企業向けのデバイス管理

managed_users 機能が宣言された Android 5.0 以降を搭載するデバイスは、各社の IT 部門の支援のもと、企業環境で使用できます。これは、デフォルトの暗号化セキュアブートSELinux の機能強化に加えて、複数ユーザー管理プロファイル、企業向けモバイル管理(EMM)アプリケーションの導入によって実現されています。

これらの機能強化によって、ユーザーや IT 部門は管理対象プロファイルを作成して、企業の雇用者のデータと個人ユーザーの情報を分離させることができます。会社のデバイス管理を適切に実施するには、本サイトのこのセクションに記載されているドキュメントをご覧ください。

概要

デバイス管理を使用する手順は次のとおりです。

  1. 複数ユーザー管理対象プロファイルなどの主要なコンセプトを理解します。
  2. カスタム オーバーレイ ファイルを使用してデバイス管理を実装します。
  3. EMM プロバイダとアプリケーションを使用して、デバイスをテスト、検証します。

サポート ドキュメント

Device Administration API

Apps for Work を構築する