Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る
このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

構成

public class Configuration
extends Object implements IConfiguration

java.lang.Object
com.android.tradefed.config.Configuration


ロードされた構成オブジェクトをマップに格納する具体的なIConfiguration実装。

概要

田畑

public static final String BUILD_PROVIDER_TYPE_NAME

public static final String CMD_OPTIONS_TYPE_NAME

public static final String CONFIGURATION_DESCRIPTION_TYPE_NAME

public static final String DEVICE_METRICS_COLLECTOR_TYPE_NAME

public static final String DEVICE_NAME

public static final String DEVICE_OPTIONS_TYPE_NAME

public static final String DEVICE_RECOVERY_TYPE_NAME

public static final String DEVICE_REQUIREMENTS_TYPE_NAME

public static final String DEVICE_SIDE_SPEC_TYPE_NAME

public static final String LOGGER_TYPE_NAME

public static final String LOG_SAVER_TYPE_NAME

public static final String METRIC_POST_PROCESSOR_TYPE_NAME

public static final String MULTI_PREPARER_TYPE_NAME

public static final String MULTI_PRE_TARGET_PREPARER_TYPE_NAME

public static final String RESULT_REPORTER_TYPE_NAME

public static final String SANBOX_OPTIONS_TYPE_NAME

public static final String SANDBOX_TYPE_NAME

public static final String SYSTEM_STATUS_CHECKER_TYPE_NAME

public static final String TARGET_PREPARER_TYPE_NAME

public static final String TEST_TYPE_NAME

パブリックコンストラクター

Configuration (String name, String description)

デフォルトのConfigurationオブジェクトを使用してConfigurationを作成します。

パブリックメソッド

void cleanDynamicOptionFiles ()

リモートファイルの解決されたオプションフィールドにダウンロードされたファイルをすべて削除します。

Configuration clone ()

このオブジェクトの浅いコピーを作成します。

void dumpXml (PrintWriter output)

このIConfiguration表示されるすべてのオプションを含む構成の拡張XMLファイルをStringとして取得します。

void dumpXml (PrintWriter output, excludeFilters) dumpXml (PrintWriter output, excludeFilters)

このIConfiguration表示されるすべてのオプションと、オブジェクトのキー名によるフィルターを除いた構成の拡張XMLファイルを取得します。

void dumpXml (PrintWriter output, excludeFilters, boolean printDeprecatedOptions) dumpXml (PrintWriter output, excludeFilters, boolean printDeprecatedOptions)

キー名によるオブジェクトフィルターを除いた、このIConfiguration表示されるすべてのオプションを使用して、構成の拡張XMLファイルを取得します。

getAllConfigurationObjectsOfType (String configType)

デバイス全体で1つの特定のタイプ名のすべてのオブジェクトを取得するための汎用インターフェイス。

IBuildProvider getBuildProvider ()

構成からIBuildProviderを取得します。

String getCommandLine ()

このIConfiguration作成に使用されるコマンドラインを取得します。

ICommandOptions getCommandOptions ()

構成から使用するICommandOptionsを取得します。

ConfigurationDescriptor getConfigurationDescription ()

ConfigurationDescriptor提供されているConfigurationDescriptor返します。

Object getConfigurationObject (String typeName)

指定されたタイプ名の構成オブジェクトを取得するための汎用インターフェース。

getConfigurationObjectList (String typeName)

getConfigurationObject(String)似ていますが、複数のオブジェクトをサポートする構成オブジェクトタイプ用です。

String getDescription ()
getDeviceConfig ()

構成からIDeviceConfiguration取得します。

IDeviceConfiguration getDeviceConfigByName (String nameDevice)

指定された名前に関連付けられているIDeviceConfiguration返します。見つからない場合はnullを返します。

TestDeviceOptions getDeviceOptions ()

構成から使用するTestDeviceOptionsを取得します。

IDeviceRecovery getDeviceRecovery ()

構成から使用するIDeviceRecoveryを取得します。

IDeviceSelection getDeviceRequirements ()

構成から使用するIDeviceSelectionを取得します。

DeviceSideCollectorSpecification getDeviceSideCollectorsSpec ()

コレクターとそのオプションのデバイス/ターゲット側の仕様を駆動するDeviceSideCollectorSpecification取得します。

JSONArray getJsonCommandUsage ()

