コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

ITargetPreparer

public interface ITargetPreparer
implements IDisableable

com.android.tradefed.targetprep.ITargetPreparer


テスト実行のためのテスト環境を準備します。

たとえば、ソフトウェアのインストール、テスト用のenv設定の微調整、ターゲットの起動などです。

構成で複数のITargetPreparerを指定できることに注意してください。各ITargetPreparerは、予想される環境の事前設定と事後設定を明確に文書化することをお勧めします。たとえば、テスト用にデバイスを構成するITargetPreparerは、ソフトウェアをインストールするITargetPreparerの後に実行する必要があります。

概要

パブリックメソッド

default void setUp (ITestDevice device, IBuildInfo buildInfo)

このメソッドは非推奨です。代わりにsetUp(com.android.tradefed.invoker.TestInformation)を使用してください

default void setUp (TestInformation testInformation)

テスト用のターゲットセットアップを実行します。

default void tearDown (TestInformation testInformation, Throwable e)

テスト後にターゲットのクリーンアップ/ティアダウンを実行します。

default void tearDown (ITestDevice device, IBuildInfo buildInfo, Throwable e)

このメソッドは非推奨です。代わりにtearDown(com.android.tradefed.invoker.TestInformation, Throwable)を使用してください

パブリックメソッド

設定

public void setUp (ITestDevice device, 
                IBuildInfo buildInfo)

このメソッドは非推奨です。
代わりにsetUp(com.android.tradefed.invoker.TestInformation)を使用してください

テスト用のターゲットセットアップを実行します。

パラメーター
device ITestDevice :準備するITestDevice

buildInfo IBuildInfo :テスト中のビルドに関するデータ。

スロー
TargetSetupError環境のセットアップで致命的なエラーが発生した場合
BuildError BuildInfoに関連するエラーが発生した場合
DeviceNotAvailableExceptionデバイスが応答しなくなった場合

設定

public void setUp (TestInformation testInformation)

テスト用のターゲットセットアップを実行します。

パラメーター
testInformation TestInformation :呼び出しのTestInformation

スロー
TargetSetupError環境のセットアップで致命的なエラーが発生した場合
BuildErrorビルドの準備が原因でエラーが発生した場合
DeviceNotAvailableExceptionデバイスが応答しなくなった場合

取り壊す

public void tearDown (TestInformation testInformation, 
                Throwable e)

テスト後にターゲットのクリーンアップ/ティアダウンを実行します。

パラメーター
testInformation TestInformation :呼び出しのTestInformation

e Throwable可能:呼び出しが例外で終了した場合、これは呼び出しレベルでキャッチされた例外になります。それ以外の場合はnullになります。

スロー
DeviceNotAvailableExceptionデバイスが応答しなくなった場合

取り壊す

public void tearDown (ITestDevice device, 
                IBuildInfo buildInfo, 
                Throwable e)

このメソッドは非推奨です。
代わりにtearDown(com.android.tradefed.invoker.TestInformation, Throwable)を使用してください

テスト後にターゲットのクリーンアップ/ティアダウンを実行します。

パラメーター
device ITestDevice :準備するITestDevice

buildInfo IBuildInfo :テスト中のビルドに関するデータ。

e Throwable可能:呼び出しが例外で終了した場合、これは呼び出しレベルでキャッチされた例外になります。それ以外の場合はnullになります。

スロー
DeviceNotAvailableExceptionデバイスが応答しなくなった場合