Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る

概要概要

この拡張ビューシステム(EVS)1.1統合ガイドは、以前のAndroidのリリース以降に行われた変更点について説明します。

AndroidにはHIDLハードウェアアブストラクションレイヤー(HAL)が含まれています。これは、画像のキャプチャを提供し、Androidの起動プロセスの早い段階で表示され、システムの存続期間中機能し続けます。 HALには、拡張ビューシステム(EVS)スタックが含まれています。これは、Androidベースの車載インフォテインメント(IVI)システムを搭載した車両のリアビューおよびサラウンドビューディスプレイをサポートするために使用されます。

ビデオストリーム管理とエラー処理を強化するために、Android11はVehicleCameraHALを更新します。詳細については、以下の記事を参照してください。

記事のタイトル説明
イベントとフレームの通知メカニズムEVSマネージャーとハードウェア(HW)モジュールがアプリケーション内のストリーミングイベントを通知できるようにするコールバックメカニズム。
カメラ制御パラメータのプログラミングビデオストリームがアクティブなときにカメラパラメータを変更するためのゲッターメソッドとセッターメソッド。
カメラとシステム構成の変更アプリケーションがHALからカメラと画像の特性を取得できるようにする新しい構成マネージャー。
フレームメタデータフレームメタデータは、BufferDescデータ構造のメンバーです。
自動車用ディスプレイプロキシサービスHAL実装がSurfaceFlingerを使用できるようにする新しいサービス。
マルチカメラのサポート複数の物理カメラデバイスで構成される論理カメラデバイス。