この構成のJSON表現を返します。

ILeveledLogOutput getLogOutput ()

構成から使用するILeveledLogOutputを取得します。

ILogSaver getLogSaver ()

構成から使用するILogSaverを取得します。

getMetricCollectors ()

構成からIMetricCollector取得します。

getMultiPreTargetPreparers ()

デバイスtarget_preparersの前に実行する必要がある構成からIMultiTargetPreparer取得します。

getMultiTargetPreparers ()

構成からIMultiTargetPreparer取得します。

String getName ()

構成の名前を返します。

getPostProcessors ()

構成からIPostProcessor取得します。

getSystemStatusCheckers ()

構成からISystemStatusChecker取得します。

getTargetPreparers ()

構成からITargetPreparer取得します。

getTestInvocationListeners ()

構成から使用するITestInvocationListener取得します。

getTests ()

構成から実行するIRemoteTest取得します。

void injectOptionValue (String optionName, String optionValue)

オプション値を一連の構成オブジェクトに挿入します。

void injectOptionValue (String optionName, String optionKey, String optionValue)

オプション値を一連の構成オブジェクトに挿入します。

void injectOptionValueWithSource (String optionName, String optionKey, String optionValue, String source)

オプション値を一連の構成オブジェクトに挿入します。

void injectOptionValues ( optionDefs) injectOptionValues ( optionDefs)

複数のオプション値を構成オブジェクトのセットに挿入します。

boolean isDeviceConfiguredFake (String deviceName)

設定されたデバイスがタグ付けされているかどうかを返しますisFake = trueかどうか。

void printCommandUsage (boolean importantOnly, PrintStream out)

この構成のコマンドライン使用方法のヘルプテキストを指定されたprintStreamに出力します。

void setBuildProvider ( IBuildProvider provider)

構成の現在のIBuildProviderを置き換えます。

void setCommandLine (String[] arrayArgs)

このIConfiguration作成に使用されるコマンドラインを設定します。

void setCommandOptions ( ICommandOptions cmdOptions)

ICommandOptions設定し、既存の値を置き換えます

void setConfigurationObject (String typeName, Object configObject)

設定オブジェクトを指定された名前で設定し、既存の値を置き換えるジェネリックメソッド。

void setConfigurationObjectList (String typeName, configList) setConfigurationObjectList (String typeName, configList)

指定された名前の設定オブジェクトリストを設定し、既存の値を置き換える汎用メソッド。

void setDeviceConfig ( IDeviceConfiguration deviceConfig)

IDeviceConfiguration設定し、既存の値を置き換えます。

void setDeviceConfigList ( deviceConfigs) setDeviceConfigList ( deviceConfigs)

IDeviceConfiguration設定し、既存の値を置き換えます。

void setDeviceMetricCollectors ( collectors) setDeviceMetricCollectors ( collectors)

IMetricCollectorのリストを設定し、既存の値を置き換えます。

void setDeviceOptions ( TestDeviceOptions devOptions)

TestDeviceOptions設定し、既存の値を置き換えます

void setDeviceRecovery ( IDeviceRecovery recovery)

IDeviceRecovery設定し、既存の値を置き換えます。

void setDeviceRequirements ( IDeviceSelection devRequirements)

IDeviceSelection設定し、既存の値を置き換えます

void setDeviceSideCollectorSpec ( DeviceSideCollectorSpecification deviceCollectorSpec)

DeviceSideCollectorSpecification設定し、既存の値を置き換えます。

void setLogOutput ( ILeveledLogOutput logger)

ILeveledLogOutput設定し、既存の値を置き換えます。

void setLogSaver ( ILogSaver logSaver)

ILogSaver設定し、既存の値を置き換えます。

void setMultiPreTargetPreparer ( IMultiTargetPreparer multiPreTargPrep)

この構成で単一のIMultiTargetPreparerを設定する便利なメソッドで、既存の値を置き換えて、デバイスのtarget_preparersの前に実行する必要があります。

void setMultiPreTargetPreparers ( multiPreTargPreps) setMultiPreTargetPreparers ( multiPreTargPreps)

この構成のIMultiTargetPreparerのリストを設定します。このリストは、デバイスtarget_preparersの前に実行し、既存の値を置き換えます。

void setMultiTargetPreparer ( IMultiTargetPreparer multiTargPrep)

