Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る
このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

ManagedTestDeviceFactory

public class ManagedTestDeviceFactory
extends Object implements IManagedTestDeviceFactory

java.lang.Object上位
com.android.tradefed.device.ManagedTestDeviceFactory


工場は、TFによって監視することができるデバイスの異なる種類を作成します

概要

定数

int FRAMEWORK_CHECK_MAX_RETRY

long FRAMEWORK_CHECK_SLEEP_MS

田畑

protected static final String CHECK_PM_CMD

protected static final String EXPECTED_ERROR

protected static final String EXPECTED_RES

public static final String IPADDRESS_PATTERN

protected IDeviceMonitor mAllocationMonitor

protected IDeviceManager mDeviceManager

protected boolean mFastbootEnabled

publicコンストラクタ

ManagedTestDeviceFactory (boolean fastbootEnabled, IDeviceManager deviceManager, IDeviceMonitor allocationMonitor)

パブリック・メソッド

IManagedTestDevice createDevice (IDevice idevice)

作成IManagedTestDeviceに基づいてIDeviceに渡されます。

void setFastbootEnabled (boolean enable)

作成されたデバイスのためのfastbootサポートを有効にしますか。

保護されたメソッド

boolean checkFrameworkSupport (IDevice idevice)

デバイスは、フレームワークのサポートを持っている場合はtrueを返すヘルパー。

CollectingOutputReceiver createOutputReceiver ()

作成CollectingOutputReceiver

IRunUtil getRunUtil ()

デフォルトを返しIRunUtilインスタンス。

boolean isRemoteEnvironment ()

我々は現在、リモート環境で実行している場合はtrueを返します。

boolean isTcpDeviceSerial (String serial)

デバイスへのヘルパーは、それがリモートで接続されたデバイスからのシリアルだ場合。

定数

FRAMEWORK_CHECK_MAX_RETRY

protected static final int FRAMEWORK_CHECK_MAX_RETRY

定数値:3(0x00000003)

FRAMEWORK_CHECK_SLEEP_MS

protected static final long FRAMEWORK_CHECK_SLEEP_MS

定数値:500(0x00000000000001f4)

田畑

CHECK_PM_CMD

protected static final String CHECK_PM_CMD

EXPECTED_ERROR

protected static final String EXPECTED_ERROR

EXPECTED_RES

protected static final String EXPECTED_RES

IPADDRESS_PATTERN

public static final String IPADDRESS_PATTERN

mAllocationMonitor

protected IDeviceMonitor mAllocationMonitor

mDeviceManager

protected IDeviceManager mDeviceManager

mFastbootEnabled

protected boolean mFastbootEnabled

publicコンストラクタ

ManagedTestDeviceFactory

public ManagedTestDeviceFactory (boolean fastbootEnabled, 
                IDeviceManager deviceManager, 
                IDeviceMonitor allocationMonitor)

パラメーター
fastbootEnabled boolean

deviceManager IDeviceManager

allocationMonitor IDeviceMonitor

パブリック・メソッド

createDevice

public IManagedTestDevice createDevice (IDevice idevice)

作成IManagedTestDeviceに基づいてIDeviceに渡されます。

パラメーター
idevice IDevice :作成されたデバイスのタイプを定義します

戻り値
IManagedTestDevice iDevice上IManagedTestDevice作成ベース

setFastbootEnabled

public void setFastbootEnabled (boolean enable)

作成されたデバイスのためのfastbootサポートを有効にしますか。

パラメーター
enable boolean :値はサポートを設定します。

保護されたメソッド

checkFrameworkSupport

protected boolean checkFrameworkSupport (IDevice idevice)

デバイスは、フレームワークのサポートを持っている場合はtrueを返すヘルパー。

パラメーター
idevice IDevice

戻り値
boolean

createOutputReceiver

protected CollectingOutputReceiver createOutputReceiver ()

作成CollectingOutputReceiver

戻り値
CollectingOutputReceiver

getRunUtil

protected IRunUtil getRunUtil ()

デフォルトを返しIRunUtilインスタンス。

戻り値
IRunUtil

isRemoteEnvironment

protected boolean isRemoteEnvironment ()

我々は現在、リモート環境で実行している場合はtrueを返します。これは、デバイスの動作を変更します。

戻り値
boolean

isTcpDeviceSerial

protected boolean isTcpDeviceSerial (String serial)

デバイスへのヘルパーは、それがリモートで接続されたデバイスからのシリアルだ場合。 TCPデバイスのシリアル形式です

パラメーター
serial String

戻り値
boolean