古いバージョンのサポート

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

最近の古いリリースのビルド (>= 5.0 Lollipop)

Android バージョン 8.0 (Oreo または O) ~ 5.0 (Lollipop または L) の場合、必要なすべてのパッケージのインストールを容易にするために、付属のDockerfileを使用することを検討してください。

非常に古いリリースのビルド (<= 4.4 KitKat)

オペレーティングシステム

Android は通常、GNU/Linux で構築されています。 Windows などのサポートされていないシステム上の仮想マシンで Android を構築することもできます。

GNU/Linux でのビルドをお勧めします。 Android ビルド システムは通常、ビルド マシンで ART を実行して、システム DEX ファイルをプリコンパイルします。 ART は Linux でのみ実行できるため、Linux 以外のオペレーティング システムではビルド システムがこのプリコンパイル手順をスキップするため、Android ビルドのパフォーマンスが低下します。

GNU/リナックス

  • Android 6.0 (マシュマロ) – AOSP マスター: Ubuntu 14.04 (トラスティ)
  • Android 2.3.x (ジンジャーブレッド) – Android 5.x (ロリポップ): Ubuntu 12.04 (精密)
  • Android 1.5 (Cupcake) – Android 2.2.x (Froyo): Ubuntu 10.04 (Lucid)

Mac OS X (インテル/x86)

  • Android 6.0 (Marshmallow) – AOSP マスター: Mac OS X v10.10 (Yosemite) 以降、Xcode 4.5.2 およびコマンド ライン ツールを使用
  • Android 5.x (Lollipop): Mac OS X v10.8 (Mountain Lion)、Xcode 4.5.2 およびコマンド ライン ツール
  • Android 4.1.x (Jelly Bean) – Android 4.4.x (KitKat): Mac OS X v10.6 (Snow Leopard) または Mac OS X v10.7 (Lion) および Xcode 4.2 (Apple Developer Tools)
  • Android 1.5 (Cupcake) – Android 4.0.x (Ice Cream Sandwich): Mac OS X v10.5 (Leopard) または Mac OS X v10.6 (Snow Leopard) および Mac OS X v10.5 SDK

GNU メイク

Android 4.1.x (Jelly Bean) までの AOSP マスター ブランチより前のバージョンでは、 GNU make (gmake) 3.82 を使用します。 Android 4.0.x (Ice Cream Sandwich) 以前の場合、ビルド エラーを回避するためにgmake 3.82 から戻します。

Xcode およびその他のパッケージ

Mac OS X v10.8 以前の下位バージョンの場合は、 Apple 開発者サイトから Xcode をインストールします。 Apple 開発者としてまだ登録していない場合は、ダウンロードする Apple ID を作成する必要があります。

Mac OS X v10.4 を使用している場合は、Bison もインストールします。

    POSIXLY_CORRECT=1 sudo port install bison

MacPorts の場合、次を発行します。

    POSIXLY_CORRECT=1 sudo port install gmake libsdl git gnupg

Homebrew の場合、以下を発行します。

    brew install gmake libsdl git gnupg2

gmake 3.82 からの復帰

Android 4.0.x (Ice Cream Sandwich) 以前では、gmake 3.82 に Android のビルドを妨げるバグがあります。次の手順で、MacPorts を使用してバージョン 3.81 をインストールできます。

  1. /opt/local/etc/macports/sources.confを編集して、rsync 行の上に
        file:///Users/Shared/dports
    行を追加します。次に、このディレクトリを作成します:
        mkdir /Users/Shared/dports
  2. 新しいdportsディレクトリで、次を実行します:
        svn co --revision 50980 http://svn.macports.org/repository/macports/trunk/dports/devel/gmake/ devel/gmake/
  3. 新しいローカル リポジトリのポート インデックスを作成します:
        portindex /Users/Shared/dports
  4. 古いバージョンの gmake をインストールします:
        sudo port install gmake @3.81

JDK

サポートされているバージョン

Linux 用の JDK

Android オープン ソース プロジェクト (AOSP)の Android のmasterブランチには、 prebuilts/jdk/の下に OpenJDK のビルド済みバージョンが付属しているため、追加のインストールは必要ありません。

Android の下位バージョンでは、JDK を個別にインストールする必要があります。 Ubuntu では、 OpenJDKを使用します。

Ubuntu 15.04 以降の場合

以下を実行します。

sudo apt-get update
sudo apt-get install openjdk-8-jdk

Ubuntu LTS 14.04 の場合

Ubuntu 14.04 でサポートされている OpenJDK 8 パッケージはありません。 Ubuntu 15.04 OpenJDK 8パッケージは、Ubuntu 14.04 で正常に使用されています。より高いパッケージ バージョン (たとえば、15.10、16.04 用のもの) は、以下の手順を使用しても 14.04 では機能しません。

  1. old-releases.ubuntu.comから 64 ビット アーキテクチャ用の.debパッケージをダウンロードします。
    • openjdk-8-jre-headless_8u45-b14-1_amd64.deb
      SHA256 で0f5aba8db39088283b51e00054813063173a4d8809f70033976f83e214ab56c0
    • openjdk-8-jre_8u45-b14-1_amd64.deb
      SHA256 で9ef76c4562d39432b69baf6c18f199707c5c56a5b4566847df908b7d74e15849
    • openjdk-8-jdk_8u45-b14-1_amd64.deb
      SHA256 で6e47215cf6205aa829e6a0a64985075bd29d1f428a4006a80c9db371c2fc3c4c
  2. 必要に応じて、ダウンロードしたファイルのチェックサムを、上記の各パッケージにリストされている SHA256 文字列に対して確認します。たとえば、 sha256sumツールの場合:
        sha256sum {downloaded.deb file}
  3. パッケージをインストールします:
        sudo apt-get update
    ダウンロードした.debファイルごとにdpkgを実行します。依存関係がないためにエラーが発生する場合があります:
        sudo dpkg -i {downloaded.deb file}
    不足している依存関係を修正するには:
        sudo apt-get -f install

(オプション)デフォルトの Java バージョンを更新する

必要に応じて、上記の Ubuntu バージョンの場合、次を実行してデフォルトの Java バージョンを更新します。

sudo update-alternatives --config java
sudo update-alternatives --config javac