この構成で単一のIMultiTargetPreparerを設定し、既存の値を置き換える便利なメソッド

void setMultiTargetPreparers ( multiTargPreps) setMultiTargetPreparers ( multiTargPreps)

この構成でIMultiTargetPreparerのリストを設定し、既存の値を置き換えます

setOptionsFromCommandLineArgs ( listArgs) setOptionsFromCommandLineArgs ( listArgs)

与えられたコマンドライン引数のセットで構成Optionフィールドを設定します

ArgsOptionParserされる形式のArgsOptionParser

setOptionsFromCommandLineArgs ( listArgs, IKeyStoreClient keyStoreClient) setOptionsFromCommandLineArgs ( listArgs, IKeyStoreClient keyStoreClient)

与えられたコマンドライン引数のセットで構成Optionフィールドを設定します

予期される形式については、 ArgsOptionParserを参照してください

void setPostProcessors ( processors) setPostProcessors ( processors)

IPostProcessorのリストを設定し、既存の値を置き換えます。

void setSystemStatusChecker ( ISystemStatusChecker systemChecker)

この構成で単一のISystemStatusCheckerを設定し、既存の値を置き換える便利なメソッド

void setSystemStatusCheckers ( systemCheckers) setSystemStatusCheckers ( systemCheckers)

この構成でISystemStatusCheckerのリストを設定し、既存の値を置き換えます

void setTargetPreparer ( ITargetPreparer preparer)

ITargetPreparer設定し、既存の値を置き換えます。

void setTargetPreparers ( preparers) setTargetPreparers ( preparers)

ITargetPreparerのリストを設定し、既存の値を置き換えます。

void setTest ( IRemoteTest test)

この構成で単一のIRemoteTestを設定し、既存の値を置き換える便利なメソッド

void setTestInvocationListener ( ITestInvocationListener listener)

単一のITestInvocationListenerを設定する簡易メソッド

void setTestInvocationListeners ( listeners) setTestInvocationListeners ( listeners)

ITestInvocationListenerのリストを設定し、既存の値を置き換えます

void setTests ( tests) setTests ( tests)

この構成でIRemoteTestのリストを設定し、既存の値を置き換えます

void validateOptions ()

オプション値を検証します。

void validateOptions (boolean download)

オプション値を検証します。

田畑

BUILD_PROVIDER_TYPE_NAME

public static final String BUILD_PROVIDER_TYPE_NAME

CMD_OPTIONS_TYPE_NAME

public static final String CMD_OPTIONS_TYPE_NAME

CONFIGURATION_DESCRIPTION_TYPE_NAME

public static final String CONFIGURATION_DESCRIPTION_TYPE_NAME

DEVICE_METRICS_COLLECTOR_TYPE_NAME

public static final String DEVICE_METRICS_COLLECTOR_TYPE_NAME

装置名

public static final String DEVICE_NAME

DEVICE_OPTIONS_TYPE_NAME

public static final String DEVICE_OPTIONS_TYPE_NAME

DEVICE_RECOVERY_TYPE_NAME

public static final String DEVICE_RECOVERY_TYPE_NAME

DEVICE_REQUIREMENTS_TYPE_NAME

public static final String DEVICE_REQUIREMENTS_TYPE_NAME

DEVICE_SIDE_SPEC_TYPE_NAME

public static final String DEVICE_SIDE_SPEC_TYPE_NAME

LOGGER_TYPE_NAME

public static final String LOGGER_TYPE_NAME

LOG_SAVER_TYPE_NAME

public static final String LOG_SAVER_TYPE_NAME

METRIC_POST_PROCESSOR_TYPE_NAME

public static final String METRIC_POST_PROCESSOR_TYPE_NAME

MULTI_PREPARER_TYPE_NAME

public static final String MULTI_PREPARER_TYPE_NAME

MULTI_PRE_TARGET_PREPARER_TYPE_NAME

public static final String MULTI_PRE_TARGET_PREPARER_TYPE_NAME

RESULT_REPORTER_TYPE_NAME

public static final String RESULT_REPORTER_TYPE_NAME

SANBOX_OPTIONS_TYPE_NAME

public static final String SANBOX_OPTIONS_TYPE_NAME

SANDBOX_TYPE_NAME

public static final String SANDBOX_TYPE_NAME

SYSTEM_STATUS_CHECKER_TYPE_NAME

public static final String SYSTEM_STATUS_CHECKER_TYPE_NAME

TARGET_PREPARER_TYPE_NAME

public static final String TARGET_PREPARER_TYPE_NAME

TEST_TYPE_NAME

public static final String TEST_TYPE_NAME

パブリックコンストラクター

構成

public Configuration (String name, 
                String description)

