Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る

Cuttlefish: WebRTC ストリーミング

WebRTC ストリーミングを利用すると、Cuttlefish 仮想デバイスをブラウザでリモートから管理できます。クライアント マシンに他のソフトウェアをインストールする必要はありません。WebRTC ストリーミングには、他にも以下のようなメリットがあります。

  • VNC よりも効率的なエンコード
  • ブラウザ内 ADB
  • 拡張可能なプロトコル(カメラ ストリーム、マイク、センサーのデータはすべて WebRTC で伝送可能)

WebRTC の使用

WebRTC を使用して、ブラウザで Cuttlefish デバイスを操作するには、以下を行います。

  1. WebRTC を使用してデバイスを起動するには、launch_cvd の呼び出しに --start_webrtc=true フラグを追加します。

    launch_cvd --start_webrtc=true
    
  2. 接続可能なすべてのデバイスのリストを表示するには、ブラウザで <https://localhost:8443> にアクセスします。

ポートの使用

WebRTC は、TCP:8443 以外のポートを使用して接続を確立し、実行することができます。Cuttlefish が実行されているのとは別のマシンから接続する場合は、ファイアウォールでそれらのポートを許可する必要があります。必要なポートは次のとおりです。

  • TCP:15550
  • UDP:15550
  • UDP:15551
  • UDP:15552
  • UDP:15553
  • UDP:15554
  • UDP:15555
  • UDP:15556
  • UDP:15557
  • UDP:15558