エンタープライズ向けデバイス管理

Android 5.0 以降を搭載しているデバイスに対して managed_users 機能を宣言すると、各社の IT 部門の支援のもと、エンタープライズ環境内で使用できるようになります。エンタープライズ環境では、マルチユーザー機能や、管理対象プロファイル機能、EMM(企業向けモバイル管理)アプリが導入され、暗号化や、セキュアブートSELinux に関してもデフォルト機能が強化されます。

このような機能強化により、ユーザーや IT 部門は、管理対象プロファイルを作成して、会社用のデータと個人ユーザー情報を分離することができます。エンタープライズ向けデバイス管理を適切に実装する方法については、このセクションに記載しているドキュメントをご覧ください。

概要

デバイス管理を使用する手順は次のとおりです。

  1. マルチユーザー管理対象プロファイルなど、主要コンセプトを理解します。
  2. カスタム オーバーレイ ファイルを使用して、デバイス管理を実装します。
  3. EMM プロバイダと EMM アプリを使用して、デバイスをテスト、検証します。

サポート ドキュメント

エンタープライズ向け Android