デフォルトのConfigurationオブジェクトを使用してConfigurationを作成します。

パラメーター
name String

description String

パブリックメソッド

cleanDynamicOptionFiles

public void cleanDynamicOptionFiles ()

リモートファイルの解決されたオプションフィールドにダウンロードされたファイルをすべて削除します。

クローン

public Configuration clone ()

このオブジェクトの浅いコピーを作成します。

戻り値
Configuration

dumpXml

public void dumpXml (PrintWriter output)

このIConfiguration表示されるすべてのオプションを含む構成の拡張XMLファイルをStringとして取得します。

パラメーター
output PrintWriter :xmlを印刷するライター。

dumpXml

public void dumpXml (PrintWriter output, 
                 excludeFilters)

キー名によるオブジェクトフィルターを除いた、このIConfiguration表示されるすべてのオプションを使用して、構成の拡張XMLファイルを取得します。

フィルターの例: Configuration#TARGET_PREPARER_TYPE_NAME

パラメーター
output PrintWriter :xmlを印刷するライター。

excludeFilters :ダンプしてはならないオブジェクトタイプのリスト。

dumpXml

public void dumpXml (PrintWriter output, 
                 excludeFilters, 
                boolean printDeprecatedOptions)

このIConfiguration表示されるすべてのオプションと、オブジェクトのキー名によるフィルターを除いた構成の拡張XMLファイルを取得します。

フィルターの例: Configuration#TARGET_PREPARER_TYPE_NAME

パラメーター
output PrintWriter :xmlを印刷するライター。

excludeFilters :ダンプしてはならないオブジェクトタイプのリスト。

printDeprecatedOptions boolean :非推奨としてマークされたオプションを印刷するかどうか

getAllConfigurationObjectsOfType

public  getAllConfigurationObjectsOfType (String configType)

デバイス間で1つの特定のタイプ名のすべてのオブジェクトを取得するための汎用インターフェース。

パラメーター
configType String :構成オブジェクトの一意のタイプ

戻り値
指定されたタイプの構成オブジェクトのリスト。

getBuildProvider

public IBuildProvider getBuildProvider ()

構成からIBuildProviderを取得します。

戻り値
IBuildProvider 構成で提供されるIBuildProvider

getCommandLine

public String getCommandLine ()

このIConfiguration作成に使用されるコマンドラインを取得します。

戻り値
String このIConfiguration作成に使用されたコマンドライン。

getCommandOptions

public ICommandOptions getCommandOptions ()

構成から使用するICommandOptionsを取得します。

戻り値
ICommandOptions 構成で提供されるICommandOptions

getConfigurationDescription

public ConfigurationDescriptor getConfigurationDescription ()

ConfigurationDescriptor提供されているConfigurationDescriptor返します。

戻り値
ConfigurationDescriptor

getConfigurationObject

public Object getConfigurationObject (String typeName)

指定されたタイプ名の構成オブジェクトを取得するための汎用インターフェース。

パラメーター
typeName String :構成オブジェクトの一意のタイプ

戻り値
Object 設定オブジェクト、または指定された名前のオブジェクトタイプが存在しない場合はnull

getConfigurationObjectList

public  getConfigurationObjectList (String typeName)

getConfigurationObject(String)似ていますが、複数のオブジェクトをサポートする構成オブジェクトタイプ用です。

パラメーター
typeName String :構成オブジェクトの一意の型名

戻り値
構成オブジェクトのリスト。指定された名前のオブジェクトタイプが存在しない場合はnull

getDescription

public String getDescription ()

戻り値
String このConfigurationユーザーが読める短い説明

getDeviceConfig

public  getDeviceConfig ()

構成からIDeviceConfiguration取得します。

戻り値
構成で順番に提供されるIDeviceConfiguration

getDeviceConfigByName

public IDeviceConfiguration getDeviceConfigByName (String nameDevice)

