Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る

Cuttlefish: Stable CTS の実施

このページでは、互換性テストスイート(CTS)を実施して AOSP ソースコードを基に仮想デバイスを評価する方法について説明します。

Cuttlefish をビルドする

CTS を実施する前に、CTS でテストする仮想デバイスをビルドします。AOSP Cuttlefish の場合、次の操作を行います。

source build/envsetup.sh
lunch aosp_cf_x86_phone-userdebug
make -j

CTS をビルドする

CTS は、デバイス アーティファクトとは別にビルドされます。CTS をビルドする手順は次のとおりです。

Cuttlefish をビルドしたツリーのルートから、以下のコマンドを実行します。

source build/envsetup.sh
m -j cts WITH_DEXPREOPT_BOOT_IMG_AND_SYSTEM_SERVER_ONLY=false TARGET_PRODUCT=aosp_x86_64

マルチテナント Cuttlefish インスタンスを起動する

Cuttlefish をビルドしたツリーのルートから、以下のコマンドを実行します。

source build/envsetup.sh
lunch aosp_cf_x86_phone-userdebug
launch_cvd --num_instances=8 --daemon

インスタンスが起動したら、各デバイスに adb でアクセスできることを確認します。

adb devices

出力例は下記のようになります。

List of devices attached
127.0.0.1:6520  device
127.0.0.1:6521  device
127.0.0.1:6522  device
127.0.0.1:6523  device
127.0.0.1:6524  device
127.0.0.1:6525  device
127.0.0.1:6526  device
127.0.0.1:6527  device

Cuttlefish インスタンスで Wi-Fi を有効にする

Wi-Fi が有効になっていないと、一部の CTS テストが失敗します。ローカルにホストしているすべての Cuttlefish デバイスで Wi-Fi を有効にする手順は次のとおりです。

Cuttlefish をビルドしたツリーのルートから、以下のコマンドを実行します。

for SERIAL in adb devices | grep -E '127.+device$ | cut -f1'; do
adb -s ${SERIAL} install -r -g tools/tradefederation/core/res/apks/wifiutil/WifiUtil.apk
adb -s ${SERIAL} shell su root svc wifi enable
adb -s ${SERIAL} shell am instrument -e method "connectToNetwork" -e scan_ssid "false" -e ssid "VirtWifi" -w com.android.tradefed.utils.wifi/.WifiUtil
done

Stable CTS サブセットを実施する

テストの一部は実機に合わせて調整されているので、Cuttlefish ですべての CTS に合格するわけではありません。仮想プラットフォームで何が安定しているかの最新情報を追跡する cts-virtual-device-stable テストプランで CTS を実施するには、次の手順を行います。

Cuttlefish をビルドしたツリーのルートから、以下のコマンドを実行します。

source build/envsetup.sh
lunch aosp_cf_x86_phone-userdebug
cts-tradefed run cts-virtual-device-stable --no-enable-parameterized-modules --max-testcase-run-count 2 --retry-strategy RETRY_ANY_FAILURE --reboot-at-last-retry --shard-count 8

テストは 20~25 分間実施され、次のような概要が出力されます。

=============== Summary ===============
Total Run time: 22m 8s
184/184 modules completed
Total Tests       : 92483
PASSED            : 92363
FAILED            : 0
IGNORED           : 71
ASSUMPTION_FAILURE: 49
Shard 0 used: [127.0.0.1:6522]
Shard 1 used: [127.0.0.1:6525]
Shard 2 used: [127.0.0.1:6524]
Shard 3 used: [127.0.0.1:6521]
Shard 4 used: [127.0.0.1:6520]
Shard 5 used: [127.0.0.1:6527]
Shard 6 used: [127.0.0.1:6526]
Shard 7 used: [127.0.0.1:6523]
============== End of Results ==============

クリーンアップ

テストが完了したら、仮想デバイスを停止します。

Cuttlefish をビルドしたツリーのルートから、以下のコマンドを実行します。

source build/envsetup.sh
lunch aosp_cf_x86_phone-userdebug
stop_cvd