Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る
このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

LegacySubprocessResultsReporter

public final class LegacySubprocessResultsReporter
extends SubprocessResultsReporter

java.lang.Object
com.android.tradefed.result.SubprocessResultsReporter
com.android.tradefed.result.LegacySubprocessResultsReporter


M&NバージョンのCTSと互換性のあるフリーズされたサブプロセス結果レポーターのクラス。このクラスのメソッドは、TF / CTSのO以前のバージョンのITestInvocationListenerの一部でした。このクラスに変更を加えることは想定されていません。

概要

パブリックコンストラクター

LegacySubprocessResultsReporter ()

パブリックメソッド

void invocationEnded (long elapsedTime)

正常に、または何らかのエラー条件が原因で、呼び出しが終了したことを報告します。

void invocationFailed (Throwable cause)

何らかのエラー条件が原因で、不完全な呼び出しを報告します。

void invocationStarted ( IBuildInfo buildInfo)
void logAssociation (String dataName, LogFile logFile)

CTS 8.1の非互換性問題を処理する意図的にinop関数

void setLogSaver ( ILogSaver logSaver)

CTS 8.1の非互換性問題を処理する意図的にinop関数

void testAssumptionFailure (TestIdentifier testId, String trace)
void testEnded (TestIdentifier testId, metrics) testEnded (TestIdentifier testId, metrics)
void testEnded (TestIdentifier testId, long endTime, metrics) testEnded (TestIdentifier testId, long endTime, metrics)
void testFailed (TestIdentifier testId, String reason)
void testIgnored (TestIdentifier testId)
void testLogSaved (String dataName, LogDataType dataType, InputStreamSource dataStream, LogFile logFile)

CTS 8.1の非互換性問題を処理する意図的にinop関数

void testModuleEnded ()

CTS 8.1の非互換性問題を処理する意図的にinop関数

void testModuleStarted ( IInvocationContext moduleContext)

CTS 8.1の非互換性問題を処理する意図的にinop関数

void testRunEnded (long time, runMetrics) testRunEnded (long time, runMetrics)

テスト実行の終了を報告します。

void testRunFailed (String reason)

致命的なエラーのため、レポートのテスト実行を完了できませんでした。

void testRunStarted (String runName, int testCount)

テスト実行の開始を報告します。

void testStarted (TestIdentifier testId)
void testStarted (TestIdentifier testId, long startTime)

パブリックコンストラクター

LegacySubprocessResultsReporter

public LegacySubprocessResultsReporter ()

パブリックメソッド

invocationEnded

public void invocationEnded (long elapsedTime)

正常に、または何らかのエラー条件が原因で、呼び出しが終了したことを報告します。

TradeFederationフレームワークによって自動的に呼び出されます。

パラメーター
elapsedTime long :呼び出しの経過時間(ミリ秒)

invocationFailed

public void invocationFailed (Throwable cause)

何らかのエラー条件が原因で、不完全な呼び出しを報告します。

TradeFederationフレームワークによって自動的に呼び出されます。

パラメーター
cause Throwable :失敗のThrowable可能な原因

invocationStarted

public void invocationStarted ( IBuildInfo buildInfo)

パラメーター
buildInfo IBuildInfo

logAssociation

public void logAssociation (String dataName, 
                LogFile logFile)

CTS 8.1の非互換性問題を処理する意図的にinop関数

パラメーター
dataName String :データの名前

logFile LogFile :以前にLogFileに記録され、テストケースに関連付ける必要があるLogFile

setLogSaver

public void setLogSaver ( ILogSaver logSaver)

CTS 8.1の非互換性問題を処理する意図的にinop関数

パラメーター
logSaver ILogSaver

testAssumptionFailure

public void testAssumptionFailure (TestIdentifier testId, 
                String trace)

パラメーター
testId TestIdentifier

trace String

testEnded

public void testEnded (TestIdentifier testId, 
                 metrics)

パラメーター
testId TestIdentifier

metrics

testEnded

public void testEnded (TestIdentifier testId, 
                long endTime, 
                 metrics)

パラメーター
testId TestIdentifier

endTime long

metrics

testFailed

public void testFailed (TestIdentifier testId, 
                String reason)

パラメーター
testId TestIdentifier

reason String

testIgnored

public void testIgnored (TestIdentifier testId)

パラメーター
testId TestIdentifier

testLogSaved

public void testLogSaved (String dataName, 
                LogDataType dataType, 
                InputStreamSource dataStream, 
                LogFile logFile)

CTS 8.1の非互換性問題を処理する意図的にinop関数

パラメーター
dataName String

dataType LogDataType

dataStream InputStreamSource

logFile LogFile

testModuleEnded

public void testModuleEnded ()

CTS 8.1の非互換性問題を処理する意図的にinop関数

testModuleStarted

public void testModuleStarted ( IInvocationContext moduleContext)

CTS 8.1の非互換性問題を処理する意図的にinop関数

パラメーター
moduleContext IInvocationContext :モジュールのIInvocationContext

testRunEnded

public void testRunEnded (long time, 
                 runMetrics)

テスト実行の終了を報告します。 FIXME:タイプの異なる2つのMap <>インターフェースを使用することはできないため、ここではHashMapを使用する必要があります。

パラメーター
time long :デバイスが経過時間をミリ秒単位で報告しました

runMetrics Metricを使用したテスト実行の最後に報告されるキーと値のペア。

testRunFailed

public void testRunFailed (String reason)

致命的なエラーのため、レポートのテスト実行を完了できませんでした。

パラメーター
reason String :実行失敗の理由を説明するString

testRunStarted

public void testRunStarted (String runName, 
                int testCount)

テスト実行の開始を報告します。

パラメーター
runName String :テスト実行名

testCount int :テスト実行のテストの総数

testStarted

public void testStarted (TestIdentifier testId)

パラメーター
testId TestIdentifier

testStarted

public void testStarted (TestIdentifier testId, 
                long startTime)

パラメーター
testId TestIdentifier

startTime long