指定された名前に関連付けられているIDeviceConfiguration返します。見つからない場合はnullを返します。

パラメーター
nameDevice String

戻り値
IDeviceConfiguration

getDeviceOptions

public TestDeviceOptions getDeviceOptions ()

構成から使用するTestDeviceOptionsを取得します。

戻り値
TestDeviceOptions 構成で提供されるTestDeviceOptions

getDeviceRecovery

public IDeviceRecovery getDeviceRecovery ()

構成から使用するIDeviceRecoveryを取得します。

戻り値
IDeviceRecovery 構成で提供されるIDeviceRecovery

getDeviceRequirements

public IDeviceSelection getDeviceRequirements ()

構成から使用するIDeviceSelectionを取得します。

戻り値
IDeviceSelection 構成で提供されるIDeviceSelection

getDeviceSideCollectorsSpec

public DeviceSideCollectorSpecification getDeviceSideCollectorsSpec ()

コレクターとそのオプションのデバイス/ターゲット側の仕様を駆動するDeviceSideCollectorSpecification取得します。

戻り値
DeviceSideCollectorSpecification

getJsonCommandUsage

public JSONArray getJsonCommandUsage ()

この構成のJSON表現を返します。

戻り値は、各構成オブジェクトを表すJSONObjectsを含むJSONArrayです。各構成オブジェクトのエントリは、次の構造になっています。

 {
     "alias": "device-unavail-email",
     "name": "result_reporter",
     "class": "com.android.tradefed.result.DeviceUnavailEmailResultReporter",
     "options": [ ... ]
   }
 
 
「options」エントリは、@ Optionアノテーションが付けられた各フィールドを表すJSONObjectsを含むJSONArrayです。各オプションエントリの構造は次のとおりです。
 {
     "updateRule": "LAST",
     "isTimeVal": false,
     "source": "google\/template\/reporters\/asit",
     "importance": "IF_UNSET",
     "description": "The envelope-sender address to use for the messages.",
     "mandatory": false,
     "name": "sender",
     "javaClass": "java.lang.String",
     "value": "tffail@google.com"
   }
 
 
ほとんどの値は@Optionアノテーションから取得されます。 「javaClass」は、このオプションの基礎となるJavaクラスの名前です。 'value'はフィールドの現在の値のJSON表現です。 'source'は、フィールドの値を設定する構成名のセットです。通常のオブジェクトまたはコレクションの場合、「ソース」は、寄与する各構成の名前を含むJSONArrayです。マップフィールドの場合、各キーのソースは個別に追跡され、JSONObjectに格納されます。 JSONObjectのキーと値の各ペアは、マップのキーとそのソース構成の配列に対応しています。

戻り値
JSONArray

投げる
JSONException

getLogOutput

public ILeveledLogOutput getLogOutput ()

構成から使用するILeveledLogOutputを取得します。

戻り値
ILeveledLogOutput 構成で提供されるILeveledLogOutput

getLogSaver

public ILogSaver getLogSaver ()

構成から使用するILogSaverを取得します。

戻り値
ILogSaver 構成で提供されるILogSaver

getMetricCollectors

public  getMetricCollectors ()

構成からIMetricCollector取得します。

戻り値

getMultiPreTargetPreparers

public  getMultiPreTargetPreparers ()

デバイスtarget_preparersの前に実行する必要がある構成からIMultiTargetPreparer取得します。

戻り値
構成で順番に提供されるIMultiTargetPreparer

getMultiTargetPreparers

public  getMultiTargetPreparers ()

構成からIMultiTargetPreparer取得します。

戻り値
構成で順番に提供されるIMultiTargetPreparer

getName

public String getName ()

構成の名前を返します。

戻り値
String

getPostProcessors

public  getPostProcessors ()

構成からIPostProcessor取得します。

戻り値

getSystemStatusCheckers

public  getSystemStatusCheckers ()

構成からISystemStatusChecker取得します。

戻り値
構成で順番に提供されるISystemStatusChecker

getTargetPreparers

public  getTargetPreparers ()

構成からITargetPreparer取得します。

戻り値
構成で順番に提供されるITargetPreparer

getTestInvocationListeners

public  getTestInvocationListeners ()

構成から使用するITestInvocationListener取得します。

戻り値
構成で提供されるITestInvocationListener

getTests

public  getTests ()

