system partition on the device writable. May reboot the device.

    スロー
    DeviceNotAvailableException

    remountVendorWritable

    public abstract void remountVendorWritable ()

    Make the vendor partition on the device writable. May reboot the device.

    スロー
    DeviceNotAvailableException

    runInstrumentationTests

    public abstract boolean runInstrumentationTests (IRemoteAndroidTestRunner runner, 
                    ITestLifeCycleReceiver... listeners)

    Convenience method for performing ERROR(/#runInstrumentationTests(com.android.ddmlib.testrunner.IRemoteAndroidTestRunner,Collection)) with one or more listeners passed as parameters.

    パラメーター
    runner IRemoteAndroidTestRunner : the IRemoteAndroidTestRunner which runs the tests

    listeners ITestLifeCycleReceiver : the test result listener(s)

    戻り値
    boolean true if test command completed. false if it failed to complete, but recovery succeeded

    スロー
    DeviceNotAvailableException if connection with device is lost and cannot be recovered. ie test command failed to complete and recovery failed.

    runInstrumentationTests

    public abstract boolean runInstrumentationTests (IRemoteAndroidTestRunner runner, 
                     listeners)

    Runs instrumentation tests, and provides device recovery.

    If connection with device is lost before test run completes, and recovery succeeds, all listeners will be informed of testRunFailed and "false" will be returned. The test command will not be rerun. It is left to callers to retry if necessary.

    If connection with device is lost before test run completes, and recovery fails, all listeners will be informed of testRunFailed and DeviceNotAvailableException will be thrown.

    パラメーター
    runner IRemoteAndroidTestRunner : the IRemoteAndroidTestRunner which runs the tests

    listeners : the test result listeners

    戻り値
    boolean true if test command completed. false if it failed to complete due to device communication exception, but recovery succeeded

    スロー
    DeviceNotAvailableException if connection with device is lost and cannot be recovered. ie test command failed to complete and recovery failed.

    runInstrumentationTestsAsUser

    public abstract boolean runInstrumentationTestsAsUser (IRemoteAndroidTestRunner runner, 
                    int userId, 
                    ITestLifeCycleReceiver... listeners)

    Same as ITestDevice#runInstrumentationTests(IRemoteAndroidTestRunner, ITestLifeCycleReceiver...) but runs the test for a given user.

    パラメーター
    runner IRemoteAndroidTestRunner

    userId int

    listeners ITestLifeCycleReceiver

    戻り値
    boolean

    スロー
    DeviceNotAvailableException

    runInstrumentationTestsAsUser

    public abstract boolean runInstrumentationTestsAsUser (IRemoteAndroidTestRunner runner, 
                    int userId, 
                     listeners)

    Same as ERROR(ITestDevice#runInstrumentationTests(IRemoteAndroidTestRunner, Collection)/com.android.tradefed.device.ITestDevice#runInstrumentationTests(com.android.ddmlib.testrunner.IRemoteAndroidTestRunner,Collection) ITestDevice#runInstrumentationTests(IRemoteAndroidTestRunner, Collection)) but runs the test for the given user.

    パラメーター
    runner IRemoteAndroidTestRunner

    userId int

    listeners

    戻り値
    boolean

    スロー
    DeviceNotAvailableException

    setDate

    public abstract void setDate (Date date)

    Sets the date on device

    Note: setting date on device requires root

    パラメーター
    date Date : specify a particular date; will use host date if null

    スロー
    DeviceNotAvailableException

    setOptions

    public abstract void setOptions (TestDeviceOptions options)

    Set the TestDeviceOptions for the device

    パラメーター
    options TestDeviceOptions

    setProperty

    public abstract boolean setProperty (String propKey, 
                    String propValue)

    Sets the given property value on the device. Requires adb root is true.

    パラメーター
    propKey String : The key targeted to be set.

    propValue String : The property value to be set.

    戻り値
    boolean returns True if the setprop command was successful, False otherwise.

    スロー
    DeviceNotAvailableException

    setRecovery

    public abstract void setRecovery (IDeviceRecovery recovery)

    Set the IDeviceRecovery to use for this device. Should be set when device is first allocated.

    パラメーター
    recovery IDeviceRecovery : the IDeviceRecovery

    setRecoveryMode

    public abstract void setRecoveryMode (ITestDevice.RecoveryMode mode)

    Set the current recovery mode to use for the device.

    Used to control what recovery method to use when a device communication problem is encountered. Its recommended to only use this method sparingly when needed (for example, when framework is down, etc

    パラメーター
    mode ITestDevice.RecoveryMode : whether 'recover till online only' mode should be on or not.

    setUseFastbootErase

    public abstract void setUseFastbootErase (boolean useFastbootErase)

    Set whether to use fastboot erase or fastboot format to wipe a partition on the device.

    パラメーター
    useFastbootErase boolean : true if fastboot erase should be used or false if fastboot format should be used.

    startLogcat

    public abstract void startLogcat ()

    Start capturing logcat output from device in the background.

    Will have no effect if logcat output is already being captured. Data can be later retrieved via getLogcat.

    When the device is no longer in use, stopLogcat() must be called.

    startLogcat() and stopLogcat() do not normally need to be called when within a TF invocation context, as the TF framework will start and stop logcat.

    stopEmulatorOutput

    public abstract void stopEmulatorOutput ()

    Close and delete the emulator output.

    stopLogcat

    public abstract void stopLogcat ()

    Stop capturing logcat output from device, and discard currently saved logcat data.

