Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る

要件

Android ソースをダウンロードしてビルドする前に、システムが下記の要件を満たしているかご確認ください。そのうえで、オペレーティング システムのインストール手順について、ビルド環境を構築するをご覧ください。

ハードウェア要件

開発ワークステーションは、以下のハードウェア要件を満たす必要があります。

  • master ブランチを含め、Android 2.3.x(Gingerbread)以降のバージョンの場合、64 ビット環境が必要です。それよりも古いバージョンの場合は、32 ビットシステム上でコンパイルできます。
  • コードのチェックアウト用に 250 GB 以上の空きディスク容量が必要です。また、ビルド用に追加で 150 GB の空き容量が必要です。複数のビルドを行う場合は、さらに追加の空き容量が必要になります。
  • 仮想マシン内で Linux を実行している場合は、16 GB 以上の RAM / スワップが必要です。

ソフトウェア要件

AOSP master ブランチは、伝統的に Ubuntu Long Term Support(LTS)リリース上で開発とテストが行われています。ただし、他のディストリビューションを使用することも可能です。追加の必須パッケージや、それをインストールするコマンドについては、ビルド環境を構築するをご覧ください。

ワークステーションには、下記にリスト表示しているソフトウェアが必要です。この要件は、AOSP master ブランチに適用されます。Android のバージョンが 8.0(Oreo または O)~5.0(Lollipop または L)の場合、付属の Dockerfile を使用することをおすすめします。すべての必須パッケージを簡単にインストールすることができます。手動で行う方法については、旧バージョンをサポートするをご覧ください。

OS

AOSP master ブランチ用の開発を行う場合は、Ubuntu 18.04(Bionic Beaver)か、コマンドライン ツールをインストールした最新バージョンの macOS と Xcode を使用します。

JDK

AOSP の Android master ブランチの場合、ビルド済みバージョンの OpenJDK が用意されているため、追加のインストールは必要ありません。

古いバージョンの Android の場合、JDK を個別にインストールする必要があります。Ubuntu では、OpenJDK を使用します。

キーパッケージ

AOSP master ブランチには、ビルド済みバージョンの Make が用意されているため、追加のインストールは必要ありません。同様に Git も、ビルド環境を構築するのプロセスの一部としてインストールされます。

最後に、システムに Python 2.7 がインストールされていることを確認します。

デバイス バイナリ

下記のリンクから、プレビューや、ファクトリー イメージ、ドライバ、無線(OTA)アップデート、その他の blob をダウンロードできます。詳細については、プロプライエタリ バイナリを取得するをご覧ください。

ビルド ツールチェーン

Android 8.0 以降の場合、Android プラットフォームのビルド用にサポートされているのは Clang / LLVM だけに限られます。質問がある場合やサポートが必要な場合は、android-llvm グループにご参加ください。NDK やコンパイラに関する問題については、NDK GitHub にご報告ください。

Native Development Kit(NDK)とレガシー カーネルの場合、AOSP master ブランチの prebuilts/ に含まれている GCC 4.9 も使用できます。