構成から実行するIRemoteTest取得します。

戻り値
構成で提供されるテスト

injectOptionValue

public void injectOptionValue (String optionName, 
                String optionValue)

オプション値を一連の構成オブジェクトに挿入します。

動的に生成されるオプションの値を提供するのに役立ちます。

パラメーター
optionName String :オプション名

optionValue String :オプション値

投げる
ConfigurationException

injectOptionValue

public void injectOptionValue (String optionName, 
                String optionKey, 
                String optionValue)

オプション値を一連の構成オブジェクトに挿入します。

動的に生成されるオプションの値を提供するのに役立ちます。

パラメーター
optionName String :オプション名

optionKey String :マップオプションのオプションのキー、またはnull

optionValue String :マップオプション値

投げる
ConfigurationException

injectOptionValueWithSource

public void injectOptionValueWithSource (String optionName, 
                String optionKey, 
                String optionValue, 
                String source)

オプション値を一連の構成オブジェクトに挿入します。

動的に生成されるオプションの値を提供するのに役立ちます。

パラメーター
optionName String :オプション名

optionKey String :マップオプションのオプションのキー、またはnull

optionValue String :マップオプション値

source String :このオプション値を提供したソース構成

投げる
ConfigurationException

injectOptionValues

public void injectOptionValues ( optionDefs)

複数のオプション値を構成オブジェクトのセットに挿入します。

新しいオブジェクトを作成した後、一度に多くのオプション値を挿入するのに役立ちます。

パラメーター
optionDefs :注入するオプション定義のリスト

投げる
ConfigurationException

isDeviceConfiguredFake

public boolean isDeviceConfiguredFake (String deviceName)

設定されたデバイスがタグ付けされているかどうかを返しますisFake = trueかどうか。

パラメーター
deviceName String

戻り値
boolean

printCommandUsage

public void printCommandUsage (boolean importantOnly, 
                PrintStream out)

この構成のコマンドライン使用方法のヘルプテキストを指定されたprintStreamに出力します。

パラメーター
importantOnly booleantrue場合、重要なオプションのヘルプのみを出力します

out PrintStream :使用するERROR(/PrintStream)

投げる
ConfigurationException

setBuildProvider

public void setBuildProvider ( IBuildProvider provider)

構成の現在のIBuildProviderを置き換えます。

パラメーター
provider IBuildProvider :新しいIBuildProvider

setCommandLine

public void setCommandLine (String[] arrayArgs)

このIConfiguration作成に使用されるコマンドラインを設定します。これは、setOptionsFromCommandLineArgsとは異なり、構成名を含むコマンドライン全体を格納します。

パラメーター
arrayArgs String :コマンドライン

setCommandOptions

public void setCommandOptions ( ICommandOptions cmdOptions)

ICommandOptions設定し、既存の値を置き換えます

setConfigurationObject

public void setConfigurationObject (String typeName, 
                Object configObject)

設定オブジェクトを指定された名前で設定し、既存の値を置き換えるジェネリックメソッド。

パラメーター
typeName String :構成オブジェクトタイプの一意の名前。

configObject Object :構成オブジェクト

投げる
ConfigurationException

setConfigurationObjectList

public void setConfigurationObjectList (String typeName, 
                 configList)

指定された名前の設定オブジェクトリストを設定し、既存の値を置き換える汎用メソッド。

パラメーター
typeName String :構成オブジェクトタイプの一意の名前。

configList :構成オブジェクトリスト

投げる
ConfigurationException

setDeviceConfig

public void setDeviceConfig ( IDeviceConfiguration deviceConfig)

IDeviceConfiguration設定し、既存の値を置き換えます。

setDeviceConfigList

public void setDeviceConfigList ( deviceConfigs)

IDeviceConfiguration設定し、既存の値を置き換えます。

setDeviceMetricCollectors

public void setDeviceMetricCollectors ( collectors)

IMetricCollectorのリストを設定し、既存の値を置き換えます。

パラメーター
collectors

setDeviceOptions

public void setDeviceOptions ( TestDeviceOptions devOptions)

TestDeviceOptions設定し、既存の値を置き換えます

パラメーター
devOptions TestDeviceOptions

setDeviceRecovery

public void setDeviceRecovery ( IDeviceRecovery recovery)

