カスタム ユーザータイプの実装

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

Android 11 では、明確に定義されたユーザータイプという概念が導入されました。これらは、Android マルチユーザー機能で許可されるあらゆるタイプのユーザーを表します。この機能を使用して、OEM は事前定義された AOSP ユーザータイプをカスタマイズし、新しいプロファイル タイプを定義できます。詳しくは、ユーザータイプに関するセクションをご覧ください。

このページでは、ユーザータイプのカスタマイズに必要な実装ガイドラインについて詳しく説明します。

カスタマイズ

OEM が AOSP ユーザータイプをカスタマイズして新しいプロファイル タイプを定義するには、目的とするカスタマイズで config_user_types.xml をオーバーレイする必要があります。config_user_types.xml ファイルには、リファレンス実装と、構成可能な属性の包括的なリストが含まれています。

config_user_types.xml ファイルで指定されるすべての属性(default-restrictions など)は、AOSP のデフォルトを上書きします。指定されないすべての属性は AOSP のデフォルトに従います。ほとんどの属性(プロファイル タイプのバッジ属性など)の変更は、そのユーザータイプの既存のユーザーに影響します。ただし、default-restrictions はユーザーの作成時にのみ適用されるので、この属性を変更しても、OTA で config_user_types.xml ファイルが変更された場合、既存のユーザーに影響しません。同様に、最大ユーザー数の指定は新規ユーザーの作成時にのみ適用され、既存のユーザーが削除されることはありません。

ユーザータイプごとのカスタマイズに関する現在の制限は次のとおりです。

  • プロファイル全体をカスタマイズおよび定義できます。この場合、カスタム プロファイルのサポートに必要なプラットフォームの変更を行う責任は OEM にあります。AOSP は、事前定義された AOSP ユーザータイプのみをサポートするからです。
  • フルユーザーは定義できません。カスタマイズできるのはフルユーザーの default-restrictions 属性だけです。
  • このメカニズムを使用してシステム ユーザーをカスタマイズすることはできません。この場合は、com.android.internal.R.array.config_defaultFirstUserRestrictions を使用して default-restrictions を設定できます。詳しくは、config.xml をご覧ください。

既存のユーザータイプを変更する

次のコードサンプルに示すように、既存のユーザータイプをカスタマイズするには、属性をオーバーライドします。

<user-types version="0">
    <full-type name="android.os.usertype.full.SECONDARY" >
        <default-restrictions no_sms="true" />
    </full-type>

    <profile-type
        name='android.os.usertype.profile.MANAGED'
        max-allowed-per-parent='2'
        icon-badge='@android:drawable/ic_corp_icon_badge_case'
        badge-plain='@android:drawable/ic_corp_badge_case'
        badge-no-background='@android:drawable/ic_corp_badge_no_background' >
        <badge-labels>
            <item res='@android:string/managed_profile_label_badge' />
            <item res='@android:string/managed_profile_label_badge_2' />
        </badge-labels>
        <badge-colors>
            <item res='@android:color/profile_badge_1' />
            <item res='@android:color/profile_badge_2' />
        </badge-colors>
        <default-restrictions no_sms="true" no_outgoing_calls="true" />
    </profile-type>
</user-types>

このコードサンプルでは、サポートされているプロパティを変更することにより、以下の AOSP ユーザータイプをカスタマイズしています。

  • フルユーザー android.os.usertype.full.SECONDARY:

    • no_sms のデフォルトの制限は、default-restrictions no_sms="true" を指定すると true に設定されます。
  • プロファイル ユーザー android.os.usertype.profile.MANAGED:

    • max-allowed-per-parent='2' を設定すると、親ユーザーごとに 2 つのプロファイルが許可されます。
    • バッジ属性は、icon-badgebadge-plainbadge-no-backgroundbadge-labelsbadge-colors を使用して目的の値に設定します。
    • default-restrictions no_sms="true" no_outgoing_calls="true" を指定すると、no_smsno_outgoing_calls のデフォルトの制限は true に設定されます。

これらのプロパティの意味とデフォルト値については、UserTypeFactory.javaUserTypeDetails.java を参照してください。

カスタム プロファイル タイプを定義する

次のコードサンプルは、新しいカスタム プロファイル タイプを定義する方法を示しています。

<user-types version="1">
    <profile-type
        name="com.example.profilename"
        max-allowed-per-parent="2" />

    <change-user-type
        from="android.os.usertype.profile.MANAGED"
        to="com.example.profilename"
        whenVersionLeq="1" />
</user-types>

このコードサンプルでは、com.example.profilename プロファイル タイプは次のように定義されています。

  • max-allowed-per-parents2 に設定され、親ユーザーごとに 2 つのプロファイルが許可されています。

  • change-user-type: OTA でデバイスを user-type バージョン <= 1 からアップグレードする際に、タイプ android.os.usertype.profile.MANAGED の「すべて」の既存の管理対象プロファイルを新しい com.example.profilename タイプに変換します。