IShardableTest

public interface IShardableTest
implements IRemoteTest

com.android.tradefed.testtype.IShardableTest


個別に実行可能なサブテストに分割できるIRemoteTest 。サブテストへの分割は決定論的であると予想され、異なるホストで異なるシャードを実行できるようにするには、各サブテストを独立させる必要があります。

概要

パブリックメソッド

default split (Integer shardCountHint, TestInformation testInfo)

シャードを作成する親からの初期情報を含むTestInformationも提供するsplit(int)の代替バージョン。

default split ()

テストを個別に実行可能なチャンクに分割します。

default split (int shardCountHint)

実行しようとするshardCountも提供するsplit()の代替バージョン。

パブリックメソッド

スプリット

public  split (Integer shardCountHint, 
                TestInformation testInfo)

シャードを作成する親からの初期情報を含むTestInformationも提供するsplit(int)の代替バージョン。シャーディング中にデバイスやビルド情報などにアクセスする必要がある場合に便利です。

パラメーター
shardCountHint Integer :試行されたシャードカウント。

testInfo TestInformation :親のTestInformation

戻り値
個別に実行されるサブテストのコレクション、またはテストが現在シャーディング可能でない場合はnull

スプリット

public  split ()

テストを個別に実行可能なチャンクに分割します。

これは決定論的である必要があり、同じ入力に対して常に同じIRemoteTestのリストを返します。

これはテスト実行の前に呼び出されるため、挿入された依存関係( ITestDeviceIDeviceTestなど)はnullになる可能性があります。

戻り値
個別に実行されるサブテストのコレクション、またはテストが現在シャーディング可能でない場合はnull

スプリット

public  split (int shardCountHint)

実行しようとするshardCountも提供するsplit()の代替バージョン。これは、時々勝手に決めることができないテストランナーにとって便利です。

パラメーター
shardCountHint int :試行されたシャードカウント。

戻り値
個別に実行されるサブテストのコレクション、またはテストが現在シャーディング可能でない場合はnull