    Will have no effect if logcat output is not being captured.

    switchToAdbTcp

    public abstract String switchToAdbTcp ()

    Switch device to adb-over-tcp mode.

    戻り値
    String the tcp serial number or null if device could not be switched

    スロー
    DeviceNotAvailableException

    switchToAdbUsb

    public abstract boolean switchToAdbUsb ()

    Switch device to adb over usb mode.

    戻り値
    boolean true if switch was successful, false otherwise.

    スロー
    DeviceNotAvailableException

    syncFiles

    public abstract boolean syncFiles (File localFileDir, 
                    String deviceFilePath)

    Incrementally syncs the contents of a local file directory to device.

    Decides which files to push by comparing timestamps of local files with their remote equivalents. Only 'newer' or non-existent files will be pushed to device. Thus overhead should be relatively small if file set on device is already up to date.

    Hidden files (with names starting with ".") will be ignored.

    Example usage: syncFiles("/tmp/files", "/sdcard") will created a /sdcard/files directory if it doesn't already exist, and recursively push the /tmp/files contents to /sdcard/files.

    パラメーター
    localFileDir File : the local file directory containing files to recursively push.

    deviceFilePath String : the remote destination absolute file path root. All directories in thos file path must be readable. ie pushing to /data/local/tmp when adb is not root will fail

    戻り値
    boolean true if files were synced successfully. false otherwise.

    スロー
    DeviceNotAvailableException if connection with device is lost and cannot be recovered.

    takeBugreport

    public abstract Bugreport takeBugreport ()

    Take a bugreport and returns it inside a Bugreport object to handle it. Return null in case of issue.

    File referenced in the Bugreport object need to be cleaned via Bugreport#close() .

    戻り値
    Bugreport

    unlockDevice

    public abstract boolean unlockDevice ()

    Unlocks the device if the device is in an encrypted state.

    This method may restart the framework but will not call postBootSetup() . Therefore, the device might not be fully ready to be tested when this method returns.

    戻り値
    boolean true if successful or if the device is unencrypted.

    スロー
    DeviceNotAvailableException if connection with device is lost and cannot be recovered.
    UnsupportedOperationException if encryption is not supported on the device.

    waitForBootComplete

    public abstract boolean waitForBootComplete (long timeOut)

    Blocks until the device's boot complete flag is set.

    パラメーター
    timeOut long : time in msecs to wait for the flag to be set

    戻り値
    boolean true if device's boot complete flag is set within the timeout

    スロー
    DeviceNotAvailableException

    waitForDeviceAvailable

    public abstract boolean waitForDeviceAvailable ()

    Waits for the device to be responsive and available for testing. Uses default timeout.

    戻り値
    boolean True if device is available, False if recovery is disabled and unavailable.

    スロー
    DeviceNotAvailableException if connection with device is lost and cannot be recovered.

    waitForDeviceAvailable

    public abstract boolean waitForDeviceAvailable (long waitTime)

    Waits for the device to be responsive and available for testing.

    パラメーター
    waitTime long : the time in ms to wait

    戻り値
    boolean True if device is available, False if recovery is disabled and unavailable.

    スロー
    DeviceNotAvailableException if device is still unresponsive after waitTime expires.

    waitForDeviceBootloader

    public abstract void waitForDeviceBootloader ()

    Blocks until device is visible via fastboot. Use default timeout.

    スロー
    DeviceNotAvailableException if connection with device is lost and cannot be recovered.

    waitForDeviceInRecovery

    public abstract boolean waitForDeviceInRecovery (long waitTime)

    Blocks for the device to be in the 'adb recovery' state (note this is distinct from IDeviceRecovery ).

    パラメーター
    waitTime long : the time in ms to wait

    戻り値
    boolean true if device boots into recovery before time expires. false otherwise

    waitForDeviceInSideload

    public abstract boolean waitForDeviceInSideload (long waitTime)

    Blocks for the device to be in the 'adb sideload' state

    パラメーター
    waitTime long : the time in ms to wait

    戻り値
    boolean true if device boots into sideload before time expires. false otherwise

    waitForDeviceNotAvailable

    public abstract boolean waitForDeviceNotAvailable (long waitTime)

    Blocks for the device to be not available ie missing from adb

    パラメーター
    waitTime long : the time in ms to wait

    戻り値
    boolean true if device becomes not available before time expires. false otherwise

    waitForDeviceOnline

    public abstract void waitForDeviceOnline ()

    Blocks until device is visible via adb. Uses default timeout

    Note the device may not necessarily be responsive to commands on completion. Use waitForDeviceAvailable() instead.

    スロー
    DeviceNotAvailableException if connection with device is lost and cannot be recovered.

    waitForDeviceOnline

    public abstract void waitForDeviceOnline (long waitTime)

    Blocks until device is visible via adb.

    Note the device may not necessarily be responsive to commands on completion. Use waitForDeviceAvailable() instead.

    パラメーター
    waitTime long : the time in ms to wait

    スロー
    DeviceNotAvailableException if connection with device is lost and cannot be recovered.

    waitForDeviceShell

    public abstract boolean waitForDeviceShell (long waitTime)

    Waits for device to be responsive to a basic adb shell command.

    パラメーター
    waitTime long : the time in ms to wait

    戻り値
    boolean true if device becomes responsive before waitTime elapses.