IDeviceRecovery設定し、既存の値を置き換えます。

setDeviceRequirements

public void setDeviceRequirements ( IDeviceSelection devRequirements)

IDeviceSelection設定し、既存の値を置き換えます

setDeviceSideCollectorSpec

public void setDeviceSideCollectorSpec ( DeviceSideCollectorSpecification deviceCollectorSpec)

DeviceSideCollectorSpecification設定し、既存の値を置き換えます。

パラメーター
deviceCollectorSpec DeviceSideCollectorSpecification

setLogOutput

public void setLogOutput ( ILeveledLogOutput logger)

ILeveledLogOutput設定し、既存の値を置き換えます。

setLogSaver

public void setLogSaver ( ILogSaver logSaver)

ILogSaver設定し、既存の値を置き換えます。

setMultiPreTargetPreparer

public void setMultiPreTargetPreparer ( IMultiTargetPreparer multiPreTargPrep)

この構成で単一のIMultiTargetPreparerを設定する便利なメソッドで、既存の値を置き換えて、デバイスのtarget_preparersの前に実行する必要があります。

setMultiPreTargetPreparers

public void setMultiPreTargetPreparers ( multiPreTargPreps)

この構成のIMultiTargetPreparerのリストを設定します。このリストは、デバイスtarget_preparersの前に実行し、既存の値を置き換えます。

setMultiTargetPreparer

public void setMultiTargetPreparer ( IMultiTargetPreparer multiTargPrep)

この構成で単一のIMultiTargetPreparerを設定し、既存の値を置き換える便利なメソッド

setMultiTargetPreparers

public void setMultiTargetPreparers ( multiTargPreps)

この構成でIMultiTargetPreparerのリストを設定し、既存の値を置き換えます

setOptionsFromCommandLineArgs

public  setOptionsFromCommandLineArgs ( listArgs)

与えられたコマンドライン引数のセットで構成Optionフィールドを設定します

ArgsOptionParserされる形式のArgsOptionParser

パラメーター
listArgs :コマンドライン引数

戻り値
未使用の引数

投げる
ConfigurationException

setOptionsFromCommandLineArgs

public  setOptionsFromCommandLineArgs ( listArgs, 
                IKeyStoreClient keyStoreClient)

与えられたコマンドライン引数のセットで構成Optionフィールドを設定します

予期される形式については、 ArgsOptionParserを参照してください

パラメーター
listArgs :コマンドライン引数

keyStoreClient IKeyStoreClient :使用するIKeyStoreClient

戻り値
未使用の引数

投げる
ConfigurationException

setPostProcessors

public void setPostProcessors ( processors)

IPostProcessorのリストを設定し、既存の値を置き換えます。

パラメーター
processors

setSystemStatusChecker

public void setSystemStatusChecker ( ISystemStatusChecker systemChecker)

この構成で単一のISystemStatusCheckerを設定し、既存の値を置き換える便利なメソッド

setSystemStatusCheckers

public void setSystemStatusCheckers ( systemCheckers)

この構成でISystemStatusCheckerのリストを設定し、既存の値を置き換えます

setTargetPreparer

public void setTargetPreparer ( ITargetPreparer preparer)

ITargetPreparer設定し、既存の値を置き換えます。

setTargetPreparers

public void setTargetPreparers ( preparers)

ITargetPreparerのリストを設定し、既存の値を置き換えます。

setTest

public void setTest ( IRemoteTest test)

この構成で単一のIRemoteTestを設定し、既存の値を置き換える便利なメソッド

setTestInvocationListener

public void setTestInvocationListener ( ITestInvocationListener listener)

単一のITestInvocationListenerを設定する簡易メソッド

setTestInvocationListeners

public void setTestInvocationListeners ( listeners)

ITestInvocationListenerのリストを設定し、既存の値を置き換えます

setTests

public void setTests ( tests)

この構成でIRemoteTestのリストを設定し、既存の値を置き換えます

validateOptions

public void validateOptions ()

オプション値を検証します。

現在、これはすべての必須オプションが設定されていることを検証するだけです

投げる
ConfigurationException

validateOptions

public void validateOptions (boolean download)

オプション値を検証します。

現在、これはすべての必須オプションが設定されていることを検証するだけです

パラメーター
download boolean :リモートパスに関連付けられたファイルをダウンロードするかどうか

投げる
ConfigurationException