Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る
このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

SubprocessResultsReporter

public class SubprocessResultsReporter
extends Object implements ITestInvocationListener , ILogSaverListener

java.lang.Object
com.android.tradefed.result.SubprocessResultsReporter


ITestInvocationListenerを実装して、result_reporterとして指定し、サブプロセスからテスト、テスト実行、テスト呼び出しの結果を転送します。

概要

パブリックコンストラクター

SubprocessResultsReporter ()

パブリックメソッド

void close ()

TestSummary getSummary ()

InvocationListenerが要約を返すことを許可します。

void invocationEnded (long elapsedTime)

正常に、または何らかのエラー条件が原因で、呼び出しが終了したことを報告します。

void invocationFailed (Throwable cause)

何らかのエラー条件が原因で、不完全な呼び出しを報告します。

void invocationStarted ( IInvocationContext context)

テスト呼び出しの開始を報告します。

void logAssociation (String dataName, LogFile logFile)

場合によっては、ログをテストケースに強く関連付ける必要がありますが、直接testLogSaved(String, com.android.tradefed.result.LogDataType, com.android.tradefed.result.InputStreamSource, com.android.tradefed.result.LogFile)コールバックはできません。

void printEvent (String key, Object event)

イベントキーを出力してからjsonオブジェクトを出力するヘルパー。

void setOutputTestLog (boolean outputTestLog)

ログに記録されたテストを出力するかどうかを設定します。

void testAssumptionFailure ( TestDescription testId, String trace)

アトミックテストがfalseの条件を想定していることを示すフラグが付けられたときに呼び出されます

void testEnded ( TestDescription testId, long endTime, metrics) testEnded ( TestDescription testId, long endTime, metrics)

ERROR(/#testEnded(com.android.tradefed.result.TestDescription,Map)) 、終了時刻を直接指定できます。

void testEnded ( TestDescription testId, metrics) testEnded ( TestDescription testId, metrics)

個々のテストケースの実行終了を報告します。

void testFailed ( TestDescription testId, String reason)

個々のテストケースの失敗を報告します。

void testIgnored ( TestDescription testId)

テストが実行されないときに呼び出されます。通常、テストメソッドにorg.junit.Ignoreのアノテーションが付けられているためです。

void testLog (String dataName, LogDataType dataType, InputStreamSource dataStream)

テスト呼び出しからの関連ログまたはデバッグデータを提供します。

void testModuleEnded ()

モジュール実行の終了を報告します。

void testModuleStarted ( IInvocationContext moduleContext)

実行中のモジュールの開始を報告します。

void testRunEnded (long time, runMetrics) testRunEnded (long time, runMetrics)

テスト実行の終了を報告します。

void testRunFailed (String reason)

致命的なエラーのため、レポートのテスト実行を完了できませんでした。

void testRunStarted (String runName, int testCount, int attemptNumber)

テスト実行の開始を報告します。

void testRunStarted (String runName, int testCount)

テスト実行の開始を報告します。

void testRunStopped (long arg0)

ユーザーの要求により、レポートのテスト実行が完了する前に停止しました。

void testStarted ( TestDescription testId, long startTime)

testStarted(com.android.tradefed.result.TestDescription)代わりに、テストがいつ開始されたかを指定し、正確な測定のためにERROR(/#testEnded(com.android.tradefed.result.TestDescription,long,Map))と組み合わせます。

void testStarted ( TestDescription testId)

個々のテストケースの開始を報告します。

パブリックコンストラクター

SubprocessResultsReporter

public SubprocessResultsReporter ()

パブリックメソッド

閉じる

public void close ()

getSummary

public TestSummary getSummary ()

InvocationListenerが要約を返すことを許可します。

戻り値
TestSummary 実行を要約したTestSummary 、またはnull

invocationEnded

public void invocationEnded (long elapsedTime)

正常に、または何らかのエラー条件が原因で、呼び出しが終了したことを報告します。

TradeFederationフレームワークによって自動的に呼び出されます。

パラメーター
elapsedTime long :呼び出しの経過時間(ミリ秒)

invocationFailed

public void invocationFailed (Throwable cause)

何らかのエラー条件が原因で、不完全な呼び出しを報告します。

TradeFederationフレームワークによって自動的に呼び出されます。

パラメーター
cause Throwable :失敗のThrowable可能な原因

invocationStarted

public void invocationStarted ( IInvocationContext context)

テスト呼び出しの開始を報告します。

TradeFederationフレームワークによって自動的に呼び出されます。レポーターは、このメソッドをオーバーライドして、複数のデバイスのレポートをサポートする必要があります。

パラメーター
context IInvocationContext :呼び出しに関する情報

logAssociation

public void logAssociation (String dataName, 
                LogFile logFile)

場合によっては、ログをテストケースと強く関連付ける必要がありますが、直接testLogSaved(String, com.android.tradefed.result.LogDataType, com.android.tradefed.result.InputStreamSource, com.android.tradefed.result.LogFile)コールバックはできません。したがって、このコールバックにより、強い関連付けを明示的に提供できます。

パラメーター
dataName String :データの名前

logFile LogFile :以前にLogFileに記録され、テストケースに関連付ける必要があるLogFile

printEvent

public void printEvent (String key, 
                Object event)

イベントキーを出力してからjsonオブジェクトを出力するヘルパー。

パラメーター
key String

event Object

setOutputTestLog

public void setOutputTestLog (boolean outputTestLog)

ログに記録されたテストを出力するかどうかを設定します。

パラメーター
outputTestLog boolean

testAssumptionFailure

public void testAssumptionFailure ( TestDescription testId, 
                String trace)

アトミックテストがfalseの条件を想定していることを示すフラグが付けられたときに呼び出されます

パラメーター
testId TestDescription :テストを識別します

trace String :失敗のスタックトレース

testEnded

public void testEnded ( TestDescription testId, 
                long endTime, 
                 metrics)

ERROR(/#testEnded(com.android.tradefed.result.TestDescription,Map)) 、終了時刻を直接指定できます。正確な測定のためにtestStarted(com.android.tradefed.result.TestDescription, long)と組み合わせます。

パラメーター
testId TestDescription :テストを識別します

endTime longSystem.currentTimeMillis()で測定された、テストが終了した時間

metrics :発生したメトリックのERROR(/Map)

testEnded

public void testEnded ( TestDescription testId, 
                 metrics)

個々のテストケースの実行終了を報告します。

testFailed(TestDescription, String)が呼び出されなかった場合、このテストはtestFailed(TestDescription, String)しました。また、テストケースの実行中に出力された可能性のあるキー/値メトリックを返します。

パラメーター
testId TestDescription :テストを識別します

metrics :発生したメトリックのERROR(/Map)

testFailed

public void testFailed ( TestDescription testId, 
                String reason)

個々のテストケースの失敗を報告します。

testStartedとtestEndedの間で呼び出されます。

パラメーター
testId TestDescription :テストを識別します

reason String :失敗のスタックトレース

testIgnored

public void testIgnored ( TestDescription testId)

テストが実行されないときに呼び出されます。通常、テストメソッドにorg.junit.Ignoreのアノテーションが付けられているためです。

パラメーター
testId TestDescription :テストを識別します

testLog

public void testLog (String dataName, 
                LogDataType dataType, 
                InputStreamSource dataStream)

テスト呼び出しからの関連ログまたはデバッグデータを提供します。

ITestInvocationListener#invocationFailed(Throwable)またはITestInvocationListener#invocationEnded(long)前にITestInvocationListener#invocationFailed(Throwable)必要があります

TradeFederationフレームワークは自動的にこのメソッドを呼び出し、ホストログと、該当する場合はデバイスlogcatを提供します。

パラメーター
dataName String :データの説明的なString 。例:「device_logcat」。 dataNameは呼び出しごとに一意ではない場合があることに注意してください。つまり、実装者は同じdataNameで複数の呼び出しを処理できる必要があります

dataType LogDataType :データのLogDataType

dataStream InputStreamSource :データのInputStreamSource 。実装者は、createInputStreamを呼び出してデータの読み取りを開始し、完了時に結果のInputStreamを確実に閉じる必要があります。呼び出し元は、testLogメソッドが完了するまで、データのソースが存在し、アクセス可能であることを確認する必要があります。

testModuleEnded

public void testModuleEnded ()

モジュール実行の終了を報告します。

testModuleStarted

public void testModuleStarted ( IInvocationContext moduleContext)

実行中のモジュールの開始を報告します。このコールバックはtestModuleEnded()関連付けられており、シーケンスではオプションです。これは、モジュールを使用する実行中にのみ使用されます: ITestSuiteベースのランナー。

パラメーター
moduleContext IInvocationContext :モジュールのIInvocationContext

testRunEnded

public void testRunEnded (long time, 
                 runMetrics)

テスト実行の終了を報告します。 FIXME:タイプの異なる2つのMap <>インターフェースを使用することはできないため、ここではHashMapを使用する必要があります。

パラメーター
time long :デバイスが経過時間をミリ秒単位で報告しました

runMetrics Metricを使用したテスト実行の最後に報告されるキーと値のペア。

testRunFailed

public void testRunFailed (String reason)

致命的なエラーのため、レポートのテスト実行を完了できませんでした。

パラメーター
reason String :実行失敗の理由を説明するString

testRunStarted

public void testRunStarted (String runName, 
                int testCount, 
                int attemptNumber)

テスト実行の開始を報告します。

パラメーター
runName String :テスト実行名

testCount int :テスト実行のテストの総数

attemptNumber int :複数回実行される同じrunNameの異なる試行を識別する注文番号。 attemptNumberのインデックスは0であり、新しい実行が発生するたびに増分する必要があります。たとえば、テストは3回細かく再試行され、同じrunNameの下で合計4つの実行があり、attemptNumberは0〜3です。

testRunStarted

public void testRunStarted (String runName, 
                int testCount)

テスト実行の開始を報告します。

パラメーター
runName String :テスト実行名

testCount int :テスト実行のテストの総数

testRunStopped

public void testRunStopped (long arg0)

ユーザーの要求により、レポートのテスト実行が完了する前に停止しました。

TODO:現在使用されていません。削除することを検討してください

パラメーター
arg0 long :デバイスが経過時間をミリ秒単位で報告しました

testStarted

public void testStarted ( TestDescription testId, 
                long startTime)

testStarted(com.android.tradefed.result.TestDescription)代わりに、テストがいつ開始されたかを指定し、正確な測定のためにERROR(/#testEnded(com.android.tradefed.result.TestDescription,long,Map))と組み合わせます。

パラメーター
testId TestDescription :テストを識別します

startTime longSystem.currentTimeMillis()で測定された、テストの開始時間

testStarted

public void testStarted ( TestDescription testId)

個々のテストケースの開始を報告します。古いインターフェイスでは、可能な限りtestStarted(com.android.tradefed.result.TestDescription)使用してtestStarted(com.android.tradefed.result.TestDescription)

パラメーター
testId TestDescription :テストを識別します